SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
2月16日(土) comedyダイスを使うボードゲームを楽しもう会を開催してきました。
0
    2月16日(土) 13時〜19時
    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
    この日は「comedyダイスを使うボードゲームを楽しもう」会の主催をしてきました。久しぶりの緊張でドキドキしました。
    こちらは、主催うらまこの持ち込みダイスゲームとお店に置いてありましたダイスゲームです。
    ※右側二列がうらまこ、左側一列がcomedyさんのですかね。

    お店の開店時間から早速二人の参加者の方が来店されていまして、少しお話しやらしていました。
    他の参加者の方もしばらくしてから、来られると連絡がありましたので、先に3人で遊び始めました。

    【クニスター】
    順番にダイスを2個振りまして、その出目の合計を5×5のマスのどこかに書き込みます。これを25回しましたらしたら、すべてのマスが埋まっていますので、縦横ナナメの列ごとの数字の組み合わせ(役)により得点を獲得できます。
    これの合計得点が高いプレイヤーの勝ちになります。
    今回はいきなり2の出目からのスタートで、開幕から荒れる予感がして予想通りバラバラでしたね。
    また、これもダイスゲームなり。期待したダイスの出目が出るかどうかの期待を込めた一振りはよい瞬間ですね。



    【ワイルドバイキング】
    こちらは、説明だけして4人で遊ばれました。ダイスと競りの融合ゲーム。競りがいつ始まるかに手札が補充されるのもダイス次第であり、いつ勝負に出るかも悩ましいゲーム。接戦になっていましたね。


    【ストライク】
    ちょうど、ワイルドバイキングが始まってから1人来られまして、こちらは2人で遊びました。
    いきなり、すべてのダイスを投げ合う展開になったり、残りダイスが2個からの踏ん張りだったりにと、このアリーナには魔物が棲んでいる。
    3回ぐらい遊びまして、1勝2敗かな。
    ゆっくりお話しやらしながらも楽しめますし、箱を開ければ始まるゲームは好きだよ。



    【ラストチャンス】
    6人で遊びました。
    こちらはチャンスカードに指定された出目を指定回数以内に出して、マネーを稼ぎますゲーム。
    しかし、挑戦するにはまずは公開競りでそのチャンスを獲得しなければいけません。
    獲得したら、ダイスを振りますが振らないプレイヤーは、挑戦が成功するかしないかを賭けます。
    挑戦しなくてもマネーは稼げるんだよなぁ。でも、このゲームはマネーだけ稼いでも勝てなくて一度はチャンスカードを獲得していないと勝てないところがよくできています。

    そして、タイトル通りに「ラストチャンス」と宣言したらゲーム中に一回だけ全財産を賭けて競りを中断させて挑戦できるシステム。これは盛り上がるヽ(・∀・)ノ
    しかし、ラストチャンスによる失敗で5人が星となりましてゲームは終了しました・゜・(つД`)・゜・


    【ゾックンロール】
    こちらも6人で遊びました。
    カップの中に自分のダイスを入れて、ダイスの出目を確認します。
    親プレイヤーは、共通のダイスである白ダイスを振りまして、その出目を全員が確認して、自分のダイスと合わせてよいポーカーの役ができるかを考えます。
    共通の白ダイスは二回追加されますので、組み合わせられるダイスは増えますが、最後まで残りましたら、残りましたメンバー同士で役の強さを競い合いまして勝たなくていけません。
    途中で降りることにより、その時点での役をチェックして得点にできますよ。

    6人だとなかなか勝つのは難しかったりしますが、ハッタリにより強くない役でも勝てたりしますし、最後の白ダイスにより強さが逆転することもあるギャンブル要素が強めのオススメゲームです。


    ここからは2卓に分かれて楽しみました。
    【レベルX】
    ダイスを4個振りまして、1個〜4個の組み合わせを作りまして、その出目に対応した数字の場所のXマスに向かってコマは進んでいきます。


    Xマスに辿り着きますと、その数字チップを獲得できます。
    Xマスには、1つのコマしか入れませんので、他のコマが入ってきますと退かなくてはいけませんよ。
    ゲームは、三ヶ所のチップが無くなるか各種チップを集めて獲得できますボーナスタイルが無くなりましたら終了して、合計得点が高いプレイヤーの勝ちになりますよ。


    3人と4人で遊びまして一人違うだけで、戦略がより重要になる感じは良いですね。
    ダイスに振り回されるが、狙った組み合わせができると嬉しいですね。
    気に入られます方が多かったです(*´ω`*)



    【コード破り】
    4人で金庫を開けに行きました。順番にダイスでコードを解除していきましたが、たまに中途半端に解除したまま退却したりして、手柄を取られたりすることも多数ありました。時には、厳しい出目を要求されることもありましたが、そこらへんは我々の運が上回りました。
    日頃から金庫を破るのを慣れている方が勝ちました♪ヽ(´▽`)/



    【Cuatro】
    ダイスを5回まで振り直せますが、振り直すごとにコマを置ける高さが下がっていきます。ゲームとしましては、上から見て自分のコマが縦横ナナメのいずれかで4個連続して並びました勝ちになります。
    15ラウンドして、誰も連続して並べることができなかったらコマの合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。
    得点は高さにより変化しますよ。


    ドンドンと配置されていきますコマは、街が建設されていくようで変化が分かりやすいです。
    並ばせないように邪魔をしながらも、全員が揃えられるかのタイミングがあり、それはできずで得点勝負になりましたね。

    一回で狙い通りの役ができますと、気持ちが昂るのがダイスゲーム。
    高層階建設好きの方が勝たれました。


    【ドラダ】
    4人でプレイ。はじめはそれぞれが4個のコマを動かせて、ゴールを目指しているのだが、気づいたらコマが減っているんですよね。そりゃあ、ゴールしたらいなくなるよねって数を数えたら合わないんですよ。

    不思議なこともあるものですね( ・∇・)




    【ビンゴリノ】
    みんなで楽しくダイスでビンゴ。他のプレイヤーの手番でも出目が合ったらタイルを裏返しにできるから、よい出目を出して欲しいですよね。
    同じ数字タイルが3個ずつあり、同じタイルが3個とも手元にくることもあり、タイル選びも運ですよ。

    あれよ、あれよとビンゴしちゃうこともあり一緒に楽しみやすいゲームですね。


    【エクストラ】
    箱自体がダイスタワーになる仕様で、こういったデザインは好きです。
    ゲームはダイスを5個振りまして、全員が好きに2個、2個、1個の組み合わせにします。組み合わせを作りましたら、2個、2個は出目合計のマスにチェックをしまして、1個はゲーム終了条件となるマスにチェックをします。

    チェックをしていくゲームですが、一定数のチェックをしないと、その数字はマイナス点になりますので、できるだけ幅広くはチェックしたくないのですが、それダイスゲームだからどうにもならないこともあり・゜・(つД`)・゜・

    はじめに少しルールを間違えていて、やり直しになりましてすいませんでした。
    キチンとしたルールでしたら、全員が
    「めっちゃ、キツいΣ(T▽T;)」
    「さっきとは全然違う・・・(;´Д`)」
    「このヤバさが楽しいヽ(・∀・)ノ」
    となりながら遊びました。


    ダイスを使うボードゲーム会は、ここで19時になり終了。
    それまでに隣のテーブルでは
    【マカオ】

    【ダイ公望】

    【レイルロードリンク】

    が、遊ばれていました。

    19時以降もそのまま残りました方やあとからお店に来られました方と遊びました。

    【ラストダンスは私に】(初プレイ)
    こちらは5人で遊びました。
    タイトルやカードのデザインとオシャレですね。カードの裏面は花柄でキレイです。
    ゲームのほうは、ゲーム終了時に姫と王子のカードを手元に残したプレイヤーが一緒にダンスを躍りまして勝ちになります。
    その場合は二人が勝ちになりますが、ゲーム途中で姫と王子のカードを両方所持して、ラウンドが終わればラストダンス宣言が出来て、そのプレイヤーが勝ちになります。

    カードの効果により、姫や王子は動き回りますので、最終的にどうやったら自分の手元に戻ってくるかを考えておかないといけませんね。


    ゲームのほう、全員楽しめましたがいくつか製作者にカードの効果を確認したい点もあったかな。
    それでも、ゲームのほうは良作やったかな。4人〜やけど5人〜で人数増えた方が楽しい気はします。



    【キャプテンダイス】
    3人で遊びまして、はじめて偵察のカードは抜いて遊びました。
    よりアグレッシブな展開になりながらも、使用した攻撃カードを覚えておいたり、ベルを鳴らした人に先に攻撃されて負けるなら、こうして相討ちにしようかなと考えたりにと楽しめましたね。
    ダイスを何回も振って、ベルまで鳴らすことができるなんて面白いに決まってるよ(о´∀`о)


    一回だけ、財宝争いに加われないラウンドもありましたが、他のラウンドで確実にそして、ガバッと財宝を頂きました( v^-゜)♪


    こちらも好評でしたので、またいろんな方と遊んでいきたいゲームです。

    【デッドマンズチェスト】
    自分のライフを賭けて蓋を開ける瞬間はドキドキしますね。
    ブラフゲームですが、ビットを上げる際に一度確認してから、もう一度箱を振ってダイスの出目を変えてもよく、その際には確認はできませんが、これは次のプレイヤーが確認するかを悩ませます。
    こちらのゲームではよく、その瞬間にデッドマンがこちらを見つめていますからね。

    最後にデッドマン→デッドマンとされて脱落する展開で盛り上がりが良い(*´∀`*)


    この日は、手作りでチョコケーキを2ホール持ってきて下さる方もいて、みんなで美味しく頂きました。

    ダイスゲーム会のほう、参加して頂きましてありがとうございました。
    「久しぶりにこれだけダイスを振り続けたりして楽しかった(*´∀`*)」
    「ダイスゲームをキライな人はいないでしょ(о´∀`о)」
    「また、参加します(*´ω`*)」
    と、言った嬉しい声がたくさん聞けまして開催できて良かったです。
    また、開催は予定していますのでよかったら参加して下さいね。
    参加して頂きまして、ありがとうございました♪ヽ(´▽`)/
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    なにわのカリビアンビンゴ
    0
      2月15日(金) 18時〜19時半
      京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
      着いた時には、カロムを遊ばれていましたね。また、カロムも遊びたいなぁ(*´∀`*)

      遊ばれている間に持ち込みましたゲームの説明書を読んだりしていましたかね。
      カロムが終わりましてから、一緒にボードゲームを3個遊びました。
      【ビンゴリノ】(初プレイ)
      タイルをランダムに16個手元に置き、4×4で並べます。
      手番になりましたら、1〜5個のダイスを個数を決めて振りまして、その合計の出目と同じ数字タイルがあるプレイヤー全員が、そのタイルを裏返しにできます。
      同じ数字タイルが複数枚ありましたら、どれか1枚だけ裏返しますよ。
      手番プレイヤーだけは、出目とタイルを確認して自分のタイルの中で1個も一致しなかったら、ダイスを1個取り除きまして、取り除いた上での合計数と合う数字タイルを裏返しにできますよ。
      それでもできなければ、裏返しにしていたタイルを1枚選びまして表にしないといけません。

      これが終わりましたら手番が移りまして、同じ様にしていきます。
      ゲームは、誰かが4列でビンゴしましたらゲームを終了してそのプレイヤーが勝ちになりますよ。

      ルールも分かりやすいし、他のプレイヤーの手番でもタイルを裏返したりもできるかもですし、ドキドキしちゃいますね。
      手番でも意外にダイスの出目が小さいと20以降がなかなか裏返せなかったりにと、ダイスゲームの面白さを感じられるゲームでした。


      【ペッパーレーツオブカリビアン】(初プレイ)
      こちらのゲームは、カードを集めて公開して、その中から1〜2枚を選んで得点にしたりします。
      カードは四色、四種類の食材が組み合わさったペッパーカードと二色入りのラム酒とあります。
      手番では、手札から1枚カードを捨てて、捨てたカードの色か食材を宣言します。
      その際に、場にありますカードで宣言したのと一致しますカードは全て、手札に加えられます。
      手札上限は7枚なので、超えていましたら捨てないといけませんよ。
      あとは、手札から「色と食材」の全てが違うカードを3枚〜4枚を公開して、3枚なら1枚、4枚なら2枚を得点にすることができますよ。
      ※この写真だけ少しルールミスがありました・゜・(つД`)・゜・

      ゲームのほうは、手札を集めるのもなかなか大変ですし、公開して得点にするのも色と食材と全てをバラバラにするのができなくて、くぅ〜ってなりますね。
      この箱のサイズで、悩まされる感じでしっかり楽しめたし、ほとんどパッケージ買いでしたが当たりでしたねヾ(@゜▽゜@)ノ


      目標カードだったり、食材の得点だったりにとあって狙いも様々にと、面白かったです。また、いろんな方と遊びたいゲームですね。


      【なにわのボブジテン】(初プレイ)
      今回のナターシャさんは、一息で一気に説明をしなくとはいけません。
      基本は普通にボブジテンなので、なにわ要素は薄いかなぁ。バリアントルールで、関西弁縛りでの説明とかなら、なにわっぽくなるかな。
      お題は新しいのばかりやし、また説明とかは悩むね。相変わらず、気軽に遊びやすい。


      この日は、3個だけ遊びましてお店をあとにしました。
      一緒に遊んで下さいましてありがとうございました。また、ご一緒しましたらよろしくお願いします(*´∀`*)
      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      ゲームマーケット2019大阪の気になるボドゲあれこれ
      0

        2019年3月10日(日)
        インテックス大阪で開催されますゲームマーケット2019大阪の気になるボードゲーム等を紹介したいと思います。
        個人的な好みやオススメしたいのにと紹介していますので、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

        【   】はブース番号で、隣はサークル名となっています。

        【本部受付横】本部受付
        サコッシュが大阪に初上陸します。たすき掛けの袋でサイズは、幅340mm、高さ260mmとイベント会場以外でも使いやすいですよ。
        プレイマット、コットンバッグにとキャラクターイラストつきで可愛らしいです。

        【A01】アークライトさん
        「マイ・リトル・サイズ」は、3〜4月に発売予定みたいですが、会場で先行販売予定みたいです。
        人気ゲームのサイズが、雰囲気新たに遊べます。こちらのほうが、遊びやすそうかも。

        【A02】オインクゲームズさん
        「がんめんマン」が新作です。
        他にも「トリックと怪人」「海底探険」「インサイダーゲーム」「ナインタイル」等と幅広く遊びやすいゲームがあります。
        はじめて参加されます方は、こちらのブースはオススメです。オール2000円でコンパクトサイズで、是非手に取ってみて下さい。

        【A03】グループSNE/cosaicさん
        「テストプレイなんてしてないよ レガシー」は、大人気シリーズの新作。一回しか遊べないレガシーシステムを採用するとは・・・。
        「ゲスクラブ」が名前から気になりますね。

        【A04】BOARDGAME Lab!DDTさん
        「Improvement of the POLIS」は、2018年のゲームマーケットエキスパート賞です。デザイン等も変化してついに登場です。
        タイル配置ゲームでオススメの「L-tiles(エルタイルズ)」や「名物クジ」になにやらサプライズ商品にと、大阪いうたらDDT(o≧▽゜)o

        【A06】冒険者ギルド【2d6】さん
        ダイスが押し出されているが、他にもなにかありそうかな?

        【A08】ワンナイト人狼さん
        「ワンナイト人狼」の役職は、たくさん増えますねぇ。
        「まじかる☆ベーカリー」「花と吹雪」「STOCK THE GATHERING」と委託もあるみたいですよ。

        【A10】Kleeblattさん
        いつも、バラエティー豊かな品揃えと空くじなしの千円くじや、新作にオリジナル商品(あるかも)にと、一度ブースは見に行ったほうがよいですよ。

        【A11】鍋野企画さん
        「GlassCiela(グラスシエラ)」は、ガラス駒を使用して遊びます二人用のゲームです。
        ルール説明は10秒ほど。何回か遊んでいて、頭は使いますが「遊んだなぁ。」ってなります。

        【A12】ボードゲームショップギルドさん
        大阪谷町四丁目にありますギルドさん。
        今回が初出展になりまして、ボードゲームの販売や抽選券の配布。
        そして、ギルドさん自作のボードゲーム「ギルドDEおもちゃ箱〜侵入大作戦〜」が販売されるとのことで、要チェックですね。
        なにやら「ダンジョンマーケット」が委託販売されるみたいなので買おうかな。

        【A15】TRiCKPLAYさん
        神戸三ノ宮にありますボードゲームショップ&プレイスペースTRiCKPLAYさん。
        他のブースとは違った輸入ボードゲームを販売されることもありますので、チェンマイしてみて下さい。

        【A20】ittenさん
        「TOKYO HIGHWAY」「ハツデン」は、オススメです。
        デザインが、シンプルなんですけど遊びやすくて楽しめますゲームが多いですね。

        【A22】ディライトワークスさん
        「CHAIN somnia〜アクマの城と子どもたち〜」は、監修をカナイセイジさんがされています。
        数量限定販売とのことで、この機会に手に入れたいですね。

        【A29】ゲームストア・バネストさん
        新作や輸入ボードゲームにと、いつもお世話になっていますショップです。
        カタログにも「いろんなゲーム」を取り揃えてと書いてありますが、なかなか見ないボードゲームがあったりしますので、この機会に手に入れてみて下さいね。
        今回もブースから、元気な声が聞こえてきそうだ。

        【A35】カイシンゲームズさん
        「ギャングスターパラダイス」は、いつも試遊卓で盛り上がっています。ブース付近も少し独特かも?
        ゲームの熱烈なファンな方も多くキマりだすとハマりそうですね。

        【A36】ケンビルさん
        「エスノス 日本語版」が、こちらでも販売されるなら欲しいかなぁ。
        遊び方は簡単なんですが、少し言語依存のあるカード効果がありましたので日本語版は嬉しいですね。
        拡張版の「バイバイレミング」はオススメですよ。

        【A42】ペンとサイコロさん
        「BLOCK.BLOCK(ブロック.ブロック) 」は、二人用のゲームでブロックを積み上げてゲーム終了時に上からみた自分のブロックの色の数を比べますゲーム。
        「卓上ヘボコン 対戦キット」は、ヘボいロボットもやるときはやるんです。

        【A43】TANSANFABRIKさん
        砂漠へ。音楽(ココロ)が乾く前に。とある紹介。どんなゲームを販売されますか楽しみです。

        【A45】リトルコズミックさん
        「TOKYO SIDEKICK」は、東京の平和をヒーローとサイドキックが協力して護ります。拡張は、ストーリー性が加わりまして更に楽しめます。

        【B01】TUKAPONさん
        「ムッチョDEチョ〜ショ」は、コミュニケーション&ブラフ。騙し合うことで知れることもあるよね。
        「ボブジテン2ぷらす」は、追加要素か単独で遊べるのかどうなんだろう?

        【B04】HLKT工房さん
        「デコピンスペースクラフト」

        【B06】OKAZU brandさん
        「メトロックス」の本体もですが、今回は拡張として仙台、博多、名古屋のマップが追加されるみたいです。
        石川マップもさらに追加されるみたいですよ。
        「5×5シティ」は、タイルで街づくりを楽しめますゲームですよ。

        【C02】アーケタンデュさん
        「コムニカチオ」は、カタログからだとボードに粒っぽいコマが写っていますね。
        どんなゲームか情報ないかなぁ。

        【C05】いかが屋さん
        「これっくらいのおべんと箱に」は、お弁当構築系かな?
        水筒にカレーとか書かれているので、これは美味しそうなお弁当ができそうだな。

        【C06】OYATSU GAMESさん
        「ABOBO(アボボ)」が、ドタバタトレードとあるので、トレードによるセットコレクション集めとかになるのかな?

        【C07】賽苑さん
        なにやら良さげなゲームの情報を聞いておりますが、実物を確かめてみたいかな。

        【C11】番次郎さん
        「アナログゲームでゲームする本」って、どのように遊べますか気になりますね。
        Gameでゲームが、どう仕上げてあるのか楽しみですよね。

        【E01】操られ人形館さん
        「ジャンブルオーダー」は、デッキ構築を行いますゲームです。少しカード効果が多いので、はじめは慣れていないと確認で時間は掛かるかもしれませんが、遊びはじめて慣れてくるとテンポよく遊べますゲームです。キャラクターもたくさんいますので、カードを見ているのも楽しいですよ。

        【E02】Glory's Worksさん
        「RED OUT」は、使うカードは5枚ながら悩まされるゲームになっています。

        【E04】ブッコさん
        「ヒモトキ」は、二人用のゲーム。穴の空いた板と紐だけで遊びます。
        縫うゲームで、不思議な感覚で遊べます。
        「YOMEN」「たぎる論理」もご用意予定。新作にリメイクもあるかもとのことで、いつも目が離せないブースさんですよ。

        【E07】タマブシさん
        「夏至カレーパーティー」は、カードをめくるのと覚えたり、邪魔したりとあるのでバースト系とかメモリー系のゲームなのかな?
        初出展のサークルさんですね。

        【E08】ゲームNOWAさん
        「宇宙逃げろ」は、歯応えのあります協力ダイスゲーム。クリアできそうでなかなかできない(´;ω;`)
        新作は「ワードミノ」で、言葉を繋ぐドミノゲームみたいですよ。
        「戦国ドミノ」と「宇宙逃げろ」とブログで紹介していますので、気になりましたらチェックしてみて下さいね。

        【E10】一撃堂さん
        「ちぇいんにんぐ」は、プレイ人数が2〜10人と幅広いですね。
        同じ色を揃えて連鎖を目指すカードゲームですが、プレイ時間10〜15分と遊びやすそうですね。
        他にもオリジナルグッズもあるみたいですよ。

        【E11】すのめろゲームズさん
        「王クション」は、タイトルの雰囲気からやと競りゲームっぽちけどプレイ人数が2人〜6人やから、もう少し情報が欲しいですね。
        「パーミ」は、TCG好きならって内容になっていそうなゲームかもですね。

        【E16】godicegamesさん
        新作は「ニゲルシティ」で、殺し屋から身を守るために逃げろ。
        「くのいちにちかい」は、自分の推しを「く」のいちにちかい位置に押し上げろ!!

        【E17-18】Cygnusさん
        ボードゲームサプライを送り出してはや5年。お世話になっている方も多いんじゃないでしょうか。
        コラボダイスタワーに、ラミィキューブのセットアップサプライに、まさかのレガシー系サプライにと驚きもあります。
        今回もあるならトークントレイが欲しいです。
        カルカソンヌにカタンのサプライはいつもあるイメージだけどどうなんだろ?
        「Token Bagging Funnel」は、ゲームが終わってからのコンポーネントの片付けに役立つアイテム。痒いところに手が届くアイテムが多いですね。

        【E19】切削らぼ ランクDさん
        「黒檀のごいた牌」「ねこごいた」とごいた牌が欲しい方は、こちらのごいた牌も良いかもです。
        他にもダイスタワーやミープルアクセサリー等々用意されていますよ。

        【E23】コロコロ堂さん
        ボードゲームアクセサリー類の販売を主にされます。小さい箱のボードゲームの収納に最適な「コバコバコ」は、オススメのアイテムですよ。

        【E24】ぶんぶんゲームズさん
        「ひも電」がタイトル通り、ヒモを使って遊ぶみたいなので、実物を見て確かめたいですね。

        【E27】全角スペースさん
        「逃げるがカーチェイス」は、タイルとカードを組み合わせて、逃走車を追い詰めますゲームみたいです。
        プレイ時間が60〜90分とありますので、じっくりそうですけど果たしてどうなんでしょうか楽しみですよね。

        【E29-30】The Hearthさん
        南海難波から徒歩3分の場所にあるらしいボードゲームカフェバーThe Hearthさん。
        ゲームは200種類以上で、イタリア料理にコーヒーやデザートも楽しめるらしいですよ。
        今回の出展は、宣伝の意味合いが強そうかな?

        【F01】たなごころさん
        「サワリ」は、触感共感ゲーム。待ちわびましたよ。買います。
        「みんなのごみ」は、まだ実物を見ていないのと遊べていませんがBGSでは評価の高いゲームのひとつです。
        イラストからも良さそうな雰囲気があります。

        【F03】TUCGAMEさん
        「Make This!!」は、パズルゲームです。こちらは遊ばせて頂きましたが、説明もしやすくゲーム会、カフェスペース、個人でも楽しみやすいゲーム内容になっていましたよ。

        【F04】万屋楽団さん
        「謎解きは形容詞のあとで事件簿」は、答えを導き出す質問は形容詞だけ。ゲームのパッケージにフフッとする型は同世代ですね。
        「あなたを知らないあなたの隣人」「ナインプラネッツ」といった旧作もチェックを忘れずにね。

        【F12】Dilettanteさん
        「トマトラキュラ」は、ドラキュラの使い魔となりトマトジュースをつくります。
        可愛らしいイラストとは違い、しっかりとしたユーロゲームらしいですよ。

        【F14】陽炎ゲームズさん
        前作の「ダン×コロ」は、初出展ながら評価も高かったゲーム。レビューでも書いていますが、バランスが調整されていて、今度はボスを倒す協力要素が増えているなら、とても楽しみな作品です。
        ゲーム中に、キャラクターが強くなるのは楽しいですよね。

        新作は「ダン×コロ+マルチバトル」です。

        【F16】ちゃがちゃがゲームズさん
        「じっくりミレー」は、なにかを当てたりするゲームなのかな?
        「かたろーぐ」を作られた方なので期待は高いですね。
        「貴族の財布」「くだものあつめ」といった人気作もチェックして下さい。
        ※貴族の財布の再販は、今回は無いみたいです。

        【F17-18】サザンクロスゲームズさん
        エイジオブシリーズ10作目となる「エイジオブフェアー」は、釣銭コントロールゲームとのこと。
        毎回完成度が高いシリーズですので、ファン以外の方もチェックですね。

        【F19】戸塚工房さん
        「遠方の星」は、スタートプレイヤーがいないワーカープレイスメントらしいのだが、どのようにゲームが進むのか気になります。

        【F23-24】AdAdさん
        「あの子のとなり」は、席替え体験ボードゲームです。
        遊んだこともありますが、初製作ゲームとは思えないルールの分かりやすさとゲームデザインです。
        席替えを体験したことない方もいないと思いますので、すぐに世界観を理解して楽しめますよ。

        【F25-26】 Moaideas Game Designさん
        「第九交響曲」は、オーケストラみたいなイラストですが、ゲーム内容はどうなのか気になりますね。

        【F32】アソビツクースさん
        「閻魔裁判 あなたは死にました。」は、拡大再生産ながら積む要素があるのでバランス要素もあるのかな?
        まだ、遊べてはいませんが遊ばれた方の評価は良さげみたいで気になっています。

        【F33-34】luck moviesさん
        今回の「new release KOBA」は、まだゲーム内容のほうはわかっていませんが、いつもより箱は小さい情報があったような。
        どのようなゲームに仕上げてきているか楽しみですね。

        【G13-14】Saashi&Saashiさん
        「バスルートをつくろう」の京都市バス限定版のイベント販売は、今回で最後とのことで欲しい方はこの機会に是非。
        ボードゲームバッグも第2弾とのことで、デザインが楽しみです。

        【G15】よぐゲームさん
        「FACTORIA(ファクトリア)」は、2人〜5人で遊べます拡大再生産。
        テーマが、工場と遺物と技術書とありイラストと合わさり楽しみです。間に合って欲しいなぁ。

        【G23】青春工房白百合さん
        「ラストダンスは私に」は、ゲームマーケット東京で午前中には完売しました人気作です。
        姫の所有者が分かっているけど、アグレッシブに移動する姫にみんなはタジタジになる?
        第二版になるとのことで、この機会に僕も手に入れたいところです。

        【G27】キリシマドライブさん
        「BACK ROOM(バックルーム)」は、カタログのほうでは、グラスがデザインしてありますがどのようなジャンルか気になるところです。初出展みたいなので、見に行かないとですね。

        【G30】ボドまんさん
        「ボドこい。」は、続きが気になるのですが続編はまだでしょうか?

        【G32】オムプリンさん
        「むらびとうぉ〜ず」は、むらびとが力を合わせて伝説の装備を集めて魔王を倒せ。
        「ライドル!」は、スキャンダルすらプラスにしようってゲーム。
        こちらも初出展のブースさんみたいです。

        【H01】Mob さん
        「珍語辞典」は、5枚のカードでお題に合わせた最強の珍語を作ろうってゲームです。困りましたら、裏面を合わせたらなんとかなりますが・・・

        【H02】もんじろうさん
        「ワンナイト新郎」「エクストリームス」といったオススメゲームがあります。

        【H03】アスタリスク*ラボさん
        「ちょっと男子ing!」は、タイトルがスマート。ゲーム内容はまだ分からないので当日に確認かな。

        【H04】アヂサワゲームさん
        「ヌイグルミ野球カウントスリーツー」は、人気の二人用ゲーム。
        今度はボートレース、バスケットボールといったゲームを製作中みたいですよ。

        【H05】STUDIO U×Fさん
        「トレンド」は、ビンゴ形式のカードゲーム。カードデザインがやさしく見やすいです。
        「大熊山」は、交渉できるすごろくゲームみたいで楽しそうです。

        【I01】高天原&COLON ARCさん
        「ホメロー」は、長く人気していますパーティーゲームです。
        なにやらゲームブックの新刊もあるみたいですよ。

        【I08】ドイツゲーム喫茶B-CAFE/豚小屋さん
        B- CAFEさんは、兵庫県姫路にありますよ。
        「KANBAN Menu」は、街一番のカフェを目指すゲーム。そのためには、看板メニューを開発しないとね。
        アートワークも力が入っていて、ゲームをより楽しくさせます。

        【J01-02】蒼猫の巣 出張所さん
        「知略悪略は」は、メイフォローのトリックテイキングゲーム。
        「ペーターと2匹の牧羊犬」は、マンカラとトリックテイキングが融合したゲーム。動物コマも可愛らしいです。

        【J05-06】トイドロップさん
        「イケジオあつめ」は、遊ばれた方の評価は良さげです。
        「白い粉」は「ハイテンション利休」の拡張です。利休がこれ以上ハイテンションになったらどうなるんだ・・・。

        【J09-10】妄想ゲームズ☆さん
        「ダブルナイン」は、2人〜4人で楽しめますゲーム。こちらは紹介していますので、よかったら読んでみて下さいね。
        なにやら拡張が販売されるみたいなので、こちらは購入したいですね。

        【K01-02】LITTLE FORESTさん
        大阪北浜にありますLITTLE FORESTさん。定番ファミリーゲームを会場でお求めの方は、ブースに寄ってみて下さい。
        他にも少し変わったゲーム等あるかもしれませんよ。

        【L01-02】駒の時間さん
        兵庫県加古川にあります駒の時間さん。
        ミニチュアゲーム、ハンドメイドを販売されています。
        ラミィキューブグッズは、欲しいのあったら購入したいですね。

        【L06】無添加無着色さん
        「トラップダンジョン」は、力を合わせてゴールを目指すとのことで協力ゲームかな?
        数字を合計していくみたいですが、ヒントは赤と青だけ。なにやら、ゴールするのは大変そうですね。

        【L07-08】JELLEY JELLEY CAFEさん
        「舞台版ハコオンナのDVD」が販売されるみたいですね。
        「ギリギリカレー」は、タイトル通りで美味しいカレーと残念なカレーは、ギリギリなんですよ。

        【L09-10】HOXさん
        「CESSPOOL」は、ブツを製造して販売するゲーム。でも、悪いヤツが勝つ。手を組んだ?知らないね。
        口約束、自由交渉になんでもありのゲームです。悪をキメたいなら買わないとね。


        【L13】Arcade605さん

        「男気宇宙」は、どんぶり勘定型推理ゲーム。男は細かいことは気にせず、勘定するんだよ。余裕余裕と思いきや、星が爆発することは日常茶飯事なんだよ。


        【L15-16】イマジンゲームズさん
        「フタリマチ」が、パッケージやゲームデザイン、コンポーネントを調整されて販売されます。こちらは、二人用ですね。
        他には「でんしゃクジラ」に「ラララうちゅう」とかは、販売されるのかな?

        【M12】A.I.Lab. 遊さん
        「狩猟の時代」は、3人〜5人で遊ぶワーカープレイスメントです。
        部族繁栄のためには狩りに採取に忙しいのにです。

        【M14】鍋ラボさん
        「ミソヒトサジ定食」は、短歌カードゲームです。あらかじめ、カードは用意されていますので、組み合わせて短歌になりますが、ゲームを楽しめば短歌にハマるかもしれませんよ。

        【M16】Mogwaiさん
        「7thNight」は、二人用陣取りゲーム。こちらは、ゲームデザインとアートワークともステキなゲームになったらいます。
        紹介していますので、気になりましたら読んでみて下さいね。
        委託品の「マメィ」は、まだ買われていないならぜひとも購入して下さいね。
        こちらも、紹介記事あります。

        【M26】Engamesさん
        「ペーパーテイルズ」「welcome to...」とかは、会場で販売されるのかな?
        カタログには情報がありませんが、当日までになにか新作の情報とかがあると嬉しいですね。

        【N01】中村誠さん
        カタログの「テストプレイなんてまだしてないよ」とはズルい。
        ※カタログ入稿時の心情らしく、ゲームタイトル等とは一切関係ないとのことなんで、どんなゲームが販売されるかは分かりません。

        【N05】フローリッシュゲームズさん
        「nickname(ニックネーム)」は、お互いをニックネームで呼ぶキッカケになるかもしれないゲーム。
        はじめに名前をキチンと知ってから遊ぶゲームは珍しいですね。
        遊んでみましたが、人数多めで遊ぶの推奨かな。

        【N07】クリエイティブAHCさん
        「斯くして我は独裁者に成れり」は、正体隠匿系ですが、正体は自分で決められますゲーム。会話が少なくても成り立つ隠匿系ですが、キチンとゲームとして楽しい。

        【N08】ぎゅんぶく屋さん
        「ワンナイトマンション」は、GMや目隠しのいらない正体隠匿系ゲーム。
        必ずいるはずの殺人犯は、あいつか?あいつか?自分か?
        拡張アナザークリミナルも一緒に楽しんでみて下さい。

        【N13】Studio GGさん
        「ミステリーホームズ」は、協力推理ゲームですが、一緒に推理しているあの人は犯人かもしれませんよ。
        犯人は、最後まで(自分が)勝つために協力的だと思いますよ。
        「リトルタウンビルダーズ」は、2人〜4人で遊べますワーカープレイスメント。ワーカープレイスメントをはじめて遊ばれる方にもオススメの遊びやすさに楽しさです。

        【N21】いかがみ本舗さん
        「テクノロジア」は、拡大再生産と交渉のゲームズ。タイトル通り、技術開発のゲーム。
        プレイ人数は2人〜4人、プレイ時間30分〜60分と程好そうです。

        【N22】芸無工房LOSERDOGSさん
        「コンビニの曙」は、ゲーム内容は分かりませんがもうギリギリでしょう。
        相変わらず、攻めてくるなぁ。好きやわぁ。

        【N32】タブーコードさん
        「タブーコード」は、してはいけない、言葉にしてはいけないタブーを自分以外のプレイヤーにさせて脱落させる。
        もしくは、タブーに気づいて解除せよ。

        【N28】ロクジゾーさん
        前作は、午前中には完売しました。
        久しぶりの新作はチェックしておかないといけませんね。

        【O01-02】ミープルボタンのたかみぃぷるさん
        ミープルボタンに新たにウサギボタン、羊豚牛ボタンが追加されるみたいです。
        新アイテムは、得点ボードみたいなんで色んな色のミープルボタンを購入して合わせて使えそうですね。

        【O13】ゲームクリエイティブ風さん
        「証券営業:Less than Human」は、手数料も勝利点!?
        ノルマとコンプライアンスに気をつけながら、経済発展をさせていくが、まぁ犠牲も仕方ないような予感がしますね。

        【O16】Yellow Gamesさん
        「きいろいろ」は、黄系統色を集めたカードです。見えていても分からないとは、ルールによるものなのか色別によってかな?
        複数の遊び方が収録しているみたいなので、楽しめそうですね。

        【O19】京大生のボードゲーム屋さん
        「Pentaland-ペンタランド-」は、二段階のシステムを採用したワーカープレイスメントとのことで、また違う角度からの新規ゲームは楽しみですね。

        【O23】@sobiHolicさん
        「ぼくらはみんな脱いでいる」生きて〜いるから脱ぐんだよ〜♪♪
        脱衣系カードバトルとか盛り上がりそうだよ。

        【O29】AkirakunSTさん
        新作は「欲望人間ニャッスル」
        世界は欲望渦巻いている。欲望まみれになったのは君か世界のどちらだろうか?
        他にも「七宝」「唐草」「市松」等のオススメゲームもありますよ。

        【P05】堤さん
        「PICKEL」は、ゲームクリエイター科の学生が作られたゲーム。
        勢いのありそうなゲームは、好きなのでチェックしておかないとね。

        【P08】Phantom Circusさん
        「Deseo(デセーオ)」は、二人用のゲームです。同じカードを使用して遊びますが、栄光を掴みとれるのは一人だけ。
        特殊カードの使うタイミング、どのカードを使用するかを考えながらも相手を出し抜け。

        【P12】するめデイズさん
        「ジュエルディガー」は、タイル配置ゲームですが配置したタイルがすぐに得点になるわけではなく、時にはちょっとした協力を相手ともしつつ裏切る。
        タイルが裏返すのが、ゲームのポイントでありとても重要なことだね。
        他にも「曖昧フェイバリットシングス」「ポコン」「アニマランブル」といったゲームもありますよ。

        【Q04】フダコマゲームズさん
        「クーペレイション」は、実物は見たことはありましたが協力ゲームとは知りませんでした。
        Twitterとかに流れてきたゲーム写真でだいたいのルールが理解できるぐらいに遊びやすそうでオシャレ。
        新作は「始祖と狩人」って、正体隠匿ゲームらしいですよ。


        以上で気になるサークルさん、ブース、ボードゲームの紹介は終わりです。
        気になるゲームはたくさんですね。
        まだ、情報が出ていないところもありますので、気になるサークルさんは情報収集してみて下さいね。
        気になりまして、予約できるなら予約するのをオススメします。個人でされている方が多いので再販されないこともあるので、欲しいものは買いましょう。

        ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。
        少しでも参考になりましたら嬉しいです。
        今回は初出展のサークルさんも多いですし、人気サークルさんも出展されていたりにと盛り上がること間違いなしですね。
        今からゲームマーケット2019大阪が楽しみですね(o≧▽゜)o

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        2月10日(日) くさつボードゲーム会に参加してきました。
        0
          2月10日(日) 9時半〜18時
          滋賀県草津で開催されました、くさつボードゲーム会に参加してきました。



          こちらは、いろんな方の持ち込みゲームの一部です。


          何度も参加はさせて頂いているので、知っています方も多くて安心して参加できます(*^^*)
          着いてからは、この会で久しぶりに会う方もいますし、もうすぐゲームマーケットもありますので、そういった話をしたりとかしていました。
          話しも一段落しましたら、ゲーム開始(* ̄∇ ̄)ノ

          【SHOWTIME(ショータイム)】(初プレイ)
          みんなで、映画を観るために客席に客を座らせていくだけの和やかなゲームです。
          でも、映画を観るときには観やすい場所がありましたり、中には困ったお客様もいるかもしれません。
          仲良く座れたら良いですけどねぇ(。-∀-)ニヤリ
          説明中に、ボケとツッコミのあるゲームは良ゲームでしかない。

          手番では手札から好き客カードをどこかに配置するだけです。こちらを全員4回しましたら1ラウンド終了します。
          カードには、効果があり隣にいる客が異性だったりするとプラス点になったり、マイナス点にするカードもあります。
          前の座席をキックしたり、背が高くて後ろだと見えない、お菓子を食べたりしてとかマイナスになる要素は様々です。
          そわそわして落ち着かない客、前だけど寝たりにやらラウンド終わりには、いろんな客がいて面白いね。
          邪魔をしたと思ったら策士、策に溺れたりしたゲームでした。




          【ソビエトキッチン】(初プレイ)
          僕たちは、注文された通りに食材を混ぜただけなんだが客はお金を払って美味しさからか天に召されたりしました。
          アプリを使いますゲームで、QRコードで色を読み込んだりでして注文通りに色が混ざり出来ると盛り上がったなぁ。

          たまに音楽性の違いで、お客さんが怒ったりしたんやけどおかしいなぁ。
          ちゃんと、魂を込めて料理したのになぁ(*´∀`)♪


          この日のゲーム会のテーマは、二人用ボードゲームだったので、そちらも遊んでみる。
          【聖杯サクセション】
          手札からカードを一枚出すか、場にありますカードを山札から遠い場所から5枚引き取るかをします。
          引き取り1回、カードを出すを5回をそれぞれがしましたらラウンドを終了します。
          先行後攻を2回ずつしたら、ゲームを終了して、集めましたカードのマジョリティ争いにセットコレクション、プラス&マイナス点のカードの合計得点が高いプレイヤーが勝ちになるかな。


          各ラウンドで悩ましい瞬間が必ずあって、その選択の分岐が勝負を分けますゲームですよ。


          【ザ・ゲームフェイストゥフェイス】
          こちらも二人用のゲーム。ザ・ゲームは協力ゲームですが、フェイストゥフェイスは、少し協力しつつも最終的には先に自分が山札と手札のカードを無くしたら勝ちになります。

          ゲームは、手番になりましたら手札から2枚以上を自分の場に出します。出し方は昇順、降順です。
          2枚以上出したら、手番は終われて補充は2枚です。3〜6枚を自分の場に出しても補充は2枚ですが、手番で相手の場に助けるようにカードを出すことで、補充が6枚になるように補充になります。
          このルールが実に効いていますので、たまには助け合いが起こりますが、ゲームのよいポイントになっています。助け過ぎると負けるかもしれませんから、タイミングと助け方は大事ですね。

          二人用ゲームでオススメしたいゲームのひとつですね。

          【故宮】(初プレイ)
          3人でプレイ。説明が分かりやすかったので、すんなり頭に入ってプレイできましたヾ(@゜▽゜@)ノ

          ゲームは、手番になりましたらカードを一枚プレイしてアクションを行います。
          プレイの仕方ですが、ボード上にありますカードと入れ換えてアクションを行うのですが、カードは1〜9の数字が描かれていまして、入れ換えるカードよりプレイするカードの数字が大きいなら大丈夫ですが、同じか小さいとアクションをするのに支払いが必要になります。
          これはなかなか厳しくて、支払いに必要なキューブはとても貴重なんです。
          なかなか手に入りにくいですし、ボードにありますアクションで支払いが必要になることが多いので、それはしたくないんですよね。

          はじめの方は聞いていたみたいに、なかなか得点も伸びなくてホンマに大丈夫かなぁって思いながら、技術を獲得したり旅に出たりに謁見するためにコマを進めたりやらしていたかな。

          アイコンもいろんなゲームを遊んでいると、そのゲーム固有のアイコンがなかったら理解しやすいですし、こちらのゲームは比較的分かりやすかったですね。
          ボクは初プレイの時に変に手を出すぐらいならはじめからしないと決めてプレイしたりもするので、今回は船のアクションはしなかったかな。
          二人は手札を増やしたり、1だけど2扱いのキューブを獲得したりしてたかな。

          獲得しに行かなかった分、他のことをして得点に繋がるようにしていく。
          入れ換えたりした数字カードは、一度捨て札にいきますので使えるのは次のラウンドになりますが、そのカードもラウンド終了時の得点やキューブ獲得に大事だったりするから、よく出来てるよなぁ。

          一人30分の3人やし1時間半ぐらいのプレイ時間で、よい疲労感。四人やと少ししんどいかも?やけど、マップも変わるからまた四人でも遊んでみたいね。
          無事に謁見もして0点にはならなかったですが、少し届かずで残念。次は勝てるようにするぞ(*´∀`*)



          【愚かなウシ】
          5人でプレイ。僕以外は初プレイやったかな。1ラウンド目は、やさしいマイナス点に笑顔があるが、2〜3ラウンドはマイナス点が少し大きいので手札を無くすタイミングをよく考えてはりましたね。

          場に出したウマが、次の手番には自分の目の前にあったりして、人数が多くても数で押しきられたりするのを感じました。

          あとで、他の方とも3人で遊びまして楽しんで頂けてよかったです。
          3人では、なかなかのマイナス点になってしまったや(。´Д⊂)



          【ヤギ戦争】
          6人でのプレイははじめてやったかな。
          6人やとトリック獲得時に最低6以上のヤギの頭を獲得することになるので、バーストのしやすさが格段にアップするかな。

          少し手札運によるツラさを他の方で見たので4人ぐらいが良いのではと思いました。
          ゲームは、楽しまれていましたけどね(*´∀`*)



          【ゼンマスター】
          3人でプレイ。こちらもトリックテイキングゲーム。
          1〜50からの数字カードを使用して、スートはありません。
          毎ラウンド9枚のカードをランダムに配りまして、9トリック行います。
          1トリック毎に陰陽カードがめくれますので、それを確認してからカードを順番にプレイしていきます。
          一番大きい数字カードをプレイしましたら黒の数字、一番小さい数字カードをプレイしましたら白の数字の分だけ、その色の棒を受け取ります。
          次のトリックは、一番大きい数字カードをプレイしたプレイヤーからカードを出していきます。
          こちらを9トリックしましたら、受け取りました白と黒の棒の差がマイナスになりますよ。
          ぴったり、差が0ならゼンマスターとして今までのマイナスを1ラウンド分無しにでにできるから、目指せゼンマスターだね。
          まぁ、なかなかカードによるから難しいけどね。



          【マメィ】
          3人でプレイ。豆を収穫したり出荷することにより得点を稼ぎます。
          得点を稼ぐには、同じ色カードを連番で出荷する、同じ色カードで同じ数字のカードを出荷する、バラバラの色カードで同じ数字カードで出荷すると稼げるかな。
          数字は1〜5とXとありまして、4色のマメィたちがいます。色によりイラストがちがいますので、お気に入りのマメィがきっといますよ。

          今回は、出荷して最後に得点になる豆の数で逆転。
          1と5、Xは端で使いにくいカードだけどその分出荷できたら得点が稼げるのだ。

          ゲームを気になっていた方が楽しまれたので、今度のゲームマーケットで買われるんじゃないかな(*´∀`*)


          【ビッグポイント】
          4人でプレイ。遊んだことがない方にディスクを並べて貰いましてルール説明を行います。コマは5色あるけど、誰のコマでもなく手番になれば好きなコマをその色のディスクがあるところまで動かして、その前後どちらかのディスクを獲得します。
          コマが乗っているディスクは獲得できないので、その後ろか前かになるかな。

          ゴールしていくコマの順位によって、その色のディスクの得点が決まりますので、どの色コマを進めていくかもですが、どの色のディスクを集めるのかもとても大事ですよ。

          気に入って頂けて、2回続けて楽しみましたよ(*´∀`)♪



          他のテーブルでもたくさんの気になりますボードゲームが遊ばれていましたよ。



          【王と枢機卿】は、ゲーム終了時のコマの配置に驚いたけど、こういった転回も好きだなぁ。

          【バナナマッチョ】は、少し見学していましたが展開が熱すぎるし流れにオチにともう、このゲームの素晴らしさを物語りましたよ。

          帰る頃には、これだけ遊ばれていたかな。


          いつも、参加できた時には一緒にいろんなゲームを楽しんだり、説明して頂いてありがとうございます。
          また、ご一緒しましたらよろしくお願いします(*≧∀≦*)


          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          BLOCK.BLOCK(ブロック.ブロック)
          0
            【タイトル】BLOCK.BLOCK(ブロック.ブロック)
            【プレイ人数】2人
            【年齢】7歳〜
            【プレイ時間】10分
            【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
            【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

            今回紹介しますのは、ペンとサイコロさんの【BLOCK.BLOCK(ブロック.ブロック)】です。
            こちらのゲームは、交互にブロックを置いていきまして、ブロックを置ききったらゲームを終了し、ゲーム終了時に上から見た自分の色のブロックの数が多いプレイヤーの勝ちになります。

            ゲームでは、ゲームボードと茶色と白色のブロックを使用します。

            縦置きすると、相手の色になるブロックもありますね。

            ゲームの遊び方と終了条件は事前に説明しましたが、置き方のルールを説明します。
            ブロックは浮かしては置けなく

            相手プレイヤーが直前に出しました同じ形のブロックは、続けて出せず(他に出せないなら大丈夫)

            同じ形のブロックは、同じ向きに重ねてはいけません。

            そして、置けなくなったらその瞬間に負けになります。

            ルールを守って楽しく配置していけば、気づいたらゲームが終了します。
            ゲーム終了時に、自分の色のブロックが上からたくさん見えるようにしましょう(o≧▽゜)o

            先行は最後に0.5になるブロックを配置できますよ。


            遊んでみまして、運要素などはなく空間認識能力とか相手に先に置かれたくないブログとか、先に置くことで自分が不利になりそうなブロックを置いたりしないようにするなど、ルールのシンプルさとは違い考えることは多いですが、難しくない(どっちやねん)。
            真っ直ぐのブロックが、縦置きにすると相手の色になるのも悩ませるブロックになっていますが、そうする価値があるタイミングもあり、こちらは重要なブロックじゃないかな。
            セッティングのしやすさと、もう一回遊びたくなるゲーム感でオススメです。
            機会がありましたら、遊んでみて下さいね。


            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |