SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
JELLEY JELLEY CAFE大阪心斎橋店さん(ジェリージェリーカフェ)に行ってきました。
0
    2019年6月18日(火) 14時〜17時
    大阪心斎橋に2019年6月8日(土)にGRAND OPEN!!しましたJELLY JELLY CAFE大阪心斎橋店さんに行ってきました。
    お店には約350種類以上ものボードゲームがありまして、みんなで楽しめますカフェになっています(・ω・)ノ

    お店の特徴としまして
    ・350種類以上のボードゲームを自由に遊ぶことが出来ます。
    ・途中退出自由です。
    ・無線LAN/電源を自由にご利用いただけます。
    ・食べ物のみ持ち込み自由(お飲み物の持ち込みはご遠慮ください)
    ・全席禁煙です

    はじめにレジで料金を支払いましてから、ソフトドリンクを頼んで下さいね。
    初来店でしたら、お店のルールを説明して下さいますので、ルール守って楽しく遊びましょう(*´∇`*)



    写真の許可を頂いてお店の撮影。
    30人ぐらいは座れそうなスペース。
    テーブル同士は少し近いかなぁですけど、遊んでたら気にならないんじゃないかな。

    テーブルが1つだとこのぐらいのサイズです。

    壁にはJELLEY JELLEY CAFEって、デザインされていて、ここは撮影スポットでは?


    ゲーム棚のほうは、二人用コーナー、プレイ時間が30分〜60分ぐらいのコーナー、90分〜のコーナーにと分かれていたりします。
    上の棚は比較的に時間は掛かるラインナップかな。



    レジ前には販売コーナーがあります。

    トイレの方は男女分かれていまして、男性の方も座ることを推奨されていました。
    トイレは綺麗に使いましょう(・ω・)ノ
    写真も撮り終わりましてから、色々とゲームのほう遊びました。
    同席出来た方がちょうど居てよかった(*´∇`*)
    【オミガ】(初プレイ)
    2人用のゲームで、白か黒に分かれていまして遊びます。多分カードの内訳は一緒かな。
    ゲームとしましては、手番はなく同時にドンドンとカードを配置していきまして、先にテーブル端まで行くか、相手の陣地に回り込むことができたら勝ちになります。
    配置の仕方が自分のカードとは隣接している、隣り合っている色が同じ、配置した際に形がうまく長方形(棒?)になるようにかな。目まぐるしく配置されていき防戦でしたが反撃もする。
    最後には力尽きてしまい残念でした。
    オ○ガ「止まるじゃねぇぞ・・・。」


    【リング迷路】(初プレイ)
    こちらも2人用のゲーム。こちらはリングを対面で繋げることが出来たプレイヤーの勝ちになります。
    手番では、どこでもいいので一番端からリングを1リング分転がします。転がす際には、すでにありましたリングも押せますが、相手のリングをボードから押し出すようには押せません。自分のなら大丈夫です。
    はじめは縦で揃えるかと思わせつつ、最後には縦と横を混じり合わせてリングを繋げたりして、実は繋がり合ったよってする(^-^)v
    この2人用は運要素ないけど、リングを転がしてしていくのも面白いし、しれっと繋げられたら嬉しいし楽しかったね(*´ω`*)



    【ライネンロス】(初プレイ)
    ボードを指1本で動かしてコース通りに進み、先に一周できたプレイヤーの勝ちになります。
    手番プレイヤーがボードを動かしている際には、他のプレイヤーは紐を八の字で素早くくくります。くくっている間だけ、手番プレイヤーはボードを進めることができるのです。
    ボードは、結構クネクネするのでコントロールが難しくて街に激突して手番を終了したりすることもありました。

    途中から少しずつ慣れてきたので、最後には一気にゴールまで行けました。
    人数が増えると押し合えるので、よりボードが大変なことになりそうだな・・・。


    【ブンブンかくれんぼ】(初プレイ)
    蜂の巣カップが6個、蜂が6色各1個あります。
    それぞれ1個ずつをカップで隠したらたらゲームスタート。
    山札からカードを1枚めくり、その色と同じ蜂がいるカップを開けて当たれば、蜂の巣カップごと手元に置きます。
    蜂の巣カードなら、好きな蜂の巣カップを見ないで手元に置きます。
    くまのカードは、手元にある蜂の巣カップを戻さなくてはいけません。
    先に4個の蜂の巣を集めたら勝ちな記憶ゲームでした。
    最後はほとんど覚えてなかったよ・・・(;´Д`)


    【クーデルムーデル】(初プレイ)
    こちらはスピードゲーム。
    1枚のカードには3種類のイラストが描かれており、共通するイラストを連続して7枚集めてベルを鳴らし、合っていれば得点になります。
    カードをめくって共通するイラストがあるかどうかの素早い判断力、その共通するカードをめくる運命力にが問われたゲームでした。
    うん。1回しかベルを鳴らせなかったo(T□T)o



    【L.A.M.A(ラマ)】
    もう1人ご一緒しまして、ここからは3人で遊びました。
    プレイしていく中で、他の2人のプレイスタイルからどうプレイしていこうか考える。まぁ、そんなことも考えながもラマをプレイする際にはラマタイムを楽しむラマァ〜。
    今回は適度にみんなで降りたりして、無理だと感じた時に降りたらみんなが2だけ持ちでそらそうなる。
    最後にはマイナスポイントを抑えるようにして逃げ切り(*´∇`*)



    【HANABI(花火)】
    久しぶりに思い出に残る花火大会にするために、3人で協力だ(゜∇^d)!!
    こちらが初期状態。もちろん自分のは分からない。なにやらボクのヒントは言いにくそうで、あとで分かりましたが4がたくさんありました。

    情報を出すようにしていって、1を打ち上げていく。
    途中でこの花火師たちは、5とかを悦んで捨てるプレイがあったり、突然のエスパー打ち上げをしたりにと思い出に残る花火大会だったんじゃないかな((((;゜Д゜)))


    【街コロ】
    3人で街づくり。僕以外の2人は赤い建物を積極的に建設していくので震える(>_<)
    ここは5の鉱山を積極的に建設や。これが上手いこといきまして、手番以外で5が5回以上出て儲かりました( 〃▽〃)
    自分でも8の建物を建設して工場と噛み合わせよく8も2回出まして、コインがガッポリ(* ̄ー ̄)ニヤリ
    ランドマークタワーを毎ターン建設して、終わりました(*^▽^*)



    この日は三時間ほどでしたが、いろんなゲームを説明して頂いたり、同席できて楽しめたりにと出来ましたジェリカフェさんでした。
    雰囲気もよくて、店員さんも丁寧にゲームの説明をして下さいますので、是非楽しみに遊びに行ってみて下さいね(*´ω`*)
    また、ご一緒しましたらよろしくお願いします( ̄∇ ̄*)ゞ


    【プレイ料金】
    平日料金
    デイタイム13:00〜18:00最大5時間
    1,500円(1ドリンク付き)
    ナイトタイム18:00〜23:00最大5時間
    1,500円(1ドリンク付き)
    ※平日のデイタイムは学割もあり
    平日のデイタイム(13:00〜18:00)は、学生証提示で通常1,500円1ドリンク付きのところ、1,000円1ドリンク付きでご利用可能です。
    ※16時〜23時の最大7時間遊べちゃう「平日限定アーリーイン」学割もやってます!

    土日祝日料金
    デイタイム13:00〜18:00最大5時間
    2,000円(1ドリンク付き)
    ナイトタイム18:00〜23:00最大5時間
    1,500円(1ドリンク付き)
    ※18時以降は、延長料金1,000円で閉店まで利用可能です。

    小学生は1,000円1ドリンク付き(平日、土日・祝日共通)で終日ご利用可能。
    未就学児は無料 1ドリンクサービス。


    JELLY JELLY CAFE 大阪心斎橋店
    【住所】
    大阪市中央区東心斎橋1-12-19エイトビルディング5F

    【アクセス】
    心斎橋駅2番改札を出て、クリスタ長堀地下街南6番出口より徒歩1分
    長堀橋駅5A出口から徒歩4分

    【電話番号】
    06-6563-7478(営業時間内のみの受付となります)

    【営業時間】
    13:00〜23:00

    【定休日】
    不定休

    お店は全席禁煙
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    Pingi Pongo
    0

      【タイトル】Pingi Pongo
      【プレイ人数】2人〜4人
      【年齢】5歳〜
      【プレイ時間】15〜20分
      【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
      【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

      今回紹介しますのは【Pingi Pongo】です。こちらのゲームは、シャチに注意しながらペンギンたちを無事に南極まで辿り着かせるのを目的としましたゲームです。
      ペンギンの家族が無事に南極まで辿り着けるかは、プレイヤーたち次第ですよ。

      ゲームで使用しますのはゲームボード、ペンギンコマ、シャチコマ、スペシャルダイスです。


      ゲームの準備としましては、テーブル中央にゲームボードを広げて置きます。
      各プレイヤーは好きな色のペンギンコマ1色を選びまして、ボード上部の氷山に配置します。こちらはスタート氷山になります。
      シャチをボードの一番下にあります氷路に配置します。
      最後にジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了です。

      ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。
      自分の手番になりましたら、ダイスを一回振りまして出目に従い、自分のペンギンの中から1体を選び前進させます。
      前進のさせ方は、任意のペンギン1体を南極に向かって氷山か氷の上を移動させて下さい。
      各氷の上には、ペンギンは1体しかのりません。すでにペンギンがいる氷の上に止まる場合は、次のなにもいない所まで移動して下さい。氷山と南極には何体でもペンギンがのりますよ。

      氷の中にもヒビが入っている氷がありまして、氷の上にはのれますが、ヒビが入っています氷の上にいるペンギンが他のペンギンに追い越されましたら、そのペンギンは一番近い氷山まで戻ることになります。
      これは、自分のペンギンか他のペンギンのどちらで追い越しても起こりますよ。



      シャチのシンボルマークがあります氷の上にペンギンが止まりましたら、シャチを矢印の方向へ1マス、移動させて下さい。

      ダイスの出目が『青』なら氷山にいますペンギンを1体選んで、次の氷山まで移動させられます。
      でも、途中にシャチがいたり氷山にペンギンがいなかったりしたら氷山への移動はできませんが、どれか1体を1マスだけ進められますよ。

      ゲームは、誰かのペンギンコマを3体とも南極まで到着させましたら終了し、そのプレイヤーの勝ちになりますよ。


      ペンギンをトコトコと南極目指して移動させます可愛らしいゲーム。時には海の上を滑り近道をする。ヒビの入った氷の上には要注意。自分のペンギンも他のペンギンも通り過ぎられると後戻りしちゃいます。抜きつ抜かれつの分かりやすいルールですが、ダイスの出目による盛り上がりがありますし、戦略的にどのペンギンを動かしていくかの考えることもあり終始楽しめました。人数が多いほうが、ペンギンがよく進みますので展開が早いですが2人でじっくり遊ぶのもよいですかね。ペンギンにシャチのコマも可愛く幅広い年齢で遊べますゲームなので、機会がありましたら遊んでみて下さいね。



      | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
      ボードラン京都2店舗目:レンタルスペース九条湯さん
      0

        6月14日(金) 17時〜21時

        京都市南区東九条にありますレンタルスペース九条湯さんに行ってきました。

        九条湯さんは、廃業した銭湯を2018年11月にレンタルスペースとして新たにスタート。

        レンタルスペースとして、貸し出しをするだけでなく、世界中の人のコミュニティースペースとして利用されることを望まれていますよ(・ω・)ノ

        ボードラン京都の間は、毎週金曜はボードゲームのイベントを開催予定されています。

        他のイベントや個人での貸し出しもされていますので、気になりましたら相談の方してみて下さい。


        僕自身、今回こちらに来ましたのがはじめてでしたが、銭湯の作りはそのままに修繕されていますので、懐かしい気持ちになるスペースです。

        テーブルもお風呂の中にあったりするし、洗面器には富士九九が入っていて、富士の絵が床には描かれていて粋だねぇ。

        入り口で入る際なんですが、男女で扉が分かれていたのですが、別にどちらか入ってもよかったのに、男性陣はほぼ男の扉から入ろうとして意識的になにかあちらの扉からは入ってはいけない雰囲気になってしまうのかな(*´ω`*)?

        でも、男の扉はカギが閉まっていたので罠でしたね・゜・(つД`)・゜・


        お店に用意されていたのは、こちらのボードゲームでした。

        100種類ぐらいありますし、ジャンル、人数と幅広く対応していますね。


        受付をしてから今回のボードラン京都では必要になってくるキーワード探しをする。

        なにやらヒントがありまして「ふむふむ(*´∇`*)」

        見つけた時は嬉しいもんですね。


        少し早めに着いていまして開始時間には5人ぐらいでしたので、なにか遊びましょうかで【L.A.M.A(ラマ)】を遊びました。

        4人は初プレイで、1ラウンド目はゲームの流れやマイナスポイントの結果になるほどってなり、以降のラウンドでは戦略的に降りられたりもされていましたね。

        はじめはマイナスポイントも少なく出し切りによるチップの返却で悪くない流れでしたが、最後の方にはみんなマイナスポイントを大量に獲得する。

        最後になったらラウンドで逆転があり、初代九条湯ラマ王が誕生しました。

        あとでまた違うメンバーで遊ばれて楽しまれていたので、最近はラマの活躍ぶりがスゴい。


        【STICK STACK(スティックスタック)】

        袋からスティックを1本取り出して、バネで固定されている土台やスティックに乗せていく。

        乗せていく際には、スティックには色が描かれていますので同じ色同士がくっつくように乗せますよ。

        途中で数本落ちたりしたら落としたプレイヤーが失点として獲得します。それによりズレたりしたスティックはそのままです。

        それなりに乗るのですが、終わりが突然なのがバランスゲーム。

        このあと、土台が倒れてゲームは終了しました(・ω・)ノ


        【バッティング】

        こちらのゲームは6人で遊ばれました。

        僕の方は説明だけしました。

        欲しい宝石に狙いを定めて、同時に指を差すだけですが、狙いがバッティングしましたら獲得できません。

        1度獲得しました宝石は、自分の目の前に保管はしますが、まだ自分の物ではなく次以降に狙われます。

        ちゃんと獲得したければ指を差さずに防御すればよいですが、防御した次のラウンドはお休みになります。

        欲望のままに最後まで宝石を狙い合い、奪い合いの光景を目の当たりしたバッティングでした。


        【ビッグポイント】

        こちらは、お風呂の中で遊びました。

        お風呂の中にテーブルと丸椅子とボードゲームにと何の問題もなく遊べますね(*´∇`*)

        ビッグポイントは、リメイクのキックスターターで話題になりましたゲーム。

        ランダムに配置されましたディスクをコマを移動させながら獲得していきます。

        コマは5色ありますが共通のコマになりますので、手番になりました好きなコマを1個選んで移動させます。

        移動は、そのコマと同じ色のディスクがある場所までです。

        移動しましたら、移動先の前後にありますディスクをどちらか1枚だけ獲得できます。

        すべてのコマがゴールするまで、同じように手番を行っていき、ゴールした順位に応じて各色のディスクの1枚あたりの得点が決まりますよ。

        中には0点になるディスクもありますので、集めていたディスクがそうならないようにしないといけませんね。

        集めたディスクを握りながら白熱するゲーム、ビッグポイント。

        何度遊んでも楽しい(*´ω`*)


        【ドラダ】

        できるだけ後にゴールしたいすごろくのドラダ。

        各プレイヤーは、好きな色の4個のコマをゴール目指して、ゆっくりと進めていきます。途中でワープしてゴールできちゃったり、さっきまでコマだったようなマスが出来上がったりしてゴールできたコマは幸せもんだよ・・・。

        今回はかなりの数がゴールしましたので、はじめにゴールしてコマが得点にならなかったりしました。

        すごろくもこうしたルールが加わるだけで、良い変化を見せますね。


        【クニスター】

        他の卓がまだ遊ばれていて、7人で遊びました。2階の畳で遊んだのに写真忘れた。

        畳のニオイも懐かしいんだが、今だと珍しいかな?

        クニスターのほうは、ダイスを2個振りまして出目の合計を空いているマスに書き込んでいきます。

        全員が同時に書き込んでいきますので、終わるタイミングも同時です。

        ゲーム終了時に縦、横、斜めの各列ごとに数字の組み合わせの役による得点計算をして、合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        2〜12の出目をどこに書き込んでいくのか、タイミングによっては欲しい出目じゃないのはダイスゲームだからね。


        【ピーナッツ】

        ここは走るしかねぇコースになっている。走り続けるには大量のピーナッツが必要である。なんのために走るのか途中で分からなくなってくるが、細けぇことはいいんだ。最後に笑うのは銀行様です。

        突然の破産者が現れて何故か1位だった。


        【くだものがたり】

        5人でくだものを仲良く植えたり、ハチミツを集めたりしました。

        くだものを植えてる人がたくさんいる時にハチミツを集めたりすることで、よりハチミツを集めることもできたりしますが、その時はくだものを植えられないので、後の出荷の際にはそれが決め手となることもあります。

        みんなで、グーとパーで意思表示をして紙に書き込みくだものを植えて、出荷する。

        無事に出荷できるかは見極め(運)が必要ですが、それもまた盛り上がる。

         />


        【愚かな牛】

        5人でプレイ。ゲーム説明からイヤな予感を察するプレイヤーたち。あぁ、その通りだ。これはあなたたちが思っているようなゲームだ。

        場に現れた動物たちはぐるぐるとプレイヤー間を移動するのである。誰も引き取りたくないから必死である。

        ゲームテンポの鋭さは、オススメでき気づけばみんな楽しまれていました。

        いや、まぁ今回は大量失点で悲しみは背負いました(つд;*)


        【デッドマンズチェスト】

        「ブラフ?ブラフなら俺の横で寝てるぜ。最後に勝つのは嘘を超えたダイス運だッ!!」

        残りライフ1同士で初手5ゾロで勝ちかと思いきや疑いもせずに振り出しての「デッドマン」宣言は最後に相応しい盛り上がりだった。勝負なんて常にちょっとの運だけなんだよ・・・。

        やればハマるデッドマンズチェスト。


        ここらへんで時間になりまして、この日はここまででした。

        久しぶりに初めていきました場所でのボードゲーム会でした。

        また、新たな出会いと楽しめました時間に感謝です(*´∀`)♪


        ボードゲーム会以外でも、様々なイベントを九条湯さんではされていますので、気になりますイベントがありましたら是非参加してみて下さいね。

        イベントする際には、ホームページの料金表を参照して下さい。

        また、こちらでお会いしましたらよろしくお願いします(*^▽^*)



        【住所】

        〒601-8027

        京都府京都市南区東九条中御霊町65

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        あいつこそは、つみきの王子さまだ。
        0
          6月13日(木) 13時40分〜17時40分
          大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました(・ω・)ノ

          この日のお昼は暑くて、お店に着いた時には少し汗をかいたりしましたね(-。-;)
          中深煎りを頼みまして、SweetSと一緒に頂きながら涼んで過ごしていました。
          久しぶりにホットドッグも頼みまして、柚子とマスタードにボイルしたソーセージと味わえました。ボリュームが程好くて過去には1日に2回食べましたね。


          しばらくしてから、帰るまでにこちらのゲームを遊んだりしました。

          【エレベータ前で】
          3人でプレイ。混み合うエレベータ前で、すき間を見つけては割り込んで並ぶ。
          並んではいるけど、途中で仲良しの人物はカフェに消える。家族で仲良くデパートに来てたはずなのに、おかしいぞ(つд;*)

          いやぁ・・・迷子は2枚抱えるとツライ場面に遭遇しちゃうからいけませんねぇ(´д`|||)

          2ラウンド目に30点獲得されてしまって、3ラウンド目には最後は割り込みによる邪魔もできなくてこれは逆転が難しい。
          毎ラウンド、カフェに仲良く行って楽しんだりできたしこれはこれで良いかな。


          【つみきの王子さま】(初プレイ)
          つみきを積んでいき、お城を建設していきます。積む方法は、床が落下したり住人が落下しなかったり、数字が変な方向に向いたりしなかったら積めます。

          積んでいけるのは、手番で1枚だけなんですが色の着いたタイルを隣接して配置できましたら連鎖となり、もう1枚追加で積んだりすることができます。

          プレイヤー人数によって、ゲーム終了条件である積む(配置)枚数は違い、それは確認しながらのほうがいいですね。
          ゲーム終了時には、城にある屋根の高さ比べだったり、橋の高さ、住人の希望に応えることができたか、窓の種類により得点を合計して、一番得点の高い城を作りましたプレイヤーが勝ちになります。
          タイルもしっかりしていて、積み方(配置)もそんなに難しくないので、何度も遊びやすいですかね。
          屋根の高さ比べのことを考えると3〜4人がオススメかもでした。


          【ハニーフェスタ】(初プレイ)
          ハチは蜜を集めてハチミツを作るよ。
          ゲームは同時進行で「タイルを使用しての配置or移動」→「ハチミツ作り」→「タイルの補充」をしていきます。
          タイルには数字が描かれていて、移動はその数字分まで行うことができ、配置に関しては自分のリーダーコマに隣接してタイルを配置できます。
          タイルを配置していき、同じ色のタイルでタイルの数字合計が8にできたら、タイルを裏返してハチミツができます。
          8を超えてしまったら、もうハチミツはできないので配置は気をつけて行わないといけません。


          配置しているタイルを飛び越えたりの移動は出来ないので、どのタイミングで移動をするのかを考えたり、どの組み合わせで8を作っていけるか、ボーナスはどのように獲得するかも考えたりにと先の先まで考えていかないといけません。
          補充するタイルとかは全員同じですが、配置や移動の仕方で最後には全然違う個人ボードが出来上がっていますから、最後は確認し合うのも良いですね。
          少しソロプレイ感はあるけど、色々と試したくなるゲームです。

          ハチや花にとイラストも種類が豊富でした。

          【スピード掛け算】(初プレイ)
          スピード計算の掛け算ver.です。
          より計算力と計算してから出せるカードがこれでよいかの判断力にと難しくはなってたかな。ちょいと疲れた。


          【Jack knife(ジャックナイフ)】(初プレイ)
          2人でプレイしたので、人質カード、ナイフカード1〜3を2枚ずつが手札になります。
          ゲームの流れとしましては攻撃側、防御側に分かれまして防御側はカードを3枚伏せて、攻撃側はカードを1枚表向きにプレイします。
          攻撃側は、カードに描かれていますナイフの数だけ伏せてあるカードを順番に表向きにしていき、ナイフカードなら得点。人質カードなら逆に得点されてしまい、攻撃は終了します。
          もし、伏せてあるカードのうちに2枚の人質カードがあると思ったら「ジャックナイフ」宣言をして見事に当てれば得点を獲得できます。3〜4人プレイ時ならまた違いますね。

          何回攻撃するのか、どこから攻撃するのか、はたまたジャックナイフ宣言かにと神経を研ぎ澄ませて楽しんだら良いかなぁ。
          遊んでみて、ハマり出すと疑心暗鬼と奪われたナイフから勝ち筋が消えていくような気はしたかな。


          帰る前にボードゲーム棚の写真を撮りまして、最近店で買われた大箱はいくつか遊べてないのがあるなぁって思いました。
          たぶん7割ぐらいは遊んでるはずやけど、遊べるだけ遊びたいよなぁ。



          ドリンクメニューやフードメニューにとどれもオススメです。
          ドリンクもほぼ飲みましたけど、また久しぶりに色々飲んでみようかな。


          また、お店のほうでご一緒しましたらよろしくお願いしますね(* ̄∇ ̄)ノ
          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          予想と推理は破綻するもの。経済は破産するもの。
          0

            6月9日(日) 13時〜22時

            京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。

            この日は、ゲームマーケットで購入しましたボードゲームを持ち込みまして、開店時間から閉店時間付近まで楽しみました。


            【エレベータ前で】

            4人でのプレイは初めてでした。

            4人やとエレベータ前が混むこと混むこと、全員が自分の色の人物カードがカフェに行くのを阻止したいから、カードをプレイしてからの山札から手札に加えるカードを自分の色のカードを引きがちになる。

            そうしてるうちに自分がカードをプレイした際にカフェに行くことになるんだよなぁ。

            あまり目立った動きはしないようにスッと良い位置に並ぶことをしたいですが、毎ラウンド大混雑していましたエレベータ前でした。


            【ナショナルエコノミーグローリー】(初プレイ)

            ナショナルエコノミーの三作目。ゲームのプレイ感、内容はナショナルエコノミーを遊んだことがあるなら問題なく遊びやすい。

            今回は機械人形って、労働者になるけど賃金が発生しないワーカーを建設できたりすす。

            お馴染みのバナナの消費財のほう、今回はあんな感じにしたのかぁ(*´ω`*)

            屈強な恐モテ労働者も健在で、4人で遊んだら盤面は熱いな。

            勝利点を集めておく意味が強い建物が多かったり、2人の労働者を同時に配置することで能力を発動する建物が登場したりにと、様々な勝ちに繋がる道筋があり楽しめました。

            4人だと労働者と機械人形とでワーカーが多くて1時間ぐらいのプレイ時間になったかな。

            序盤にもたついたので得点は伸ばせずでしたが、やはりまた遊びたくゲーム性でした。

            こちらは北の大地にありそうな・・・


            【お山の神さまご勘弁】(初プレイ)

            こちらは、5種類の動物チップが用意されていまして筒の中にすべて入れます。

            3ラウンド行いますが、1ラウンド毎に大まかに20枚前後を筒から振りだして裏表はそのままにしておき、3山作ります。

            手番になりましたら、1枚チップを選んで自分含めて誰かの前に置きます。

            チップには足跡か数字が書かれた面とあり、足跡は二種類書かれておりひっくり返すとどちらかの動物の数字が書かれています。

            チップが無くなるまで、みんなでチップを置き合いまして最後は全てを数字面にして、各動物ごとに数字合計が最多だったら、山の動物を狩りすぎたとして神さまに怒られて得点できません。

            チップを渡しまくれば確実にその人は得点できませんが、それは他のプレイヤーも同じ。ギリギリ得点できるかできないかも狙うのも大事です。

            得点したチップは持ち越しだから、狙われちゃうラウンドもあるから、あまり目立たないようにしたいね。

            ま〜じで、ご勘弁になったゲームでしたが予測が外れたチップの渡し合いが面白かったです。


            【銅と銀の交易者】(初プレイ)

            ロンデルって言われるシステムが採用されており、コマは基本的には時計回りに1歩しか動かせず止まったマスのアクションを行っていく。

            タイトル通り、資材は銅と銀しかなくこちらを集めて変換して得点にしていく。得点も伸ばすほどに色ごとに特色のある恩恵があります。

            序盤は少しずつな動きですが、アクションカードを獲得したりしていき、資源の交換をしやすくしたり、移動のコストに銅やカードを捨てて更に移動できるようにしたりにと、すべては最終的な目的のために活用していく。

            同じマスには止まれないので、誰がどのマスに止まりたいかカードが欲しいのかを感じたり予測しながらコマを進め合う。

            コマは飛び越したりできるから、結構移動できて激しいよ。完成度高いなぁ。


            【くだものがたり】(初プレイ)

            くだものを集めてジャムを作ったり、出荷をしますくだものがたり。

            くだものは5種類ありまして、くだものには数字が書かれています。

            ゲーム12週(12ラウンド)しまして、そのうち4週はハチミツ集め、8週は収穫を行います。行うタイミングはプレイヤー同時に決めます。

            ラウンド開始時にくだものカードを2枚めくりまして、そのくだものと数字を確認した上で収穫に行くか、ハチミツ集めをするかを決めたら、同時にグーかパーで意思表示をします。

            収穫したなら、紙にくだものを記入します。記入した際に隣接して同じくだものだったり、なおかつ同じ数字だったりした分だけジャムを作れます。

            ハチミツ集めは、くだものを収穫しにいった人数分だけハチミツを集められますよ。

            こちらを12週しましたら、次は出荷をします。出てきましたくだものカードをよく混ぜてから、1枚ずつ公開していき収穫していたくだものと同じくだものカードが公開されましたら、出荷をしてもよい。

            しかし、出荷は8回しかできないのであまり数字の小さなくだものを出荷してばかりだと得点は伸びませんが、待ちすぎて公開されないこともありますよ。

            今回はジャム作りが下手で逆転できずでした。

            4人以上で遊ぶ紙ペンゲームでみんなで盛り上がる要素が多くて良かったです。

            今度は5人以上で遊んでみたいね。


            【三津浜】(初プレイ)

            こちらは競りゲーム。

            ダイスを振り、その色に対応した魚を競売にかけます。

            ダイスは組み合わせて競りにかけることは可能ですが、ダイスの出目合計は9以下にしなくてはいけません。

            競りは公開競りで、落札者が提示した金額に対して出品者が買い取りしてもよいです。

            はじめはできませんが、落札して手に入れました魚は一匹1000円の価値となり支払いの際に好きに代用しても構いません。

            お金はそのまま受け取り、魚も支払われた魚の数だけ自分の創庫に貯まります。限界を超えて支払われたら廃棄することになるので、支払われ損になるので倉庫管理は大切ですね。

            魚を獲得したプレイヤーだけは、魚を魚屋さんに卸すことができゲーム終了時に大金を手に入れることができます。

            ダイスの出目や組み合わせ、誰がどの魚を欲しいかを確認しながら競りにかけて儲けます三津浜でした。

            どの魚を支払うかが考えながらだと忘れやすいので、チップで代用したりしていました。


            【ジンバブエトリック】(初プレイ)

            3人でプレイ。ビットして予想を的中させるほどに得点を獲得できますトリックテイキングゲーム。

            カードは1〜10までの数字カードがありまして、1は1枚、2は2枚と数字と枚数は同じです。

            カードをよく混ぜて12枚配りまして、カードを確認してから何回勝てるかを予想します。

            ゲームはマストフォローのトリックテイキングゲームで、一番始めに出された数字カードと同じカードを持っているならプレイしなくてはいけません。切り札はなく、同じ数字なら後出しのプレイヤーが勝ちになります。

            勝ちましたらキューブで何回勝ったかを分かりやすくしておき、プレイしたカードはそのままにしておきます。

            次にカードをプレイした際には、カードの数字が見えるように重ねていき、桁がドンドンと上がっていき、数字の高いプレイヤーが勝ちになっていきますよ。

            気づいたら億とか超えてますジンバブエトリック。

            予想を当てても最多トリック獲得者は破産して0点になるので、破産しないようにしましょうね。

            ボクは3ラウンドして3回破産しましたよ。・゜゜(ノД`)


            【ウリカイ】

            初プレイなんですが、遊んだ3人ともルールを読みながらとネットで公開された補足も見ながらも「う〜ん。」ってなり、今回は断念。


            【パール】

            真珠を集めてのネックレス作り。真珠を集めるにも手札の枚数にはご注意を。

            同じ真珠を集めて得点化にするとボーナスのネックレスが獲得できますが、ネックレスは早いもの勝ちなので、無くなっていたら獲得はできません。

            真珠集めに夢中になると、得点化できなかった真珠はマイナス点になりますので集めるのと得点化はバランス良くしないとね。


            【L.A.M.A(ラマ)】

            手札を無くしてマイナスポイントを減らしたり、時にはあとのことを考えて降りてのマイナスポイントを獲得したりにと、ポイントマネジメントが大切なラマ。

            今回は、マイナス40ポイントにぴったり到達してダメでした。降りたく無いんだよなぁ(ダメ)


            【まじかるパティスリー】(初プレイ)

            まじかるシリーズ。今回は推理とブラフゲーム。

            パティスリーに勤めるプレイヤーたちは、なぜか担当して作っているSweetSが分からないまま、SweetS作りをしています。

            作るだけなら簡単なんですが、マエストロと同じSweetSを作っていたら怒られちゃうから、まぁ理不尽なお店だことで。

            ゲームのほうは、魔法フェイズとお菓子作りフェイズとありまして、魔法フェイズでは魔法を使って他プレイヤーの邪魔をしちゃうよ。

            お菓子作りフェイズでは、お菓子カードを1枚プレイしていく。

            お菓子カードには、様々なSweetSが描かれていまして、自分の担当ならプラス2点、他のプレイヤーの担当ならプラス1点、マエストロ担当ならマイナス2点になります。

            それを出されたお菓子カードを見ながら推理していくわけです。

            1ラウンド目は良かったのですが、2ラウンド〜3ラウンド目はマエストロが、やたら僕の作るSweetSを作って怒ってくるので、マエストロをクビにしてゲーム終了です。相変わらず、理不尽を楽しませてくれるシリーズだぜ。


            【四季折折】(初プレイ)

            四季を感じるを和菓子を重箱に並べて作りますゲーム。ただし、並べてくれるのは自分以外のプレイヤーがします。

            こちらのゲームは、最終的には得点が一番低いプレイヤーが勝ちます譲合いのゲーム。

            「このお菓子があると見た目もよろしいやろ。」

            「こちら、季節を感じますお菓子もどうです?」

            とか言いながら、他プレイヤーの重箱を彩りある四季を感じるように仕上げました。

            良くも悪くも日本人らしいゲームだね。


            この日は、これだけたくさんのゲームを一緒にルールを確認しながら楽しみました。

            遅くまでありがとうございました。

            また、ご一緒しましたらよろしくお願いします。

            ボードラン京都も6月1日〜8月31日までしていますので、よかったら参加してみて下さいね(*´ω`*)

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |