SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
クーペレイション
0
    【タイトル】クーペレイション
    【プレイ人数】2人〜4人
    【年齢】8歳〜
    【プレイ時間】約15分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★★☆☆


    今回紹介しますゲームは、フダコマゲームズさんの【クーペレイション】です。
    こちらは協力型ゲームになっていまして、全員で共通の目標を達成するこを目指します。達成できましたら全員の勝利となり、達成できなければ全員の敗北になります。

    ゲームで使用しますのは、グラスカード、フィニッシュカード、サマリーです。
    グラスの裏は、ワインやシャンパンでも入っているようなデザインになっており、表は飲んで数字が出たかのようなデザインです。

    ゲームの準備としましては、1、25、50のグラスカードを予めに除いて、残りのグラスカードをよく混ぜて、各プレイヤーに3枚ずつ手札として配ります。
    手札は他のプレイヤーには見えないようにします。
    次に1、50にプレイヤー人数に応じた複数枚の配られなかったグラスカードを加えて表向きに並べます。
    こちらはリザーブと呼ばれる場所になります。
    25のグラスカードは、リザーブからカード7枚分ほど離して表向きに配置します。

    残りのグラスカードは、束と呼ばれましておおまかに2つにわけ、1つにフィニッシュカードを混ぜてシャッフルします。
    シャッフルしましたら、もう1つの束に裏向きで重ねて山札として下さい。
    最後に山札またはリザーブの近くに捨て札置き場のスペースを用意しましたら準備完了です。

    ゲームの目標(流れ)としましては、プレイヤー全員で7段のピラミッド状にカードを並べきることです。
    一番下の段には7枚のカードが並びまして、一段上がるごとに並びますカードは1枚ずつ減ります。最上段にはフィニッシュカードしか配置できませんので、注意して下さい。
    ※フィニッシュカードを使用しないヴァリアントルールですと、最上段のカード配置はフィニッシュカード以外も可能になります。

    ゲーム開始時にプレイヤー全員で、誰がスタートプレイヤーになるかを話し合い、スタートプレイヤーを決めます。
    その際や、ゲーム中に各プレイヤーは手札の内容を教えたり、カードの配置場所、配置したいして欲しいカードの内容等を互いに意思や情報を伝えるのは禁止されています。
    ゲームは、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていき、手番になりましたら順番に3つの行動をします。手番のパスはできません。

    手番になりましたら、まずは「カードのドロー」を行います。
    スタートプレイヤーは、山札からカードを1枚引きますが、以降の手番プレイヤーは、前手番のプレイヤーがタワーに配置または公開したカードに応じて、山札からカードを引いていくことになります。
    カードには、マークが記載されていますのでマークが◇なら1枚、◇◇なら2枚引きます。
    ハートのマークなら、下に並びますカードのマークに応じた枚数になります。ハートとハートなら0になるので気をつけて下さい。

    裏向きにカードが配置されることもありますが、その際には手札が2枚になるようにカードを引けます。
    手札が2枚以上なら引けません。
    途中でフィニッシュカードを引きましたら、みんなに公開して手元に置いて、追加でカードを1枚引きます。
    手元にありますフィニッシュカードは、手札枚数には数えません。
    山札が切れたら、カードを引くことはなくなります。

    次に「カードの配置、または公開」を行います。
    カードの配置の仕方なんですが、カードに記載されている数字が左から右に昇順に並ぶように、配置済みのカードの横に接して配置しないといけません。
    カードの配置は
    「手札からカードを表向きに配置する」
    「手札からカードを裏向きに配置する」
    「裏向きに配置してあるカードを表向きにする」
    「リザーブからカードを表向きに配置する」
    です。

    「手札からカードを表向きに配置する」では、手札からカードを1枚選びまして配置します。


    「手札からカードを裏向きに配置する」では、手札からカードを1枚選びまして裏向きに配置します。裏向きのカードは、カードの配置ルールに矛盾しない整数の数字カードになります。
    フィニッシュカードは、裏向きに配置できませんので、配置しないようにね。

    「裏向きに配置してあるカードを表向きにする」では、裏向きに配置してあるカードを位置を変えずに表向きにします。
    表向きにしまして、カードがルールに矛盾して配置されているなら、ゲームは即終了しまして、プレイヤー全員の敗北になりますので、慎重に表向きにしましょう。

    「リザーブからカードを表向きに配置する」では、手札からカードを2枚選びまして、リザーブにありますカードから選びました2枚のカードの合計または差分と等しい数字カードをタワーに配置できます。
    その際に追加で裏向きにカードを捨て札にすることで、その枚数分だけプラスマイナスの修正をできますよ。



    裏向きにタワーに配置してあるカードは、リザーブからカードを配置しての差し替え以外では差し替えができませんので、気をつけて下さい。
    差し替えましたカードは、他プレイヤーには見られないように手札に加えて下さい。



    上記のどれかをしましたら、手番終了時に手札枚数は3枚、リザーブ枚数もプレイヤー人数に応じた枚数にして手番が移ります。
    手札から捨てるカード、リザーブから捨てるカードの相談はしてはいけません。

    ゲームは、グラスカードがタワーの最上段以外がすべて表向きになりました状態でフィニッシュカードを配置できましたら全員の勝利です。
    それ以外は、全員の敗北となりますよ。



    シャンパンタワーを積み上げていきますクーペレイション。協力ゲームですが、相談はできなくてカードの配置の仕方によっては自分も味方も苦しめることになります。
    裏向きに配置して、その場を乗り切ることもできますが、裏向きのカードはリザーブからしか上書きすることができませんので、裏向きばかりだと厳しくなっていきます。
    タワーが積み上がるごとにカードとカードの間は狭くなっていきますし、最後に25のフィニッシュカードを置くためには、それを踏まえた上での配置が必要です。
    どのカードが残っているのか、捨てるカードはこれでいいのかと相談はできませんが、行動による意思表示、伝達がうまくいった時には嬉しくなりますね。
    失敗してもすぐに「もう一回。」と成功するまで遊びたくゲームです。
    サマリーも用意されていますが、説明書に追記で詳しく書かれていることもありますので、はじめに確認されてから遊んでみて下さいね(*´ω`*)
    さぁ、ゲームが終わる頃にはキレイなタワーが出来上がるかな?出来上がったら、成功を乾杯して下さい。



    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    先に動いた方が有利とは限らない
    0
      4月17日(水) 18時〜20時半
      京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
      この日は、こちらのゲームを楽しみました(・ω・)ノ

      【トークンコレクション】
      6色のトークンがありまして、手番プレイヤーに手番外のプレイヤーはトークンを1つ選んで渡して置いて貰う。置いたら手番を交代する。順番に置いていき、先に縦、横、斜めのいずれかで異なる色のトークンが4個になるように置いたプレイヤーの勝ちになります。
      いろんなカタチのトークンがありまして、見ているだけでも楽しいですが、ついつい色を見落として相手に渡しちゃいけない色を渡しちゃうこともあったりしますね。
      久しぶりに持ち込んで遊びましたが、初プレイの二人とも気に入って下さいました(*´ω`*)






      【レースギャロッポ】(初プレイ)
      お馬のレースゲーム。馬もジョッキーも木駒でしっかりとした作りですね。


      ゲームの流れとしましては、担当する色を決めましたら、その色の1〜6の数字カードを受け取ります。
      受け取りましたら、全員が1枚を選んで伏せたら表向きにします。
      馬は数字のまま進むのですが、先に進むのは小さい数字を出したプレイヤーの馬からです。
      途中にある障害物で止まると先程いたマスに戻るし、後からきた馬に同じマスに止まられると後退させられますよ。
      カードはすべて使いきると手元に戻ります。他のプレイヤーがどの数字カードをプレイしておくことは、レースを有利に進めるために大事なことです。
      二人やとのんびりしたレースになりましたね。


      なので、追加でNPCを2人参入。
      カードをランダムにシャッフルして山札にし、一番上のカードをめくり進ませます。
      これにより擬似的に4人レースにしました。相手もですが、NPC2人の予測ができないのでレースが荒れて面白い。

      最後まで接戦でしたが、ゴール前で足を残しておいて頭1つ抜けて勝ちましたv(・∀・*)
      たまにはヴァリアントルール(ハウスルール)もありですね。
      今度は4人とかで遊びたい(* ̄∇ ̄)ノ



      【ビッグポイント】
      2人でプレイしました。プレイヤー駒はなく、手番では好きな色の駒を動かして、動かして止まった前後どちらかのディスク1個を獲得します。
      順番に駒を動かしていき、すべての駒がゴールしたらゲームは終了。ゲーム終了時に、ゴールをした順位に応じて獲得しましたディスク1個あたりの得点が決まります。集める色を偏らせて、大量得点になるのか、もしくは0点になるかもしれないですが、勝負は一手、一歩の違いで決まりますね。




      表彰台があるゲームも珍しいですね。
      特殊なルールもなく分かりやすいので、いろんな方と遊びやすく好きなゲームです(*´∇`*)


      この日は、このあとでお店に置いてあります漫画を少し読んでから帰りました。
      また、ご一緒しましたらよろしくお願いします。
      | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
      第144回賽翁木曜ボードゲーム会〜英単語や単文は、少しでも覚えてると違うぞ〜
      0

        4月18日(木) 14時〜22時半

        大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました。

        この日は冷たいほうじ茶を飲みながら、りくろーおじさんのチーズケーキを頂きました(*´∀`)♪

        19時からは、木曜ボードゲーム会でしたがそれまでにもいくつかゲームを遊びました。


        【BOWLING】

        3人で遊びました。ルール説明をしましたら「ホンマにまんま、ボーリングやな。」って言われましたが「ストライク出ない・゜・(つД`)・゜・」ってなりながら、みんなで楽しみました。スペアは出るんやけどなぁ。挑戦者求むヽ(´▽`)/


        【CRyPTID】

        3人で未確認生物を探しに行きました。建造物が少ない配置でしたが、考え方を違う方向にしちゃうと悩みの泥沼にハマりますね。時間の関係でこの3人では、一回だけでしたが初プレイの2人は楽しまれていました(*・∀・*)ノ

        あとで他の初プレイ2人とも遊ぶまして、このゲームを遊んで一番探しました・・・。


        【KERO】(初プレイ)

        2人用のダイスゲーム。

        ダイスによりカードを獲得したり、自分の仲間を派遣したりして、タイルのマジョリティ争いをしたりします。

        ダイスは基本的には白いダイス5個しか振れませんが、燃料チップを1個支払う度に特殊なダイスを1個追加で振ることも可能です。

        ダイスの振り直しは、いくらでもできますが燃料タンク(砂時計)が無くなるまでで、無くなると爆発するので無くなる前には止めたいところです。

        燃料は補充するまでは回復しませんから、あまりに時間をかけていると次以降が厳しくなりますよ。

        ダイスを振っていて、特殊なダイスもですし白いダイスにも炎の出目があり、その出目が出ると脇に避けておかなくてはいけません。その手番中には使えなくなるので、出ないことを祈りたいです。

        手番は交互に行っていきまして、ラウンド終了のカードがめくれましたら、土地争いの結果を確認しましてタイルを獲得します。ラウンド終了のカードは、山札を三分割にして3枚入れてますが続けて出てくることもあり、そこらへんの予測や運もありますね。

        ダイスを急いで振りながらも獲得しましたカードの効果、部族の手助けを受けてゲーム終了時に相手より高い得点を獲得していきますが、ダイスによってはどうにもならないこともあるので、それも受け入れられるなら楽しめますね(*´∀`)♪

        いい勝負してたのに、第2ラウンドで土地をすべて獲得されたのがすべてじゃった・゜・(つД`)・゜・

        2人用ではかなり、豪華なコンポーネントですし遊べてよかったなぁ。


        ここからはゲーム会で遊んだゲーム

        【Spirits of the Forest】(初プレイ)

        4人で遊びました。全員初プレイかな。

        ゲームとしましては、いろんな種類のタイルを獲得していき、ゲーム終了時に集めましたタイルのマークの種類ごとに他プレイヤーとマークのシンボル数を比べ合いまして、最多なら集めたのシンボル数が得点になります。最多以外のプレイヤーは0点、1枚も獲得していないプレイヤーは、マイナス3点です。

        すべてのマークごとに比べ合いましたら、合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        ゲームの流れとしましては、ランダムに配置され並べられましたタイルを手番になりましたら、一種類を選びまして同じタイルなら2枚まで獲得できます。

        獲得条件は、タイルの長辺が外側にあること。なので右端、左端、両端からしか獲得できません。また、タイルにはシンボルマークがありまして、マークが1つ、別々のマークが1つずつなら同じ種類のタイルを獲得できますが、同じマークが2つありますタイルは、そのタイルを獲得しましたら手番終了になります。

        タイルを獲得しました際には、好きなタイルの上にコマを配置して予約ができますが、必ずしも自分が獲得出きるわけではなく、他プレイヤーが獲得しにくくなるだけです。他プレイヤーのコマがあるタイルを獲得するなら、自分のコマをゲームから取り除くことで獲得ができます。

        タイルにありましたコマは、そのプレイヤーの手元に戻りますよ。

        運要素はありませんので、他プレイヤーの手番時に行動を制限、選択肢を少なくしていく感じですかね。

        一応、獲得しましたタイルは公開情報なので誰がどのマークを獲得しているかは確認できますが、すべてはうまくいきませんね。

        パッケージのイラストに魅せられて遊びましたが、なかなか考えさせられますゲームでした。


        【ビッグポイント】

        4人でプレイ。海外の方にルールを説明することになりましたが、伝わっているようないないようなで、久しぶりに説明で少しテンパりましたよ。

        ゲーム開始時に知り合いの方が英語版のルールを箱から取り出されて渡されたので、この方法が一番無難だったなぁ。日本語も全く分からないとかではなかったので、久しぶりにルール説明の仕方を考えさせられました。英語が話せたら一番問題無かったんやろうけどね・゜・(つД`)・゜・

        ゲームのほうは、楽しんで下さったみたいやしよかったかな。


        【4人じゃたりない!妖精パーティー】(初プレイ)

        カードのイラストが可愛らしくて色違いですね。カードは0、1、1、2、3の数字カードを各プレイヤーは受け取ります。

        ゲームの目的としましては、15点以上得点を集めることを目指します。

        流れとしましては、手番になりましたら手札からカードを1枚伏せて、好きな列に配置するか、チャレンジします。

        チャレンジは、列を1つ選びまして、その列に配置されているカードの数字の合計が5以上だと思うならチャレンジします。

        チャレンジしましたら、選びました列のカードを配置されているカードの順番は入れ替えずにそのプレイヤーだけが数字合計を確認します。見事5以上ならチャレンジ成功でその列にあります得点チップをすべて獲得します。

        また、成功時には5以上になるように貢献していましたカードを配置していましたプレイヤーは、数字合計が1位なら1点、2位なら2点獲得します。3位以下は0点です。

        失敗しました時には、カードをそっと戻しまして一番最後にカードを配置しているプレイヤーにチップを1枚渡さないといけません。最後が自分なら共通ストックに戻しますよ。

        チャレンジが成功した列以外には、チップが加算されていきますし、どのタイミングでどの列でチャレンジするかが悩ましいですし、0や1のカードがどこに配置されているかの心理戦、ブラフと分かりやすかったですね。

        結局、一回もチャレンジしてなかったから勝てるわけなかったや(/≧◇≦\)


        【ラミィキューブ】

        タイマー無しで二戦しましたね。

        説明書に英語のルールがあるのって、とても大事なことなんだね。ラミーを遊ばれていたので、はじめに30以上になるように場に出すことを理解されたら大丈夫でしたね。

        何回も遊んでるメンバーだと不用意に1枚だけ出したりはしないよねぇ。

        相変わらず、自分の手番前に一気に状況が変化してからの頭の中でパズルを組み立てるのをしっかりとしないとダメだなぁ。もっと定期的に遊びたいよなぁ。

        繋がりそうで繋がらない時のパス(タイル補充)が、裏目でした。

        終わってから「頭が痛い(使う)は、英語だとどう言うんですか?」と聞かれて、みんなで考えたけど、いい答えだったかは不明。


        ゲーム会前やゲーム会にと初プレイゲームに久しぶりのゲームにと楽しみました。

        英語での説明も流暢にできるといいなぁ・・・いいなぁ・・・。とても、いい経験でした。

        一緒に遊んで頂きまして、ありがとうございました。また、ご一緒しましたらよろしくお願いします(・ω・)ノ

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        deli cafeはなさん二周年
        0
          4月18日(木) 12時〜13時
          兵庫県西宮市にありますdeli cafeはなさんに行ってきました。
          阪神武庫川駅から徒歩5分のところにありますよ(・ω・)ノ
          deli cafeはなさんは、4月11日に開店されてから二周年。地元の方もですし、通われる方もいるぐらいに親しまていますお店ですよ(*´ω`*)

          この日に頂きました、はな定食の惣菜はラム肉のトマト煮、きんぴらごぼう、マカロニサラダにと日替わりでは変わりますので、毎日食べに来てもいろんな料理が美味しく頂けますよ(*´ω`*)
          お味がお優しいので、食べ終わってから「もう一回頼んでも食べられのでは(≧▽≦)??」となります。
          写真を撮らせて頂いてから気づいたら食べ終わっていました(^q^)


          昼食時間でしたが、少しずつ人が増える前に店内のお写真を撮らせて頂きました。
          テーブル数は増えたりとかはありませんが


          ボードゲーム棚は、私が知っています棚の3倍ぐらいの大きさにはなっていますので、ボードゲームの数も増えていましたね(@ ̄□ ̄@;)!!



          お総菜やお弁当のテイクアウトもできますので、次に行く場所に持っていくのにカレーライスのほうをテイクアウトしました。
          頼まれた方のは、ラム肉のトマト煮、きんぴらごぼうでした。


          イベントで、deli cafeはなごいた会等されたりしていますので、食事以外でもイベントでも是非お店に行ってみて下さいね。
          美味しい食事が、あなたの胃袋をお待ちしていますよ(・∀・)ノ

          改めまして、二周年おめでとうございます(*≧∀≦*)

          deli cafe はな
          【営業時間】
          11時〜20時

          【定休日】
          火曜日
          ※臨時休業等ありますので、行かれます際にはご確認下さい。

          【住所】
          兵庫県西宮市小松東町3-9-18

          【電話】
          0798-81-5259

          阪神武庫川駅西改札口より徒歩5分
          自転車・バイク駐輪可能
          | ボードゲーム | 13:00 | comments(0) | - | - |
          均衡が崩れたら決着はすぐ
          0
            4月15日(月)
            京都市右京区西院にありますゲームショップブリックスさんに行ってきました。
            お店到着しまして、しばらくはカードゲームの大会とかもされていましたので、ゆっくりとしていました。
            ゆっくりするにもお腹が減ったり、喉は渇きますのでポテトフライにチキンナゲットと頼んで頂いていました。


            しばらくしてから、少しだけボードゲームをしたかな。
            【OHANAMI(お花見)】
            二人だとはじめに配られたカードと配置の仕方で少しだけ流れは決まるかな。毎回、2枚選んで手札を交換するので、なんとなくはまたこっちに戻ってくるようなカードは分かるかな。オススメは3人〜4人な気はするなぁ。



            【FILLIT】
            2人で2回、3人で1回遊びました。
            1回目は、相手の方が初プレイで流れや動きは手探りで気づいたらこちらが勝っていましたが、2回目は初期配置も変えて遊びましたら「とりあえず、相手のチップが0にならないようにしたらよい」と言われて、少しずつこちらのチップを戻すようなプレイをされました。
            最後は防ぎ切れない配置となりダメでしたね。
            「面白いけど、頭使う(* ̄∇ ̄)」と言われていました。







            3人でははじめてでしたが、これはヒドイ(;゜∇゜)


            そのあとは、チップを返し返されをしたりしていましたが、3人は2人の思考までは考え切れないのと、抑える手番を間違えると防げない。三すくみは、均衡が崩れたらすぐやな。



            ブリックスさんにもいろんな貸し出しボードゲームや販売ボードゲーム等ありますので、よかったら行ってみて下さいね。
            お会いしましたら、よろしくお願いします(*´∀`*)
            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |