SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
うらまこのボドゲあれこれ
0
    いつも、うらまこのボドゲあれこれを閲覧して頂きましてありがとうございます。
    サイト側の変更か以前の記事からだと直接ブログにアクセスできないようになっているようです( ;∀;)
    よろしければ、こちらのページをブックマークして頂けますと嬉しいです。
    今後もうらまこのボドゲあれこれをよろしくお願いしますm(__)m

    うらまこのボドゲあれこれ
    | ボードゲーム | 10:00 | comments(0) | - | - |
    3D ゲームは、また違った能力が必要かな?
    0

      9月13日(金) 16時〜18時

      京都市中京区新京極にありますボードゲームカフェミープル(cafe MEEPLE)さんに行ってきました。

      最近行けてなかったので、久しぶりですね。

      店内は、今でもたくさんのボードゲームが置いてありますがあまり遊ばれたりしていなかったボードゲームは、少し奥にされたとのことで、棚を整理されていました。

      ボードで2人用ゲーム、パーティーゲームにとどこに何があるかを分かりやすくされていて、客側に店側も探しやすくなっていました。

      さいころ倶楽部の色紙が羨ましい(*´ω`*)

      写真も撮り終わりまして、ミープルさんに来たら必ず飲みますスムージーを頼んで飲みました。

      この日はミックススムージーを頂く。日によってスムージーの種類が違うので、たまにレアなスムージーがある日もある。


      落ち着いてからは、こちらのゲームを遊びました。

      【ルミス】(初プレイ)

      2人か4人でのプレイ人数のルミス。

      こちらは赤か黄色の炎を担当して、炎を配置していき対岸で繋げ合うことができたら勝ちってゲーム。

      ゲームの流れとしては、手番では3つのアクションの中から1つを選んでアクションを行います。

      「カードをプレイして炎を配置していく。」

      「カードをプレイして塔を建設する。」

      「カードを補充する。」

      のどれかです。

      炎を配置する際には一気に塔と塔が繋がるように配置しないといけなくて、そのために1マスごとに色と同じカードをプレイしなくてはいけません。

      塔を建設するには、少し大きなマスと同じ色のカードを1枚以上プレイして自分だけの塔を建設することができます。

      塔に関しましては現在建設してある塔より高い塔、つまりはプレイ枚数の多い塔であれば相手の塔を自分の塔にすることも可能です。

      ただし、塔と塔が炎で繋がって塔に関してはもう奪うことはできません。

      カードの補充は、場にあります数字が描かれているカードを選んでひっくり返すことで、その数字分だけカードを補充できます。裏表で合計5になるようにはなっています。

      手札の上限は15枚までなので、それを越えるように引くことはできません。

      交互に手番を行って、どちらかが炎を繋げきれば勝ちになります。

      カードをプレイして繋げるのか塔の建設か、補充する枚数はどうするのか?にと、毎手番相手の様子も見ながら手番を行っていく。カードの引き、残りカード枚数からどのような確率で欲しいカードを引けるか繋げられるかにと考えるの楽しい。

      4人だとカードの受け渡しもできるので、また違う戦略で楽しめそう。

      遊びたかったので遊べて嬉しいですね(*^-^*)


      【ウボンゴ3D】(初プレイ)

      指定されたブロックを使用して、高さ2段以内に指定のマスに収める。

      ウボンゴと違って立体で答えが1つしかなさそうなお題ばかり。解答まで用意されているから、作ったデザイナー側も「難しいですよ(。-∀-)ニヤリ」と言ってるかのようだ。頭がプスプスっとしながら遊んだぜ・・・。


      【ブロックス3D】(初プレイ)

      ブロックス3Dはなかなかお目にかかれないレアゲームじゃないかな。

      ゲームとしては、お互いに同じ種類と数のブロックを所持していて、交互に配置していく。1番はじめだけは平面に配置して、以降は自分のブロックの面に1辺はくっつくように配置していく。相手のブロックにくっついたり上に乗るようにしてもよい。

      ゲーム毎にエリアが違い、そのエリアに応じてブロックを乗せられる高さ制限があるので、超えないようにお互いに配置していく必要があります。

      お互いにすべてのブロックを配置するか配置出来なくなったらゲーム終了。

      ゲーム終了時に、上から見える自分のブロックのマスの数が得点で、配置できなかったブロックは1個1点のマイナスですね。

      立体性になるとこうも違うのかってなり、下手に配置すると乗られてしまうけど、多少主張しないと配置場所が無くなる。

      3人〜4人やと争いが激しくなりそうやけど、2人が良さそう?

      ブロックスシリーズはどれも面白いなぁ。


      【ポイントサラダ】

      3人でプレイ。2回遊んで得点の高くなるポイントカードを獲得するが、同時にマイナスになるポイントでもある。

      他の2人はまた違うポイントカードを獲得する。それぞれ、得点が高くなるように野菜カードかポイントカードを獲得していき、合計得点の比べ合い。分かりやすさがいい。

      2回遊んで、10点差以内での決着。

      初プレイの2人とも楽しんでくれました。


      2時間程でしたが、久しぶりのミープルさんでのボードゲームを楽しみました。

      ご一緒して頂きましてありがとうございました。また、お会いしましたらよろしくお願いします(*´∀`*)

      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      9月13日にオープンしました「KyotoKiss」ボドゲスペースさんに行ってきました。
      0

        9月13日(金) 14時〜15時半

        京都阪急河原町駅9番出口から徒歩1分のところにあります「KyotoKiss」ボドゲスペースさんに行ってきました。

        こちらは普段はレンタルスペースとして使用できますお店で、この日からは金曜〜日曜は14時〜 時でボードゲームスペースとしてオープンされました。

        ボードゲームのラインナップは、これからどうしていこうか考えられているところです。お店に訪れます客層によって合う合わないとかあるから悩ましいところでもありますね。

        1階のテーブルはこんな感じでした。

        2階のほうは、また今度行った時に撮らせて頂こうかな。

        プレイ料金の方は1時間600円で、10分100円かな。

        はじめの着席時と2時間毎にワンドリンクサービスでお酒もオーケーみたいです。

        もちろん追加で頼んでも大丈夫です。

        飲食の持ち込みやボードゲームの持ち込みも大丈夫とのことです。

        久しぶりにウィスキーロック(o≧▽゜)o

        お店をオープンされました経緯やオープンされた心境やらお話しを聞かせて頂いたりしました。ボードゲームを楽しみ始めたきっかけとかなかなか聞かないから聞けるのは良い(*´ω`*)

        人通りもあって駅近ですし、オープン開始から遊んでいる様子を気にしてチラ見して行く通行人も多かったので、ふらっと入店する方も多そうですね。


        しばらくしてから、帰るまでにこちらのゲームを遊んでいきました。

        【ガイスター】

        最近は集まることが多いから2人用ゲームは遊び機会が減ってるけど、勝負しているのは目の前にいるって分かりやすい。

        はじめまして同士だと「(あれは赤か?いや、青かな・・・。)」と悩みながらおばけを捕まえたりする。

        これが違うなら脱出されてしまうし止めなきゃやら考えちゃうね。

        1回目は赤いおばけを4個獲得して負け。・゜゜(ノД`)

        2回目は、早めに赤のおばけを3個獲得してもらい残りのおばけを取りににくくできた。まぁ、最後にはお互いにリーチになったんですけどね。

        最後は警戒させながら脱出口まで動かしました。ギリギリの勝負になると一手で決まるし面白いねd(^-^)


        【ブロックス】

        2人でするブロックスは久しぶり?かも。

        2色を使用して交互に別の色のブロックを配置していく。赤と青がボクです(*´∀`)ノ

        はじめは中央を目指していき、ぶつかりあったところで陣取りじゃι(`ロ´)ノ

        1色ずつ確実にスペースを狭めていき、配置できないようにする。シンプルなルールだが分かりやすい盤面だ。


        【ワードバスケット】

        グループで来店されたので一緒に遊びました。ワードバスケットは、久しぶりだなぁ。1枚1枚、程よい時間でワードを宣言しながらカードをプレイしたのでほのぼの系ワードバスケットでした。

        リーチ後の4文字以上は、たまに出ない時あるよね。


        【ハゲタカのえじき】

        4人でもバッティングして、マイナス点を受け取ったりプラス点が取れなかったりとする。全員が11を出したりした時は「おぉ〜。」ってなりましたね。

        なんか最後まで15を残しちゃって、最後にバッティングしたのは痛かったなぁ。

        初プレイの方が楽しまれていたので、またどこかで遊んでもらえると嬉しいですね。


        【ソクラテスラ〜キメラティック偉人バトル〜】

        早い段階で神のパーツを揃えてカウンターされたり、力が足りず召喚できなかったりにと結構あっさりと決着。

        もっとフレーバーを楽しみたかったや。


        この日はここまで。オープンされましたお店に1番乗りでお話しにゲームにと楽しみました。

        金曜〜日曜限定ですが、駅近ですしお時間あります時にふらっと行ってみて下さい。

        これからどんなお店になっていくか楽しみです。

        ご一緒して頂きまして、ありがとうございました。また、お会いしましたらよろしくお願いします(*´∀`*)



        【ボドゲスペースとしての営業日】

        金曜〜日曜


        【営業時間】

        14時〜21時


        【住所】

        604-8042

        京都府京都市中京区中之町新京極通四条上る中之町565番地8

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        「無限の彼方へ、さぁ・・・。」と言いながらスペシャリストは宇宙へ旅立つ
        0

          9月7日(土) 13時〜19時

          京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。

          この日は遊ぶゲームをいくつか決めて集まった日でこちらのゲームを楽しみました。

          【タコツボ】

          メンバーが揃うまでに3回して全部負けた・・・。

          ドツボにハマってるやん。



          【ブルゴーニュ】

          3人でプレイ。初プレイの方に説明。

          マップは基本じゃないマップで遊びました。はじめに船タイルを獲得できず、ゲーム終了時まで3番手でのプレイを余儀無くされた・・・。ある意味では覚悟を決めての3番手だったけど、商品タイルを獲得できないのはキツかったかな。

          その分、タイルを配置してのエリア埋めボーナスやらで得点を稼ぐ。はじめに獲得できた建物タイル配置時のダイスの出目を調整できる技術タイルを配置できたので、建物タイルは労働者チップで出目を調整することなく配置出来たのは序盤は良かったかな。

          動物タイルやらも配置、エリア埋めで得点していけたけど、最終得点時の技術タイルによるタイルボーナスはほぼなく、最後は伸び悩んでしまったかな。

          1位と2位で30点ぐらいの差は開いてしまった・・・。

          2〜3人ぐらいがプレイ時間とか絡み合いの関係で楽しいかな。


          【ビッグショット】

          ここからは4人でプレイ。

          借金不可避の競りゲームで、初期資金は10M。1回目はマイナス10点で、9M借りられて2回目以降は8M →7M→6M→5Mと借りられる額は減っていく。

          ゲームとしては、各プレイヤー18個のキューブがあるのだが、これはゲーム開始前にすべて袋の中に入れられて、袋からランダムに4個1組で2色以上になるように一塊で取り出してボード上に配置していく。

          すべてのキューブが袋から取り出されたら準備完了でスタートプレイヤーがダイスを振ります。

          ダイスの出目の分だけコマを動かして、止まりました場所がこのラウンドで競るキューブになります。

          ダイスを振りました左隣のプレイヤーから入札していき、入札は1M以上多く入札しなくてはいけません。パスする場合はハードパスになります。

          1ラウンドにつき1回、借金ができますので借金だけしてパスもありかな。

          落札したプレイヤーは、入札したMを銀行に支払いキューブを好きなようにエリアに配置します。

          各エリアには最大7個までキューブは配置でき、7個配置されたエリアはマジョリティ争いが確定し、そのエリアで1番キューブを配置していたプレイヤーのエリア獲得が確定します。

          まぁ、バッティングシステムがありますので、3個・3個・1個ですと1個のキューブ配置プレイヤーがエリア獲得になりますよ。

          今回ははじめの方に競りで落札して、キューブをばら蒔きつつ、あとは競りに参加はして落札はしないでいき借金は1番少なくて済んだかな。

          競りの順番とキューブの組み合わせも最後は良かったし、最後に美味しく落札してキューブを配置できたや。

          4人やとまた思惑が交差して楽しめました。


          【トランスアメリカ&ニッポン】

          日本海戦術をしてみた。結果として負けてしまったのだが、途中で一手送らせる手があったのにしていなかったのが響いたから戦術では戦略で負けた。

          まわりが驚く手は狂気かもしれないが、勝てば官軍。

          2戦目は久しぶりに目的地に全達成。


          【スペースエクスプローラー】(初プレイ)

          スペシャリストを雇ったりして宇宙開発の研究を楽しもうぜってゲーム。

          カードはすべてユニークカードで、だいたいのカードには雇うと効果があるけど効果自体は難しくなく分かりやすい。

          目的としては、人材を雇うほどに研究が進んで良い人材を雇いやすくなったり、宇宙船を確保できたりします。

          手番では、場にあるスペシャリストか山札から1枚を手札に加えるか、手札か場にあるスペシャリストカードを1枚選んで雇うのどちらかをします。

          雇うコストは手札1枚使用するごとに付き2コスト好きに軽減でき、あとは手元にあります雇うのに必要なチップを左隣のプレイヤーに支払うことでコストを支払い雇えます。

          雇う際にすでに雇っているスペシャリストがいるなら、そのシンボル分だけコストを軽減して雇ったりできますよ。

          4人とも初プレイでだいたい20〜30分ぐらい。楽しかったので、もう1回ってなり2回プレイ。

          プレイ感的には宝石の煌きかな。

          欲しそうなスペシャリストは、簡単に確保できるけど雇うコストに使用したら場に戻るしで場の人材は目まぐるしく変化するのだ。

          他のプレイヤーが欲しそうなスペシャリストを確保したり、スペシャリストを雇いシンボルを揃えて獲得できる宇宙船を阻止出来たりにと、絡み合いとかもキチンとあって好きでした。

          これは日本語版とか和訳付とか見付けたら欲しいかも。


          【爆弾くんランナウェイ】

          4人で爆弾をバカンスに連れていくために、見張りから脱出させる。

          脱出させるにもリミットがあるので、それは超えないようにギリギリを狙ってかな。

          ブラフカードも入れての戦いで、そのカードで数字を調整して脱出させたりはできたかな。配られたカードの数字が大きいのばかりだと脱出は難しいけど、できたら得点はでかい。悪くは無いけど・・・。


          久しぶりに遊びましたブルゴーニュ、ビッグショットに楽しめましたし、初プレイのスペースエクスプローラーも面白かったかな。

          遊んで頂きまして、ありがとうございました。また、ご一緒しましたらよろしくお願いします(*´∀`*)

          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          食べたくない・・・でも、食べちゃう!!
          0

            9月6日(金) 18時〜20時

            京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。

            この日は、こちらのゲームを楽しみました(・ω・)ノ


            【爆弾くんランナウェイ】(初プレイ)

            爆弾を脱出させるゲーム。爆弾は5色あり毎ラウンド、脱出させるられる爆弾のリミットは色ごとに決まっています。

            爆弾カードをランダムに12枚ずつ配り、ラウンドでは1枚を選んで伏せて表向きに、次に2枚を選んで伏せて表向きにしたら脱出できるかを確認します。

            リミットカードに示されている色ごとにあります数字より全員の表向きにしたカード合計が数字以下なら脱出できます。その際に、一番合計数字が高いカードを出していたプレイヤーは表向きにサマーエリアにカードを配置し、他のプレイヤーは裏向きにカードを配置します。

            もし、数字合計がリミットを超えていたら一番合計数字が高いプレイヤーのカードは手札に戻り、それから再度リミットはどうかの確認をして同じようにカードを獲得していきます。

            5色すべてで確認と獲得処理が終わりましたらラウンドを終了して、新たなリミットカードを公開して同じ様にラウンドを繰り返していきます。

            誰かの手札がラウンド終了時に2枚以下になっていたら、ゲームは終了して表向きに獲得できたカードは数字がそのまま得点になり、裏向きに獲得したカードは1枚1点になり、合計得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

            リミットが小さい時や場合によったら0の時もあるけど、その際は爆発して諦め。

            そうならないように満遍なく脱出させたいけど、数字が高いカードは脱出させたい欲がでるからそうはいかないよねぇ。

            欲張りすぎて最下位だった・・・。


            【アートライン エルミタージュ美術部】(初プレイ)

            カードを隣接して配置していき、テーマを決めて合っているって思われたら賛同され、違うかなぁって思われたら否定される。賛同者が多ければカードは配置できるが、縦横2枚で隣接するカードのテーマに対して賛同されなければ、カードは減らず少し間延びしたかな。

            う〜ん。イラスト良いよね(o≧▽゜)o


            【MERCADO(メルカド)】(初プレイ)

            次にどのゲームを遊ぼうかなってボードゲーム棚を眺めていたら「あっ、メルカド遊んだことない気がする。」ってメルカドを発見。2人でルールを確認しながら遊びました。

            こちらのゲームは、袋に5種類各5枚のチップが入っていて、手番では3枚のチップを袋の中を見ないで取り出して場にあります高級品、香水、商人?のタイルに配置します。

            それぞれ必要なチップ枚数が描かれており、チップを配置し終わってから必要枚数を配置できているタイルの処理を行います。タイルには得点だったり、チップや特権タイルを獲得するといったこともあります。

            処理が終わりましたら、タイルの獲得に使用したチップは自分の人物タイルに配置しておきます。

            タイルを獲得出来なかったけど、タイルにチップを2番目に多く配置していたら褒章チップが獲得でき、こちらは使用したら手番で1回追加で2枚のチップを引けるチップです。

            得点するには商品等を獲得しないといけないとチップは溜まっていき、手番を使用して溜まったチップを袋に戻さないといけません。

            得点を動かした際に止まったマス目の効果が発動しますので、場合によっては得点 αの得点になったり、チップを獲得したり引きたくないチップを袋から取り除いたりできます。

            ゲームは、誰かがスタートラインを再び越えたらゲームを終了して得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

            最後の最後でダブルタイル獲得→追加の得点で一気に逆転されたぜ・・・。

            チップを袋から取り出す引き運、どのタイルに配置しようかにと悩み楽しいゲーム。

            今度は3人〜4人でも遊びたい。良いゲームに出会えました。


            【タコツボ】(初プレイ)

            2人用ゲームで、楽しいゲーム(*´ω`*)

            ゲームは、順番に駒を動かしていき

            「相手のタコ駒を食べる」

            「自分のタコが相手のタコツボに辿り着く」

            「相手の駒がすべて動けなくなる」

            のどれかで勝ちになります。

            手番になりましたら、駒を1個斜めに動かすだけ。しかし、相手の駒を食べられるなら「絶対に」食べなくてはならず駒を移動させなくてはなりません。

            駒が飛び越えるで食べることができますが、2個以上の飛び越えはできません。

            これがこうなる・・・。

            気づいたらいきなり詰みになる一手、食べたくなくても食べさせられる「てめぇらの血は何色だぁ〜。」って一手にと可愛さと裏腹なゲームだがクセになるな。

            相手陣地奥まで行けたら後ろナナメ移動可になります。

            あとはどうなるか分かるな(* ̄ー ̄)ニヤリ

            3回連続で遊ぶぐらいに2人で楽しみました。また、タコツボは勧めていこう。

            漫画版ロッ○マンの「俺は食べたくないのに食べてしまうんだぁ。」ってセリフがスラッと言えちゃうゲームだよ。


            二時間ほどでしたが、すべて初プレイゲームばかりで気に入ったゲームも見つかったりして良かったです。

            また、ご一緒しましたらよろしくお願いします。

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |