SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< コードの解読は暗算、滝に落ちるかどうかで明暗。 | main | シャキーンっとブラスにPARKS >>
ジュエルディガー
0

    【タイトル】ジュエルディガー

    【プレイ人数】2人〜4人

    【年齢】歳〜

    【プレイ時間】30分〜

    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますゲームは、スルメデイズさんの【ジュエルディガー】です。

    各プレイヤーは、腕利きの宝石ハンターとなりまして空前の宝石ラッシュの波に乗り、誰よりも多くの宝石を獲得することを目指しますゲームです。


    ゲームで使用しますのは、キャラクターパネル、キャラクターコマ、宝石パネル、得点コインです。

    ゲームの準備としましては、各プレイヤーは好きなキャラクターとそのキャラクターに対応しますキャラクターコマを受け取ります。

    次に各プレイヤーにランダムに宝石パネルを2枚配りましたら、こちらは他のプレイヤーには見られないようにして下さい。

    残りの宝石パネルは、すべて裏向きにして山札として重ねておきます。

    得点コインは、全員が取りやすい場所に置いて下さい。

    ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたら準備完了です。

    ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行っていきまして、手番になりましたら「掘る」か「帰る」かのいずれか1つを行います。


    「掘る」では、自分が所持しています2枚のパネルのうち1枚を選びまして、表向きに配置します。

    配置した時に、自分のキャラクターコマがありましたら、今配置したパネルのどちらかのマスの上にコマを1つ置いても構いません。

    配置が終わりましたら、山札からパネルを1枚引いて、所持パネルは常に2枚になります。

    山札が無くなりましたら補充はありません。

    配置の際には、必ずマスが接するように配置する必要がありパネルを重ねて配置することはできませんが、同色が繋がるように配置する必要はありません。

    同色が繋がりましたら、上下左右で連結しました部分は「エリア」と呼ばれます。

    コマを乗せる際にすでにコマがいるエリアには、直接パネルを繋げてコマを乗せることができませんが、後から他のパネルを配置して、結果的に同じエリアに乗るのは大丈夫です(相乗りはかなり重要)。


    「帰る」では、すでに配置しています自分のコマを1つ選びまして、手元に戻します。

    戻す際にエリア面積分の得点コインが獲得できますが、得点になるのは「4点以上」からなので、エリアが3マス以下の場合は帰りましても0点です。

    帰りましたコマが乗っていましたエリアが、そのキャラクターコマと同じ色でしたら得点を獲得できました時に追加で2点を獲得できますよ。

    獲得しました得点コインは、裏向きにして他プレイヤーには合計得点が分からないようにします。

    コマが帰りましたら、そのコマが乗っていましたパネルを裏返します。

    裏返りましたパネルは残り続けて障害物の地形となります。

    得点が入ったり、コマが帰るのは指定されたコマ1つだけです。

    ゲーム終了時にエリアに残っていますコマは得点を獲得できませんので、気をつけて下さいね。

    どちらかをしましたら、次のプレイヤーに手番移ります。

    ゲームは、山札がなくなりまして誰かの手持ちパネルが1枚もなくなりましたら、ゲームは即終了します。

    ゲームのほう、タイルを配置してコマを配置するか、回収するかをしていきます。

    コマを回収しましたら得点を獲得してタイルが裏返りますのでさっきまでくっついていたタイルが得点にならなかったりしますし、分断により得点機会を失いかねないコマもあります。一度回収して、またうまく繋げたりするといい得点を獲得できるかもしれませんが、他プレイヤーも狙っているかもしれませんので、手元にありますコマを確認しておくといいかな。

    一手一手がなかなか悩ましく、帰るタイミングを間違えると厳しい。

    遊ぶなら2人or4人がオススメですかね。タイマン戦、チーム戦と楽しめますタイル配置ですので、機会がありましたら遊んでみて下さいね。

    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |