SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 「ゲームが終わる鐘の音は、人によって聞こえ方が違う。」 | main | 「止め!」って言われても現場は止まらねぇ。 >>
じっくりミレー
0
    【タイトル】じっくりミレー
    【プレイ人数】2人〜6人
    【年齢】6歳〜
    【プレイ時間】5分〜
    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

    今回紹介しますのは、ちゃがちゃがゲームズさんの【じっくりミレー】です。
    こちらのゲームは「名画の気持ち想像ゲーム」となっており、芸術家役の人が選びました気持ちカードをみんなで予想します。どんな気持ちだったかの理由は人それぞれですので、答え合わせの際には、自然と会話が弾みますゲームです。

    ゲームで使用しますのは額縁、気持ちカード、バラの宝石、おめでとう賞状、芸術家コイン、サンプル名画です。
    サンプル名画は、両面になっていますがゲームでは他の名画、本等を使用しても構いません。



    カードは6種類です。

    ゲームの準備としましては、芸術家を一人決めまして、芸術家コインとおめでとう賞状を受け取ります。
    今回使用します名画をテーブル中央に配置しまして、バラの宝石と額縁を近くに置いておきます。
    全員に気持ちカード6種類1セットを配りましたら準備完了です。
    ゲームの流れとしましては、芸術家は絵の一ヶ所に好きな額縁を選んで配置します。配置しましたら、その場面に合った気持ちカードを1枚選びまして伏せて自分の前に置きます。
    他のプレイヤー(当てる人)は、どの気持ちカードを伏せたかを予想して、同じだと思うカードを1枚選んで伏せます。
    伏せる前に芸術家に質問をしても構いませんが、芸術家は答えてもよいし答えなくてもよいです。



    全員が伏せました「じっくりミレー」の掛け声で、芸術家以外が伏せたカードを表にします。
    次に芸術家が伏せたカードを表にしまして、答え合わせをします。

    芸術家は、なぜそのカードを選んだかをよかったら教えてあげて下さい。
    正解した人には、芸術家はバラの宝石を1つ渡します。

    予想が外れました人は、カードを手札に戻します。
    芸術家が今回使用しました気持ちカードは、以降は使用しませんので手札に残っていましたら手札から捨てておきます。
    ここまでしましたら、芸術家はまた絵の一ヶ所に額縁を配置して同じようにします。
    こちらを4回しましたら額縁が無くなりますのでゲームを終了します。
    たくさんのバラの宝石を頂いた方が芸術家の感性に一番近い人になります。


    ゲームは、勝ち負けを決めるのではなく感性を確かめ合うゲーム。
    絵画やイラストにとゲームに使用できるのがたくさんありますし、本当に人の感性は一瞬でその風景や世界観を思い描き額縁を囲んだら、その瞬間に芸術家が生まれている。
    考えを当てられると嬉しいけど、外しても遊べば遊ぶほどにその方とは感性が近くなるかもです。
    確かめ合うってのが、ゲームを遊んだ感想としては近いかな。
    すぐにあなたも芸術家なじっくりミレー、機会がありましたら遊んでみて下さいね。

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |