SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 経営方針が変わったら動物とドラゴンは奪い合いになる。 | main | 投げ縄はワイルドに投げるけど、譲り合う >>
CAT TOWER(キャットタワー)
0
    【タイトル】CAT TOWER(キャットタワー)
    【プレイ人数】2人〜4人
    【年齢】?歳〜
    【プレイ時間】15分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますのは【CAT TOWER(キャットタワー)】です。
    こちらのゲームは、プレイヤーは6匹の猫と一緒に暮らす愛猫家となり、猫たちに満足して貰えるようなキャットタワーを飾り付けることを目指します。
    誰よりも素敵な飾り付けをして全国一の愛猫家になれるかな?

    ゲームで使用しますのは、サイコロ、鉛筆(ボールペン)、キャットタワーシートです。


    キャットタワーシートは、拡張版もありましてシート内容が違いますのと、ルールも2つ追加されています。
    ゲームの準備としましては、各プレイヤーはキャットタワーシート1枚、鉛筆1本を受け取ります。
    プレイヤー人数プラス1個のサイコロを用意して、親プレイヤーを決めましたら準備完了です。

    ゲーム(ラウンド)の流れとしましては、親プレイヤーはすべてのサイコロを受け取りまして、全て振ります。

    振りましたら、親プレイヤーから時計回りにサイコロを1個選んで手元に置きます。
    全員がサイコロを1個ずつ選びましたら、1個のサイコロが余ります。

    選びましたサイコロと余りましたサイコロを使いまして、各プレイヤーはキャットタワーシートに記入をすることになります。記入の仕方は、1つは該当します階のサイコロとして使用し、もう1つは該当します猫グッズを記入するために使用します。
    記入する際には、絵でも猫グッズの名前でも構いません。
    3と4のサイコロがありましたら一例として、このように書き込みます。


    また、サイコロの出目が気に入らなければ猫の足跡を使うことで出目をプラスマイナス1することができます。

    足跡1個につき、1個のサイコロがプラスマイナス1なので複数回、2個のサイコロに使用するなら2個以上の足跡を使用して下さいね。
    足跡は、ゲーム開始時には1個ありますが、ゲーム中には3の猫グッズを書き込んだり、猫グッズを記入しないでパスすることで1個増やせますよ。



    全員が記入をしましたら、ラウンドを終了して、このラウンドでキャットタワーを完成させたらプレイヤーがいるかの確認をします。
    完成は1つの縦列すべてのコマに猫グッズを記入することです。
    完成させましたプレイヤーは、そのキャットタワーが誰もまだ完成させていないタワーなら数字の大きいほうに○をします。他のプレイヤーは×をします。

    以降にその列を完成させましたプレイヤーは、小さい数字を○することになります。キャットタワーの完成の確認を行いまして、誰かが3つ目のキャットタワーを完成させましたら、そのラウンドでゲームを終了します。
    そうでないなら、左隣のプレイヤーが新たな親となり次のラウンドを開始します。
    ゲーム終了時に、完成させたキャットタワーの得点と猫グッズのそれぞれの得点を合計し、一番得点の高いプレイヤーの勝ちになります。

    ゲームのほう、ダイスドラフトによる獲得したダイスと余りました共通のダイスの組み合わせで紙にペンで記入していきますゲームです。
    記入していくのは、ネコグッズになっていましてゲームが進んでいくごとにタワーに可愛らしいグッズが増えていきます。グッズにより得点方法が違いますし、ダイスの組み合わせにより記入できるグッズや高さにも制限がありますので、どのダイスを獲得しようかと悩ましいです。
    先にタワーを埋めるとボーナス点があったりして、グッズの得点ばかりに気を取られちゃうとそちらの得点が減るから注意ですね。ダイスの出目によってはパスによる足跡マークの確保や使用にと、救済措置もありストレスは少なく遊べるかな。
    拡張シートでは追加ルールも楽しめますので、是非そちらも遊んでみて下さいね。
    ネコが喜ぶステキなキャットタワーを作り上げて下さいねv(・∀・*)
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |