SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 8月25日(日) 賽翁ボードゲームフリーマーケットに参加してきました。 | main | 掘るのは金か、墓穴か。 >>
翡翠の商人
0

    【タイトル】翡翠の商人

    【プレイ人数】2人〜5人

    【年齢】10歳〜

    【プレイ時間】約20分

    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

    今回紹介しますのは、ゲーム工房スパ帝国さんの【翡翠の商人】です。

    アートワークは、長谷川登鯉さん(他にも8bitMockUp、ポンプ消防隊、木馬と英雄etc...とアートワークをされています)です。

    こちらのゲームは、プレイヤーは隊商の長となり、様々な交易品を集めていきます。

    交易品には、翡翠や香辛料等ありその分配はプレイヤー間で狡猾に行われることになります。

    ゲーム終了時に競争相手を出し抜き、最も大きな財産を築くことを目指します。


    ゲームで使用しますのは、翡翠カード、金カード、贋金カード、香辛料カード、書物カードとなっています。

    ゲームの準備としましては、すべてのカードをよく混ぜて山札とします。

    席順や最初のプレイヤーを決めましたら準備完了です。


    ゲームの流れと目的としましては、ゲームは7ラウンド行います。

    1ラウンド毎に8枚のカードがめくられますので、それをプレイヤー同士で分配することになり、ゲーム終了時に集めたカードの合計価値が高いプレイヤーの勝ちになります。

    山札からカードが8枚めくられましたら、テーブル中央に並べ、スタートプレイヤーから「何枚取る」と宣言していく競りをしていきます。

    スタートプレイヤーが「○枚取る」と宣言しましたら時計回りに1人ずつ、それより少ない枚数を宣言するかパスをします。

    宣言には例として

    「5枚取る」→「5枚取り1枚返す」→「4枚取る」とでき、○枚取り1枚返すは0.5少ない宣言になります。


    返す際には元から所持していたカードから1枚をテーブル中央に返して下さい。

    こちらは、そのラウンドで他プレイヤーが獲得できるカードになります。

    返す際に贋金は返すことができないので、注意して下さいね。

    1人を除いて、全員がパスをしましたら宣言をしたプレイヤーがカードを獲得します。

    1ラウンドは全員が1回はカードを獲得するまで行いまして、1回カードを獲得しましたプレイヤーは、そのラウンドが終わるまで競りには参加しません。

    1人を除いて全員がカードを獲得しましたら、その1人は残りのカードをすべて獲得しますよ。

    次のラウンドは、新たに山札からカードを8枚めくり並べまして、前ラウンドで最後にカードを獲得しましたプレイヤーがスタートプレイヤーになり競りを開始します。

    ゲームは、山札がなくなりました最後のラウンドとなり、最後のラウンドが終わりましたらゲームを終了して、合計価値の計算をします。

    価値は金なら数字がそのまま得点になり、贋金も数字がそのまま得点になりますが、集めた贋金合計が集めた金の合計を上回ってしまうと贋金は全て0点になります。

    贋金しかなくても0点です。

    翡翠は、集めたカード枚数に応じた得点になり、香辛料は集めた香辛料の数字合計の1番目、2番目、3番目に応じた得点を獲得できます。

    書物は、セットコレクションに応じた得点を獲得して、セットにならなかったカードは1枚1点です。

    ゲームは、全てのカードの合計価値が1番高いプレイヤーの勝ちになります。


    ゲームのほうは、競りとセットコレクションかな。競りは欲しい枚数を宣言しての競りで、プレイヤー人数に関わらず7ラウンドしましたら終了します。

    ラウンド毎に最低1枚以上は、カードを獲得できますができるだけ多くカードは欲しいですよね。集めようとしてるカードが場にある時には、1枚返却してでも競り落とすかにの選択が迫られます。

    獲得したカードは、公開情報なので他プレイヤーの獲得カードも確認しながら競りに参加するといいですよ。

    4人で遊ぶと2枚ぐらいの落札で均等になることが少し多いかなぁなんで、3人か5人で落札枚数にバラツキがでるのは良いかもです。

    得点計算は分かりやすいので、競りゲームとしてオススメです。

    機会がありましたら、是非遊んでみて下さいね。

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |