SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< 2人でボードゲーム〜その16〜 | main | 経営方針が変わったら動物とドラゴンは奪い合いになる。 >>
comedyでのボードゲームは、グルービー
0
    8月16日(金) 13時〜19時半
    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
    この日は、相席でご飯頃まで楽しみました(*´∀`*)

    【ポイントサラダ】
    3人と4人で1回ずつプレイ。
    ゲーム毎にポイントカードの組み合わせが変わりますのと、集めている野菜カードとうまく合うかは分からないので、はじめにポイントカードを獲得しておくと方針は決めやすいかも。ポイントカードは、途中で野菜カードにできるからね。
    集めている野菜カードが一緒だとポイントカードの差が出るので、野菜は幅広く・・・ってしてたら、マイナスポイントだったりと悩ましい。
    4人でははじめてでしたが、人数増えても良さそうかなって感じました。





    【PICKEL(ピッケル)】
    4人でプレイ。冒険家たちは、ピッケル持って洞窟へ。宝箱目指して掘り進みました。洞窟には不思議な妖精がいますので、妖精の力を借りて有利に進めたりオーラを放って他の冒険家を後退させたりにと、最後までドタバタするゲーム。

    ゲーム自体は、大味なところもあるけど雰囲気は良い。ただ、終盤はどうしても妨害が率先してしないと財宝に辿り着かれるので、足の引っ張り合いが長くなることもあるかな。



    終わりは妖精の力かな。


    【レスアルカナ】
    今回はドラフトしたかな。
    誰が一番早く10点以上に辿り着けるかな?ってのは目的。
    他プレイヤーの盤面を見ないわけじゃないけど、手番が回ってきたらしたいことをする、どうぞ。
    カード効果の確認やらは一緒にしないと見逃すから、なぁなぁやとその差で決まるかな。



    【グルービーダイス】(初プレイ)
    手札からか場にある組み合わせになるようにダイスを振り組み合わせてコンビネーションを作る。
    組み合わせは、スリーカード、フォーカード、フルハウス、ストレート、ファイブカードとあり、組み合わせによる得点が違います。場にあるカード、手札にあるカードのコンビネーションのダイス目が一致しているならカードも獲得できてボーナスになりますね。
    場にあるカードを獲得されたら、手札からカードを場に出します。誰かの手札が無くなったら一巡してゲーム終了。
    ダイスゲームだよ?ダイスが全てさΨ( ̄∇ ̄)Ψ




    【RA(ラー)】
    2年ぶりぐらいのRA(ラー)かな。あのときは「RA(ラー)」って宣言するのは楽しかったなぁ(遠い目・・・)。
    ゲームのほうは、第1世代〜第3世代と競りをして一番繁栄させたプレイヤーが勝ちになります。
    競りに関しては、各プレイヤーは1世代の間には最大3回までしか落札できません。
    競りの方法は、太陽タイルがありそちらに決められた数字が描かれており、そのタイルを使用しての競りになります。
    落札できましたら、落札の際に使用した太陽タイルはボード上にある太陽タイルと入れ換えます。入れ換えたタイルは、次の世代での競りで使用できる。
    この太陽タイルも最後には得点になるかもなんで、競りも落札も無暗にしてはいけない。



    さてさて、プレイヤーは何を落札しようとしているかと言いますと文明やナイル川、モニュメント、王権かな。
    こちらは袋からランダムに出てくるので、それを巡って競りをするのだ。競りのタイミングは、袋にあるRA(ラー)タイルが出てくるか、ラーと宣言するかで始まる。
    タイルを出したり、宣言をしたプレイヤーは最後に競りをする一巡競り。
    ここで、太陽タイルの数字が小さいタイルも効いてくる。誰も競りにこないなら、1〜3で落札できるからね。
    小さい数字の太陽タイルばかりでも、うまく落札できるようなシステムなのは、ラーの好きなところですよ。



    久しぶりに遊んだけど、やっぱり良いなぁ。遊んだことない人は一緒に遊びましょうヽ(・∀・)ノ

    【宝石の煌き拡張(都市&東洋)】
    宝石の煌きの拡張入りで4人プレイ。都市&東洋を混ぜて遊ぶ。東洋の貴族キープカードは1点になった。
    都市は、貴族が無くなりカードを獲得しつつ得点を獲得して条件を満たさないとゲームは終了せず、勝てない。
    カードを集めていたけど、得点が足りなかったや。




    【ブルゴーニュ】
    3人でブルゴーニュ。2人が初プレイだったので説明。このゲームは大好きだから遊んだことない人には、どんどん説明していくぞ(o≧▽゜)o

    ブルゴーニュは、得点方法が色々とありますので、はじめはどのタイルを獲得したらいいのか?どのタイミングで配置するのか?タイルはどう繋げていけばいいのか?と悩むかもしれませんが、1ラウンドで使用できるダイスは2個だけ。
    このダイス2個を使用して配置、タイルの獲得にとしていくことが基本となる。
    ゲームが進むほどに気づけば楽しみ、理解している。このゲームはすげぇよ。



    初プレイの2人も「思っていたより遊びやすかった。」と言ってくれたし、裏面のマップにも興味を持っていたので、また遊んで貰えそうで嬉しいです( 〃▽〃)


    この日はここまで。
    ご一緒して頂きまして、ありがとうございました。
    また、よろしくお願いします(^_^ゞ
    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |