SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< ERAいこっちゃの楽しいボードゲーム | main | 人はいつの日か海底に住む日が来るのだろうか? >>
ギャンブルは熱くなったら負け。平遥は、身体に馴染むまでが少し大変。
1

10月20日(日) 13時〜22時半

京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。


【号外】

3人でプレイ。何人でプレイしてもラウンド毎に18枚のカードを使用して遊ぶ。

1人増えることにより、カード枚数が同数になり得点が獲得できなかったり、目立ちすぎるカード収集は狙われたりにと穏便にしたいところですが、スクープを獲得するにはリスクはあるものさ。

毎手番、カードを1枚獲得するだけなのに下手に動けば特殊カードの餌食になるので、誰がどのカードを狙っているかの見極めは必要かも。仲良くするのも大事だよ(°▽°)


【ERA 剣と信仰の時代】

この日は、4人でプレイ。

4人だと製材所が3個しかないのは大丈夫なのか?とはなるのだが、人によって戦略は違うのでなんとかはなる。

3人と4人では恐喝による資源の奪い合いがキツくて、貴族ダイスは盾か剣にはしないとツラい。ゲーム中に2〜3回、3人から資源を奪われた際には厳しくなったかな(まぁ、資源の略奪を拒否してマイナス点を受けたらよいのですがね)。

建物や壁の数も変わらないけど、1人増えたら手番順で欲しかった建物が建設できないのはよくあること。方向転換もできるようにはしておくとよいかな。

資源はそれなりにあったけど、建設回数の出目が常に足りなくてここらへんはダイス運かな。今ある出目で戦わなきゃいけないのだよ。

なんか農場は完全に城壁外で、施設は城壁内と分かりやすい終わりでした。

4人それぞれ違う出来上がりで、最後に比べ合うのもいいですね。


【平遥】(初プレイ)

お金はお金を呼び、銀は貸し借りしたりして収入を得たりします。

支店を増やして、支店長を雇い能力を発動させる。ゲーム終了時までにどれだけお金を稼いで銀を獲得できるかが、大切なゲームです。

ゲームは8ラウンドして、はじめの2ラウンドは6面ダイスと4面ダイスだけを使用し、アクションスペースも4つぐらいしかありません。

このゲームの不思議なところは、ラウンド毎にスタートプレイヤーはいますが、必ずしもスタートプレイヤーから行動するわけではなく、ラウンド開始時にダイスを振り出目の高いダイスから行動していきます。

その際に同じ出目ならスタートプレイヤーから基準に順番を確認して行っていきます。このラウンドですと、緑ダイスのプレイヤーがスタートプレイヤーですが出目の6は赤しかいませんので、赤ダイスのプレイヤーが一番はじめにアクションをしました。

出目が大きいと早めに行動ができますが、アクションは5〜6、3〜4、1〜2の出目により効果に多少の強弱があり必ずしもいいわけではないです。

ただ、先にアクションを行うことでそのアクションスペースでは「同じ出目のダイスはそのアクションが行えない」ので、先にアクションできる有利性はあるかな。

また、すでにアクションが行われたスペースに他のダイスがアクションを行うには、そのダイスより出目が小さいダイスなら差額を支払わないといけません。

逆に大きいダイスなら差額を受け取れます。4面ダイスはその差額を1増減できますダイスになっていますよ。

さて、少しおかしなことを言ってるのでは?と思われた方もいるかもしれませんね。ダイスの出目が大きいダイスから行動するのに、小さいダイスがあるアクションスペースでアクションをするわけないじゃないかと。

勘が良い方ですとお気づきかもしれませんが「お金を払えば振り直しができる。」

なので、6の出目で1番はじめに行動する際に振り直しをして1の出目になるなんてこともあり、いきなり強いアクションができ、かつ1の出目はここでアクションをできなくすることができるのです。

もちろん、振り直しが悲しい結果になることもありますがね。

ゲームの流れとかは分かりやすいんですけど、ボクを含めて初プレイ3人は「えーっと、なにしたらいいんや?」とはなるぐらいに、少し処理は分からないこともあるのでプレイ済みの方が居なかったらとてもじゃないですが、遊べなかったですね。

3ラウンド目以降は、6面ダイスが1個追加されアクションスペースも2つ追加されます。得点になる行動がシンプルにお金を稼ぐが分かりやすいですが、稼ぐにはお金を支払って支店を建設して貸し付けで稼ぐにと、金は天下の回りもの。

最終ラウンドに支店建設をしたくても、みんなが同じ考えで出目もほとんど同じで最後手番にとこの流れはアカン・・・。

ダイスの振り直しも出目変わらずで、支店によるボーナス得点等稼げずで追いつけずでした。

ゲーム途中から平遥のゲームシステムとルールが身体に染み込んできたので、また機会がありましたら遊びたいですね。


【ホッタイモイジンナ】(初プレイ)

タイ語、テルグ語、ウルドゥー語とを使用しますゲーム。アプリを使用しまして、音声を聞き空耳で言葉や文章を感じたままに書きます。

順番にどう聞こえたかを発表して、単語だったり短文だったりにと一致したら得点になります。判定に関しては甘めでいいと思います。

使用しましたカードの意味はアプリで日本語がされていますが、実際にタイ語、テルグ語、ウルドゥー語で音声が発声するとそんな風に聞こえる要素はなく、不思議と別の言葉に聞こえましたよ。

「カタハバデカイ」「セカイノナナフシギ」「ネェチャン、ニィチャン」やら感性を楽しみ合うゲームでした。


【ウーロン】(初プレイ)

3〜6、龍、虎の出目のダイス6個を使用しますウーロン。

カップにダイスを入れて振り、他のプレイヤーには見えないようにする。自分だけはカップの中のダイスの出目を確認して、反応から他プレイヤーはどのぐらいまで稼げるかを予想します。

カップを上げて得点になれば、続けられますが得点にならなければ、それまでに稼いだチップや予想が外れたプレイヤーのチップも金庫に入ります。

途中で止めたら、プレイヤーはチップを獲得できます。予想が当たったプレイヤーもチップを獲得できますよ。場合によっては、バーストすることを予想して稼ぐもありかな。

この日は、予想とダイスの出目が冴え渡りゲーム終了字には(マイナス)7000チップを所持。

みんなからは「(バーストを)期待してるで(*´ー`*)」と、暖かい声援もあり期待に応えて稼がれていました。

熱くなり「取り返すぞヾ(´ー`)ノ」としても、まぁうまくいかないのがこういったゲームですね。


【闇市】(初プレイ)

日用品を高く交換して、贅沢品をたくさん手に入れることを目指します。

手番では、現在の需要のある日用品を交換贅沢品を手に入れるか、日用品の需要を上げるかをします。

交換しましたら、少しだけ需要は上がります。

ラウンドは、需要を満たすか価値が最初まで戻りましたら終了して次の交換が始まります。

どのタイミングで、交換するかのタイミングを様子見していたら、みんなが安いうちに需要を満たすからあまり価値は上がらなかったかな。5人だとわりかし持ってたりするのかなぁ。

はじめにルールをうまく理解しきれなくて説明不足になりましたが、一緒に解読して頂きまして助かりましたf(^^;

このゲームは、3〜4人でも遊んでみたいかな。


【フードトラック】

5人で「このカードが欲しくないなら、分かるね(* ̄ー ̄)?」と言いながら、和気あいあいと遊べますゲーム。

気づいたら全く得点がない人がいたり、マイナス点が多い人もいたりで仲良くしているのにおかしいぞ?

得点が高いカードをくれたと思ったらそれは罠だったのだ・・・。

カードで意思表示する交渉ゲームで4人〜5人でオススメかな。


久しぶりに開店から閉店まで楽しみましたcomedyさんでした。

ご一緒して頂きまして、ありがとうございました(*´ω`*)

また、よろしくお願いします。

| ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |