SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< デジャブ | main | 2017年ボードゲームカフェー賽翁さん納め >>
AZUL(アズール)
0
    【タイトル】AZUL(アズール)
    【プレイ人数】2人〜4人
    【年齢】8歳〜
    【プレイ時間】30分〜45分
    【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★★★★

    今回紹介しますのは【AZUL】です。
    プレイヤーは、王宮の壁を飾るためのタイルアーティストになり人々を魅了するような素敵な装飾タイルのインテリアを仕上げましょうヽ(´▽`)/
    素敵なインテリアを仕上げるために必要なものはプレイヤーボード(両面あり)、得点マーカー、タイル(5種類各20枚の計100枚)、ファクトリーディスプレイです。



    準備のほうは、各プレイヤーはプレイヤーボードを受け取ります。彩りがある面がA面となっていますので、そちらを使用して下さい。B面はヴァリアントルールで使用します。
    得点マーカーを1つ受け取りまして得点トラックの0のマスに置いて下さい。

    ファクトリーディスプレイをプレイヤー人数によって使用枚数を変えて円になるように並べます。
    スタートプレイヤーを決めまして、スタートプレイヤーが袋に100枚すべてのタイルを入れてよく混ぜて、袋の中を見ないでランダムに4つずつすべてのファクトリーディスプレイにタイルを置いていきます。

    これで準備完了です。

    ゲームの流れとしましては、ゲームは複数のラウンドを行います。
    各ラウンドは「パターン作り」「タイル貼り」「次のラウンド準備」で構成されています。
    まずは「パターン作り」
    スタートプレイヤーは、スタートプレイヤータイルをテーブル中央に置きます。置きましたらスタートプレイヤーから手番を開始します。
    手番では2つの方法から1つを選びタイルを獲得します。
    1つめは「ファクトリーディスプレイから同じ色のタイルをすべて獲得して、残りのタイルはテーブル中央に移動させる。」

    2つめは「テーブル中央にある同じ色のタイルをすべて獲得する。」です。こちらは、一番はじめに個数に関わらず中央からタイルを獲得したプレイヤーは、スタートプレイヤータイルを獲得して、自分のプレイヤーボードの一番左下の「-1」にマスに置きます。スタートプレイヤータイルを獲得したプレイヤーは、次のラウンドのスタートプレイヤーになります。

    獲得しましたタイルですが、1〜5段目のどこかに配置します。配置する場所をパターンラインと言います。
    配置の際に2枚のタイルを獲得したのに1段目に配置しようとすると1枚しかタイルは配置できず、配置できなかったもう1枚は下のフロアラインと言われる場所に配置します。
    他の段にも配置できますが、すでにタイルが配置されているなら同じ色のタイルじゃないと追加することはできません。
    また、のちほど説明しますがすでに壁にタイルが貼られているならその列には同じ色のタイルを配置することはできませんので気をつけて下さいね。
    パターン作りでは、できるだけ多くのパターンラインを完成させることを目指して下さい。

    フロアラインは、タイルが配置されたただけマイナスポイントになりますので、できるだけ配置することのないようにしていきましょう。

    パターン作りは、テーブル中央とファクトリーディスプレイからすべてのタイルがなくなりましたら終了し次の「タイル貼り」フェイズになります。

    「タイル貼り」フェイズではすべてのプレイヤーは、同時に完成しているパターンラインからタイルを移動させます。
    移動は1段目→5段目としていきまして、移動せたらすぐに得点を獲得していきます。
    得点の計算方法は、移動させたタイルを配置した時に上下左右に隣接するタイルがないなら1点。


    隣接しているなら、配置したタイルを含む連続したタイルの数分の得点を獲得します。これなら3点です。

    こうなりますと縦列と横列と合わせて4点の得点獲得ですね。


    最後にフロアラインにタイルが配置されているなら、配置している各タイルの真上にあります点数だけ得点を減らしていきます。どんだけマイナスしても0にはなりません。処理しましたらフロアラインに配置されていたタイルはすべて一旦、箱に戻します。


    各パターンラインのタイルは移動させて配置した1枚以外の残りのタイルは一旦箱に戻します。
    完成していないパターンラインにありますタイルは、次のラウンドでも使用しますのでそのままにしておいて下さいね。

    タイル貼りフェイズにどのプレイヤーも壁に横一列に5つタイルを並べていないなら、次のラウンドを行います。
    1段目〜5段目のどこかで横一列に5つタイルを並べたプレイヤーがいるなら、そのラウンドでゲームを終了します。

    次のラウンドを行います際には、ゲームの準備と同じようにファクトリーディスプレイにタイルを4つ並べてスタートプレイヤーから次のラウンドを開始して下さい。
    袋から取り出すタイルがなくなりましたら、一旦箱に戻していたらタイルを袋に入れて取り出して下さい。

    ゲーム終了時には
    「壁の横一列に5つタイルを並べている列ごとに2点」
    「壁の縦一列に5つタイルを並べている列ごとに7点」
    「壁に同じ色のタイルを5枚あるごとに10点」
    の追加ポイントがあり、それを獲得したうえで一番得点が高いプレイヤーの勝ちになりますよ。
    同点ならより横一列を完成させているプレイヤーが勝ちになりますがそれも同じなら勝ちを分かちあって下さいね。




    もう何回も遊んでいますが、2〜4人のどの人数でプレイしてもどのタイルから獲得しようかの悩ましさは変わらず、得点をうまく稼ぎたいけど先に邪魔されるかもしれないしするかもしれない。
    A面のほうで、各段の横列のタイル配置場所が決まっているので、他のプレイヤーのタイル配置状況とか見ながらのタイル獲得も重要です。なにもタイルが配置されていなかった壁がタイルで彩りよくなっていきながら、ゲームが進行していきますのはプレイしていまして楽しいですね。
    ルールのほうも難しくなく、上の段からタイル貼りをしていくのをうまく繋げて得点を稼ぐのを考えますのもゲームの面白さですかね。
    ヴァリアントルールでも遊んでみまして、縦列には同じ色のタイルを配置できませんが横列は同じ色のタイルを配置てきるようになり、ゲーム性が変化していますがより楽しめるようになっていると思います。
    こちらのゲームは、ずっと楽しまれていくようなステキなゲームだと思います。
    是非一度遊んでみて下さいね(*´∀`)ノ
    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |