SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
<< BAR DOTs(バードッツ)さんに行ってきました。 | main | 5月27日(日) くさつボードゲーム会に参加してきました(*´∀`)ノ >>
ワイルドバイキング
0
    【タイトル】ワイルドバイキング
    【プレイ人数】2人〜5人
    【年齢】6歳〜
    【プレイ時間】10分〜15分
    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
    【オススメ度】★★★★★★★★☆☆

    今回紹介しますゲームは【ワイルドバイキング】です。
    こちらのゲームは、誰よりもたくさんの宝石を集めることを目的にしています。宝石を集めるためにはダイスで船に宝石を集めて、競りで宝石を獲得しなくてはいけませんよ(*´∀`)ノ

    ゲームで使用しますのは船ボード、バイキング村ボード、宝石、装備カードにサイコロです。

    ゲームの準備としましてはバイキング村ボードをテーブルに置きます。
    置きました船ボードを一列に並べます。色が3色ありますが順番は適当で構いませんよ。船には宝石を1個ずつ置いて下さい。
    残りの宝石はまとめて置いて下さいね。
    次に装備カードをよく混ぜ、参加プレイヤーに6枚ずつカードを配ります。
    こちらは手札になりますので、他プレイヤーには見られないようにして下さい。
    残りの装備カードは、山札にして置いておきますよ。
    バイキングのように恐い顔をしたプレイヤーがいましたら、その方がスタートプレイヤーですが、居なければジャンケン等でスタートプレイヤーを決めて下さい。サイコロを用意しましたら準備完了です。

    ゲームの流れとしましては、スタートプレイヤーから時計回りに手番を行います。
    手番が来ましたら、サイコロを振ります。
    サイコロには6種類の出目があり、出目によりすることは決まっています。
    赤色、黄色、青色の船の出目は、その色の船ボードに宝石を1個置きます。

    黒い船の出目は、好きな色の船ボードに宝石を1個置けますよ。

    カードっぽい出目は、サイコロを振りましたプレイヤーから順番に山札の上からカードを1枚引きます。この出目以外でカードは補充されませんよ。

    バイキング村っぽい出目が村ボードの一番近くあります船ボードは村に帰ることになりまして、船の上にあります宝石の競りを開始します。
    競りはサイコロを振りましたプレイヤーから、何枚の装備カードを賭けるかを決めて競りをしますよ。
    競りは一人ずつ、カードを出すかパスをするかをしていきます。
    出すならすでに出されていますカード枚数より多く出して下さい。



    1回の競り合いは一人1回だけしかカードは出せませんのでよく考えて下さいね。
    全員が出すかパスをしたら、一番多くカードを出したプレイヤーが競りの勝者になり、出したカードは捨て札になり、その船の上にあります宝石をすべて獲得します。
    競り負けましたプレイヤーの出しましたカードは、すべて手札に戻ってきます。

    競りました船は船の列の一番後ろに移動させて下さいね。
    あまりないと思いますが、全員がパスしましたら船は宝石を積んだまま列の一番後ろに移動しますよ。

    ゲームは補充用の宝石が無くなりました状態で、サイコロの船の出目がでしたらゲームを終了します。
    ゲーム終了時に一番宝石を所持していますプレイヤーが勝ちになりますよ。
    宝石の数が同じなら手札枚数を比べて、それも同じなら勝利を分かち合いましょう。


    5人以外で遊んでみまして2〜4人のどのプレイ人数で遊んでも面白い。
    はじめに配られました装備カードが偏ったりもしたりする時もありますが、それが必ずしも悪いわけではなくダイスの出目によって宝石は船に積まれていきますので、宝石も偏ったりしますからね。
    競りがしたいのに競りの出目が出ないこともあり『あぁ〜、終わる(;・∀・)』ってなるハラハラドキドキのゲームもありましたよ。
    手札が増えるにもダイス次第ですが、他プレーヤーも補充されますので狙っています船の色と被らないのを願いますばかりです。どのタイミングで競りに臨むかの見極めも大事ですし、人数が増えるほどタイミングが重要ですね。
    競りとダイスの両方が楽しめますゲームとして、とてもオススメですので是非遊んでみて下さいねヽ(´▽`)/


    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |