SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
カメラが写す被写体は美しいが、その横でのカメラの奪う合いは醜いよ。
0

    11月17日(土) 16時半〜18時半

    京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。

    この日は、来週の某東京での話もありましたのでゲームも楽しみましたが、そちらの話しもしていきました。

    ゲームのほうは、4人で2つ楽しみました(*´∀`)ノ


    【マヤる!】

    4人で遊んでみたらどうなるかな?と思っていましたが、プレイ時間は2人で遊ぶのとほとんど変化はありませんでした。

    カードの配置が終わってから、配置をしなかったカードを誰に配置するかの選択肢があるので、判断できたら置きにくそうになるカードを重ねたぐらいですかね。

    テーブルは、カードが広がっていきましたので大きめじゃないと厳しくは感じたかな。

    ゲーム終了時には、4人それぞれ違った都市がたくさんできていて見るのも楽しかったです。

    都市は3つぐらい完成させましたが得点はあまり伸びなくて、都市は1つだけでも得点が大きいとそれだけで1位になられた人もいたので、神殿はしっかり繋げたほうが良さそうでした。


    【PARKS(国立公園)】

    2回目だから配られた目標カードは、おまけとはいえボーナス点もあるから達成できるようにはうごく。

    技術は1枚獲得しておいて、公園カード購入時のコストは削減しておく。

    ほとんどがプレイ回数2回目以上だったので、コマの進め方やカード購入タイミング等に決めてサクサク進む。

    今回激しかったのは、カメラの奪い合いだったのでカメラは動きまくったなぁ。

    技術でとあるタイルにコマが止まればカメラアクションができるのは良さそうでした。カメラの資材1〜2個支払いで1点は良い。カード購入得点は、資材3〜8個で2〜5点だからね。

    今回は森林巡りになり、梟やバッファローがいる公園に行ってきたかな。

    4人で1時間かかるかなぁってぐらいなので、気軽に遊びやすいね。


    ゲームが終わってから、少し話しもして「じゃあ、ゲムマで(*´∀`)ノ」と言って帰りました。

    ご一緒して頂きましてありがとうございました。また、お会いしましたらよろしくお願いします。

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    マヤる!
    0

      【タイトル】マヤる!

      【プレイ人数】1〜4人

      【年齢】8歳〜

      【プレイ時間】15分〜30分

      【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆

      【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

      今回紹介しますゲームは、植民地戦争 αさんの【マヤる!】です。

      こちらは、マヤ文明 パズルゲームでプレイヤーたちは森深いマヤの地に君臨することになります。

      そこで、新たな都市国家を建設することしそのためには神殿、住居、泉が必要用となります。

      偉大なる王となるべく、プレイヤーたちの手腕が問われることとなります。

      誰が1番、マヤ文明を繁栄させることができるでしょうか?


      ゲームで使用しますのは、カード、得点早見表、得点計算カードです。

      少しカードの裏面が色合い違うのがあって少し気になりましたかね。

      カードは、裏表とありましてカードの表側は6つで分類されています。

      種類は「森」「神殿」「家」「泉」の4種類です。

      森にはコンゴウインコがいるのもあります。

      神殿は、デザインが違ったりしますがどれも神殿として扱われます。

      ゲームの準備としましては、カードをすべてシャッフルして15枚ずつ配ります。

      配られましたカードは、裏向きのまま自分の山札として他のプレイヤーも手が届きます位置に置いておきます。

      余りましたカードは、ボーナス山札としてテーブル中央に置いておきます。

      これで準備は完了です。

      ゲームの流れとしましては、こちらのゲームはスタートプレイヤーはいません。

      14ラウンドしまして、1ラウンド毎に一斉に行動します。

      各ラウンドでは、自分の山の上から2枚のカードをそれぞれ表向きにします。それからカードの内容を確認しましたら

      「どちらか1枚を自分の前に配置します。」

      自分の前は「場」と呼びます。

      使わなかったカードは、他のプレイヤーの山札の上に表向きのまま置きます。

      既に他のプレイヤーがカードを置いた山札の上には置けません。

      もし、自分以外のプレイヤーの山札の上に既に表向きにカードが置かれているなら自分の山札の上に置きます。

      全プレイヤーの上に表向きのカードが置かれましたら1ラウンド終了になり、次のラウンドになります。

      次のラウンド以降は、山札の上に置かれているカードとその下の裏のカードから同じように、1枚はカードを配置してもう1枚は山札の上に置きます。


      配置のルールなんですが、2枚目以降はカードを配置する際には

      「1つ以上の地形を重ねて配置しなくてはいけない。」

      「重ねた地形の種類は同じでなければならない。」

      のルールは守らなくてはいけません。

      ※コウゴウインコがいる森といない森も同じ森です。

      ※神殿もデザインは違いますが、同じ神殿ですよ。

      配置しても得点にならないと感じたら配置しないでカードを裏向きにして手元にして2点にもできますよ。

      カードを配置していき「神殿・家・泉」のセットを森で囲うことができましたら都市の完成となります。

      完成した都市は、ゲーム終了時に得点になります。

      都市が完成しましたら「完成!!」と宣言して他のプレイヤーに確認して貰ったらボーナス山札からカードを1枚引いて、追加で配置ができます。

      配置するのは、まだ配置していなかったカードと内容を比べ合って1枚選んでですよ。

      ボーナス山札からは、都市が完成する度に1枚引けます。

      配置をして2つ以上の都市が完成したら、完成した都市と同じ枚数のボーナス山札を引けます。

      ボーナス山札は無くなりましたら追加されませんで気をつけて下さいね


      14ラウンド目に自分の山札からカードを2枚引くと山札が無くなりますので、ゲーム終了の合図です。

      最終ラウンドは、カードを2枚配置できますので、都市完成がしやすいかも。

      全員がカードを配置しましたら、ゲームを終了して得点計算をします。

      完成した都市を1つずつ確認していきまして

      「神殿がいくつ繋がっているか」

      「家はいくつあるか」

      「泉は何個あっても3点」

      となり、得点を合計したのが都市の得点になります。

      コンゴウインコは、1羽につき1点ですよ。

      都市、コンゴウインコ、未使用カードの得点を合計して、一番得点が高いプレイヤーが勝ちになります。


      2人と4人で遊んでみまして、人数によるプレイ時間の大きな差は感じなかったですかね。配置しているうちに盤面が広がっていきますので、なかなかスペースはいるゲームかな。4人ですと広めじゃないと少し狭く感じるかもです。

      ゲーム感としましては、2枚から1枚を選んで配置していき、配置しなかった他のプレイヤーの山札に重ねる。

      要らなそうなカードを重ねたろ(。-∀-)ニヤリとか思うじゃないですか?

      そんなこと考える余裕がない。自分の配置をうまくすることで精一杯ですわ。

      配置を繰り返していくと気づけば最終ラウンドに・・・。

      配られた山札の枚数は一緒でも都市を完成させるとボーナスがあったりして嬉しいですね。都市は何回か遊んでみて、しっかりとした都市を1個作るのが高い得点が取れそうかな。

      小さな都市をたくさん作るとボーナスもあるけど、最終得点はそうでもない?イメージかも。困ったらコンゴウインコがあるカードは大切に配置することです。

      セットアップが簡単ですし、すぐに「もう1回」と言いやすい楽しさと遊びやすくてオススメです。

      機会がありましたら、是非遊んでみて下さいね(o≧▽゜)o

      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      もっと2人用ゲームも楽しむ機会が増えるといいね(*´∀`*)
      1
      11月15日(金) 13時〜18時半
      大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました。
      この日は帰るまでにこちらのゲームを遊びました。

      【ZIXZA(ジグザ)】
      こちらは2回遊びました。
      1回目は2回、どちらかのダイスをアタックで取れる状態にして勝ち。
      2回目はZXAにダイスを3個配置できて勝ちした。
      ルールも分かりやすくて、バトルフィールドのデザインも良いと言われて気に入られていました。




      【銅鍋屋】
      遊んだのが2回目やし、ルールや得点の方法もたぶん抜けなく説明できたかな。
      自分の欲しいカードだけを獲得していると次の手番には端に移動して、カード獲得の機会を失うこともあります。
      このゲームは、獲得したカードを表向きに重ねていき、次の手番にはカードの数字分だけ進むのが決まっているので、お互いに「次はあのカードを取りそうやなぁ。」とか予測したりする動きも大切になってきます。まぁ、爆発させて重ねているカードの一番上を山札に戻すカードがあるので予定とか狂いますけどね。
      中途半端にカードを獲得するとゲーム終了時に失点もしくは無得点になる種類のカードも出たりしますので、記憶も大事ですね。

      同じ種類コンプリートボーナスを意識して、うまく得点できたかな。
      ルール説明から面白さが伝わったみたいで嬉しいです。


      【バルーンカップ】
      5色の気球があり、そのうち3色の気球を迎え入れたプレイヤーが勝ちのゲーム。
      ゲームは、カードをランダムに8枚ずつ配りまして1〜4と数字書かれているタイルに数字の数だけ袋からランダムにキューブを取り出して配置します。
      手番になりましたら、手札から1枚を選びましてタイルに置かれているキューブと同じ色のカードを何処かに配置します。配置するのは、自分側でも相手側でも構いません。置ける枚数は両側ともキューブの数までで、キューブが赤赤青なら赤2枚、青1枚しか配置できません。
      両側ともに指定された枚数が配置されました勝負を判定します。タイルごとに合計数字が大きい方、小さい方が勝つと決まっていて同点ならどちらに置いたかに関わらず、配置したプレイヤーが勝ちになります。勝ちましたら、タイル上にあるキューブをすべて獲得します。
      タイルは裏返し、次は勝利条件が変化します。キューブは、また袋から取り出してタイルの上に置きますよ。
      手番は負けたプレイヤーからになります。

      こうしてキューブを集めているうちに気球に書かれている数字分だけ、同じキューブを支払い袋に戻すことで気球を獲得できまし、獲得した気球は取られたりはしません。
      どちらが獲得した気球のキューブは、今後は3個集めると好きなキューブ1個に変換できるようになるので、集めていると連続気球獲得しやすくなりますよ。
      変換は袋に戻さなくていいので(・ω・)ノ

      久しぶりに遊びましたが、カードの引きもありながら今は捨て札にあれがあるから、この色を出したら勝てそうとか持ってないでくれぇとか言いながらカードを出し合い気球を取り合いました。
      途中で1回、帰る前に1回と遊びまして気に入られていたゲームでした。
      2回目はぼろ負けでした( ;∀;)




      【チャイナゴールド】
      山側、川側に分かれての金鉱掘りです。
      木の板のダイス?に革製のボードに驚かれていました。まぁ、木の板とかは他のゲームではないよなぁ。
      ゲーム的には、お互いにある程度は金貨は獲得していきますが、同時に獲得することになっても手番プレイヤーが先に処理をしてから残りを獲得してどうぞとかになるので、少しずつ多めに獲得していく積み重ねのゲームかな。

      最後は木の板も使用しなくなり、めくり合いで決める。
      ちょっと、不思議なゲーム感かもしれませんね。



      【DRAKO(ドラコ)】
      こちらは2回遊びました。
      ドラゴンvsドワーフに分かれての戦いになります。
      ドラゴン側は、ゲーム終了時までにドワーフ3体倒すか生き残れば勝ちになります。
      ドワーフ側は、ゲーム終了時までにドラゴンを討伐すれば勝ちになります。
      手番では2アクションできまして
      「山札からカードを2枚引く」
      「手札からカードを1枚プレイする」
      を1アクションずつ、もしくはどちらかを2アクションするとできます。

      ドラゴンは火を吹いたり飛んだりできますが、ダメージを合計で5以上受けると部位破壊を狙われだして、気づけば飛べなくなったり、火を吐けなくなるのでそのカードが無駄になったりしますよ。
      ドワーフは、ボウガン、バーサーカー、ネットにと特殊能力を駆使したりして戦います。
      ドラゴンは防御が少なめ、ドワーフは防御が多めなので攻撃するタイミングは相手の反応や行動から判断したりですね。

      ドラゴン側では山札切れになり勝ちかと思いきや一撃を貰いまして負け。


      ドワーフ側では、連携攻撃や特殊能力を駆使して防御ができなさそうな瞬間に畳み掛けました。
      ドラゴンで勝ちたかったなぁ(T△T)



      【フルゴーニュ】
      2人プレイのブルコーニュは、説明込みでも1時間ぐらいかな。
      基本の個人ボードでプレイ。タイル埋めによる得点に重点を置く。はじめは先手番を譲っていたけど、途中からはゲーム終了時まで手番は譲らなかった。

      2アクション(2ワーカーダイス)を5ラウンドしたら1フェーズが終わるので、2人だとホンマに早い。
      ゲーム終盤には「もうラウンドがない(|| ゜Д゜)」と言われていました。


      楽しんで頂けたみたいで、説明もできそうと言われていたので良かったです。
      定期的にブルコーニュは遊びたい。


      【マヤる!】(初プレイ)
      植民地戦争 αさんの新作。ゲームマーケットでも販売されますが、ブースの通販で先に手に入れました。
      ゲームは、マヤ文明 パズルゲームで何人で遊んでも14ラウンドします。
      ランダムにカード15枚ずつ配りまして、見ないで山札にします。
      手番は同時に行いまして、山札の上から2枚のカードを表にしてどちらかを配置して、もう1枚は他のプレイヤーの山札の上に表向きに重ねます。
      全員が配置しましたら、次のラウンドになりまた山札から2枚のカードを表にしてどちらかを配置するを繰り返す。
      14ラウンド目は2枚のカードを配置しています。

      配置の際には、カードの表は6マスで分かれていて1マスは重なるように配置しないいけないのと、重ねる際には種類が同じじゃないと重ねられません。
      配置していき、神殿と家と泉のかたまりを森で囲えば都市が完成してボーナスとして追加で1枚配置してよいのと、ゲーム終了時に都市が得点になります。
      都市は1つごとに得点になるので、うまく何個も都市ができれば高得点かもです。

      2回遊んで2人だとゲーム時間も短く繰り返し遊びやすくて楽しめました。
      得点は1つ大きな都市を作るのが良さそうかな。


      【テンプテーション】
      ダイスを振り、出目に合ったマスにダイスを配置していき一番端に配置できたら得点か失点します。
      ゲームは、ラウンド終了時に500点以上のプレイヤーがいたら終了して得点が高い方が勝ちます。
      2人だとたくさんがダイスを振れて楽しいけど、失点の可能性も高くてハラハラする瞬間も面白かったです。



      この日はここまで。久しぶりに遊んだ2人用のゲームがどれも楽しくて、また2人用ボードゲーム会もしたいなぁって考えたりしました。久しぶりに開催しましたら、良かったら参加お願いしますね(*´∀`)ノ
      また、お会いしましたらよろしくお願いします。
      (SweetSは賽翁さんの中深煎りと一緒に頂いたものです。)
      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      ギルドでブンブン、コロコロ、ヒュー、ドカーン!!
      0

        11月12日(火) 15時〜18時半

        大阪谷町四丁目にありますボードゲームショップ ギルドさんに行ってきました(*´∀`)ノ

        大阪谷町線谷町四丁目駅6番出口から徒歩2分でお店に着きますよ。

        店内で販売されていますボードゲーム。

        新作、2人用、定番、同人で分かれていたりしますよ。

        店内で貸し出しされていますボードゲームは、オープンされてから少しずつ増えてきていますね。

        プレイスペースは、大阪でも最大級の広さじゃないですかね。

        店内にカップ麺やお菓子と販売していますので、お腹が空きましたら購入して休憩がてら食べるとよいですよ。

        自由に書き込めますノートもありますので、なにか書きたいことがありましたら是非(・ω・)ノ

        ボクも書き込んでいきました。


        店内の写真も撮り終わりましてから、帰るまでに色々と楽しみました。

        【マムマムマーガレット】(初プレイ)

        ノスゲムさんのマムマムマーガレット。こちらは、生産版ですがキチンと信頼できる職人さんに頼まれており、その仕上がりは「美しい・・・。」と惚れ惚れするもの。

        ゲームのほうは2人用で、花びらは配置していき得点を獲得したりビリーくんをうまく活用して配置ボーナスでお得なアクションをしたりします。

        交互に手番を行いまして、手番では「花びらを配置する」か「花びらを補充する」をしていき、最終的にはボード上にすべての花びらが配置されましたらゲームを終了し、獲得していた得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

        ゲーム終了時には、彩りある盤面になっていてしかも片付けまで終わっている。

        なにからなにまで美しいね。


        【銅鍋屋】(初プレイ)

        持ち込みゲームで2人用のゲーム。

        時計回りに駒を動かしていき、止まりました列にありますカードを1枚選んで獲得して重ねていく。駒の移動方法は、手番開始時に重ねているカードの上に記入されています数字の数だけ駒を移動させます。

        カードによっては、もう1回手番を行えるカードがあったり、相手の一番上のカードを山札の下に戻したりできます。

        すべてのカードは見えていますので、相手がどのカードが欲しいか自分はどれを獲得していこうかにと考えながらカードを獲得していくかな。

        基本ルールですと、カードの色はプレイヤーカラーの黒と白だけは得点や失点が倍になるルールが適用されますが、それ以外の色自体はそういったルールは適用されません。

        カードの獲得を交互にしていき、どこか1列のカードがなくなりましたらゲームは終了します。

        ゲーム終了時には集めたカードを種類ごとに分けて、1枚だけなら失点になり、2枚なら0点、3枚なら得点に、4枚ならボーナス得点付きになりますよ。

        あとは数字の1をたくさん持っていたほうは、ボーナス点がありまして、すべてのカードの合計得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

        今回は、お互いに伸ばせるだけ得点を伸ばすようなカードの獲得をしていく感じでしたかね。

        2人とも初プレイでしたが、このゲームは良い2人用ゲームだとなりました(*´ω`*)


        【レビュアー天国】(初プレイ)

        アノコロの俺らシリーズを作られているサークルさんの新作です。

        今回は年代ごとに開始したアニメ等についてを語ったりすることもこともできます。ただし、語るには得点を失います。語ることによって「いいね。」と思って貰えたらいいね得点が貰えたりしますよ。

        親プレイヤーが場に並んでいるどの話題について語りたいかを質問から当てたり、語りを楽しんだりしますゲームでした。


        【ポイントサラダ】

        4人でプレイ。3人の方が初プレイだったかな。はじめにポイントカードを獲得して、集めたい野菜カードを決める方もいれば、先に野菜カードを集めておいて欲しいポイントカードを獲得していく方にとカードの集め方はそれぞれでしたね。

        自分の前です〜ぐにポイントカードは裏返るから、野菜の収穫が捗りますね。

        ポイントカードと野菜カードの組み合わせが良いと得点が伸びるので集め方大事。


        【レイヤーズ】(初プレイ)

        全員が同じ組み合わせのカード5枚を使用します。ゲームは、6ラウンドしましてラウンド毎にお題カードがめくられますので、カードを重ねてお題カード通りのデザインになるようにします。

        出来たと思ったら、数字の書かれたボードを手に取りカードの上に重ねます。

        誰かが出来ると他のプレイヤーは、砂時計が落ちるまでに完成をさせないといけません。

        砂時計が落ちたら答え合わせをして合っていましたら、出来た順位に応じて得点が獲得できますよ。

        先に完成されても間違えていたら順位は栗上がりますので、諦めずに完成させるのが大事。

        1点。


        【CALAVERA(カラベラ)】(初プレイ)

        4色の出目、花の出目、ドクロの出目がありますカラベラ。

        手番では3回までダイスを振ることができ、出目のなかから1色、もしくは花の出目を選びまして、その数だけチェックをしていきます。花の出目は好きな色のとしてチェックができますよ。

        ドクロに関しましては、2個まではいいですが3個以上で手番中にチェックができなくなりますので注意です。

        手番以外のプレイヤーは、ドクロの出目が1個以上あれば手番プレイヤーが選ばなかった出目から選んでチェックできますし、しなくてはいけませんよ。

        チェックしていき、先にすべての色が一定の線を越えるとボーナスがあったりします。

        他には、チェックするほど得点は増えていきますがチェックは基本的には出来るなら必ずしなくてはならず、場合によっては得点が下がったりマイナス点になることもあります。

        花の出目は、チェックではなくロックをすることもでき得点は伸びなくなりますがチェックしなくてもよくできるようにもできますよ。ロックに関しては、手番プレイヤーしかできないので間違えないようにね。

        10点をロックしようとして、悲しみを背負った出目がこちらです。

        4人だと手番までにチェックせざるしかないことも多々あり、得点が下がる一方でした。

        紙ペンゲームでオススメの一作でした。


        【BRIKKS(ブリックス)】(初プレイ)

        回転できないテトリス。ゲーム開始時からAボタンとBボタンが壊れています。

        ゲームは、一人が色ダイスと4面ダイスを振りまして、その組み合わせのブロックを上から落ちくる感覚で落ちたマスにチェックをします。ブロックの回転はできませんが、横移動はできますよ。

        横一列が埋まる、1〜2マス空きに応じた得点を獲得したり、指定されたマスをその色のブロックでチェックできれば、ボーナスを獲得できたりもします。

        同じシートを使用していますが、バラバラのブロックを記入してからゲームを開始しますので、それぞれが欲しいブロックが全然違ってきて、中盤以降は「その色はいらないねん(;゜∇゜)」と言いながらチェックしていきました。

        一度でもチェックできなくなれば、ゲームから抜けていき、全員がチェックできなくなればゲーム終了です。

        隙間だらけのテトリスになり、なかなか難しかったですがリベンジしないといけないなぁ。


        この日はここまで。

        ギルドさんにあります遊べていないボードゲーム、持ち込みボードゲームにと楽しめました(*´∀`*)

        ご一緒して頂きまして、ありがとうございました。また、お会いしましたらよろしくお願いします。

        まだ、ギルドさんに行かれたことない方は是非行ってみて下さいね(o≧▽゜)o



        【営業時間】

        平日  15時〜23時

        土日祝 13時〜23時


        【料金】

        【住所】

        〒540-0012

        大阪市中央区谷町3-4-9

        OHMビル6F

        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        大阪梅田にありますボードゲームカフェプラスさんに行ってきました(*´∀`*)
        0
          11月11日(月) 17時半〜22時半
          大阪市北区曽根崎にありますボードゲームカフェプラスさんに行ってきました。
          最寄り駅は、谷町線東梅田や南森町ですかね。

          建物の2階にありまして、階段を上がると入り口はすぐ分かりますよ。

          店内のほうはテーブル4卓、椅子が16脚ですかね。
          壁画風で隠れ家的な雰囲気です。
          到着と同時にドミニオンが並んであるみたいに、マスター含めお客さんもドミニオン好きな方が多いみたいですよ。


          ドミニオンシリーズは、ほぼ揃っていそうですね(*´∀`)♪

          ボードゲームもキチンと陳列されていますので見やすいです。





          料金は1500〜2000円で到着時に先払いです。ワンドリンク付きになります。
          12月31日までは、Twitterのハッシュタグキャンペーンをされていまして、ハッシュタグ付きでツイートしますと500円までのドリンクサービスをされていますよ。


          平日に通われるなら、お得な平日フリーパスの購入をオススメ。
          来店時にワンドリンクオーダーは必要ですが、かなりお安いですよ。


          店内の写真を撮りましてから、ご一緒しました方々とこちらのゲームを遊びました。
          【宝石の煌き】
          序盤は得点のあるカードを獲得しつつ、悪くないペース。
          キープもしたりしていましたが、有効キープにならなかったあたりがイケてないねΣ(ノд<)

          自分だけ13点止まりでダメでした。


          【クワックサルバー】
          今回は拡張なし。9ラウンド中、バーストは1回だけだったので、毎ラウンド安定して得点とチップ購入ができたかな。
          バーストするときは、すごい確率でバースト要因になるチップを袋から取り出しちゃうから不思議だよなぁ。


          基本はドンドンとしずくの位置を移動させて、先に進みやすくするのがいいね。
          はじめて端まで到達できたや(o≧▽゜)o


          【ナンバーナイン】
          70点ぐらいやったので、う〜ん。
          3段目に乗せないと90点〜にはならないよなぁ。
          毎回、タイルの配置の仕方に悩みながらうまく配置できると嬉しい( v^-゜)♪



          【スカラビア】
          スカラビアは、タイル配置ゲームとしては遊びやすいゲームですね。
          スカラベを4マス以内に収まるようにして、収まればマス分だけ得点になる。
          今回は4マス以内に収まることが、たくさん出来ましたのでなかなかの得点でした。



          【よくばりパフェ】(初プレイ)
          カフェには美味しいSweetSがたくさんありますので、ついあれもこれもよくばり食べてしまいたくなります。
          でも、身体は正直なもので甘いものを食べ過ぎるとダメなことになります。

          ギリギリを超えないようにSweetSを頬張りお腹の中に押さえるのがカフェを楽しむ秘訣です。
          食べたいSweetSがあっても、食べるのを決めるのはダイスなので、このカフェは注文は聞いてくれないぜ。

          途中でお腹を壊される方もいましたが、全員で店内のSweetSをすべて食べましたよ。
          大食いが勝ちなゲームでした(*´∀`*)


          【ジャンケンポーカー】(初プレイ)
          店内で販売されていますジャンケンポーカーを遊ばせてもらいました。
          マスターが作られましたゲームで、ゲームマーケットでも販売されるみたいですよ。

          カードは、グー・チョキ・パーとありまして白、黄色、黒とあります。
          白は両面ともにグー・チョキ・パーのどれかが分かります。
          黄色と黒はプレイするまで分かりません。
          ゲームとしましては、手番になりましたら誰かを指名しまして手札からカードを1枚選んでジャンケンをします。
          勝てばカードを減らせまして、先にカードを無くせば勝ちになります。
          あいこは、お互いにカードを減らせませんが次のプレイヤーは、あいこでもカードを減らせますのであいこにはあまりなりたくないですね。
          黒のカードは、勝てばそのカードを相手に押しつけられるカードですから、こちらの所在が重要になりますね。

          だんだんと手札が減ってきて、だれがなんのカードを所持しているかを判断できますので、確実に負ける相手には勝負は挑まないようにしないといけません。
          最後は1枚、2枚、1枚から勝つことができました。


          ジャンケンに要素を足しましたゲームですね。3人〜7人まで遊べるみたいですよ。

          【ハイロー】
          最近、持ち込むと結構遊んでる気がします。3人だとマイナス点を少なめにしてラウンドを終わらせることがしやすいので、6ラウンド前後は遊ぶかも。
          欲しい色が山札から引けたり引けなかったり、カードの引きに一喜一憂しながら遊べます。
          ぴったりとマイナス点が100点になりまして負けました( ;∀;)


          ここらへんで、いい時間になりましたのでお店をあとにすることにしました。
          ご一緒して頂きましてありがとうございました。
          また、お会いしましたらよろしくお願いします(*´ω`*)
          皆さんもよかったら、一度お店に行ってみて下さいねヾ(´ー`)ノ


          ボードゲームカフェプラス
          【営業時間&料金】


          【住所】
          大阪市北区曽根崎1丁目7-2 FUKUE BLDG 2F
          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |