SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。

よろしくお願いします(*´∀`)

京都
ボードゲーム
ボドゲ
ぼどげかふぇれもん
0
    11月19日(日)
    京都JR東福寺駅から徒歩5分のところにあります、ぼどげかふぇ れもんさんに行ってきました。


    こちらは毎週日曜の10時〜20時にボードゲーム喫茶としてオープンされています。
    第3日曜だけ12時〜20時で、月曜から土曜は喫茶店です。
    店内にありますボードゲームは、すべて所有されていますボードゲームで遊びやすいのから少し遊ぶのにじっくりとするゲームまでありますね。


    店内は2卓とカウンター席とあります。2階も場合によっては開放されるみたいですよ。壁際もレモンで統一されています。




    ゲームのほうも遊ばせて頂きまして【カッコウの巣作り】を初プレイ。
    たまごをうまくのせないといけないんですが、全然のせられない(´;ω;`)
    バランスゲームでも苦手なバランスゲームがあるとは思わなかった( ̄▽ ̄;)
    でも、楽しいからまた遊びたいなぁ。



    この日は、他に約束がありましたので短時間ですがお店の雰囲気とかが知れてよかったです(*´∀`*)
    路面店なんで、積極的にボードゲームのアピールをされるとご近所さんとかも遊びにくるようになるかもしれませんね。
    ご利用料金やメニューなどはこのようになっています。



    東福寺に行かれました際には、是非遊びに行ってみて下さいね。


    【開店日】 日曜
    【営業時間】10時〜20時(第3日曜は12時〜20時)

    〒605-0975
    京都府京都市東山区泉涌寺雀ヶ森町7-6

    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
    マクドナルドクルー人生ゲーム
    0
      【タイトル】マクドナルドクルー人生ゲーム
      【プレイ人数】2人〜4人
      【年齢】6歳〜
      【プレイ時間】20分
      【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
      【スマイル度】★★★★★☆☆☆☆☆

      2017年11月17日〜22日で、マクドナルドのハッピーセットで手に入れられることの出来ました【マクドナルドクルー人生ゲーム】の紹介です。
      各プレイヤーはマクドナルドの新人クルー(アルバイト)になり、お店での色々な出来事にもめげずに働きスマイルを貰ったり失いながらコマを進めていきます。
      ゲーム中に一定確率で、ランクアップすることができたらより多くのスマイルを集めたりすることができるかもしれません。
      こちらはゲーム終了時にたくさんのスマイルを得ている人が勝ちになりますマクドナルドの人生スマイル計画を体感できる人生ゲームとなっています。

      ゲームで使用しますのは、ゲームボードにコマ、ルーレット、職業カードにスマイルカードにと充実のコンポーネントです。



      ゲームの準備としましては、ゲームボードを広げて各プレイヤーはコマを選びましてスタートマスにコマを置きます。

      職業カードをこちらの面を上にして用意して下さい。

      誰かがスマイルカードの管理をするスマイル管理係になり、スマイルカードの回収や配布を行うようにします。
      各プレイヤーはスマイル管理係から5スマイルを受け取りましたらゲームスタートです。

      ゲームの遊び方は、ジャンケン等でスタートプレイヤーを決めて時計回りに手番を行っていきます。
      ルーレットを回しまして、出た数だけ自分のコマを進めて止まりましたマスの指示に従って下さい。
      全員がゴールしましたら、ゲームを終了します。
      はじめの6マスだけは止まりました職業カードを受け取るマスになっています。先に職業カードを取られていますマスに止まりましたら、スタートに戻りまして他のプレイヤーとは違う職業カードを受け取れるようにして下さいね。
      ゲーム途中には、仕事での分岐点となりますマスやランクアップのチャンスがありますマスがあります。スマイルを忘れずにコマを進めて、より多くのスマイルを集めて一番を目指しましょう(*´∀`*)



      3人で遊んでみまして、はじめの1〜6マスで将来どのようにランクアップするかは決まりますのでスタートがかなり重要です。
      道中はスマイルをマイナス3〜プラス3ぐらい獲得しながら進んでいきます。分岐点では、少し変化がありますがそこが重要ではなくランクアップマスでアルバイトからどのようにランクアップできるかが重要です。一人は店長になり、もう一人はスター、ぼくはランクアップを失敗してアルバイトのままでした(´;ω;`)
      店長になると途中のスマイルマスで4スマイル貰えたりで、アルバイトは1スマイルしか貰えないので生々しい差がでしたね(;・∀・)
      ゴール前のマスにはスマイルジャンケンで5スマイルの奪い合いがあるのですげぇ人生ゲームだぜヽ(´▽`)/
      圧倒的な差が現れたゲームでしたね。店長はやはりスマイル稼ぐのうまいですわぁ。

      よかったらスマイルを忘れずに楽しんでみて下さいねヽ(´▽`)/
      | - | 21:00 | comments(0) | - | - |
      ルターの宗教大改革
      0
        【タイトル】ルターの宗教大改革
        【プレイ人数】1人〜4人
        【年齢】10歳〜
        【プレイ時間】60分
        【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
        【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

        今回紹介しますのはゲームデザインが砂漠のキタキツネさん、グラフィックデザインが有限会社ワンドローさんの【ルターの宗教大改革】です。
        監修に日本キリスト教会とあるのが、今までのゲームとは違いますね。
        ゲームでは各プレイヤーは、著名な宗教改革者になり助け合いや邪魔し合いを楽しくしながら、16世紀ヨーロッパでの宗教改革を行いますよ(・∀・)ノ

        プレイ人数は基本的には3〜4人みたいですが、1人用と2人用のルールも用意されていますよ。
        プレイ時間は60分、追加でルール説明に15分とありますね。
        ゲームで使用しますのは2種類の形がありますアクションボード。

        プレイヤーボード(4枚あり人物により能力は違います)

        イベントカード、出版カード、都市同盟カード、書簡カード

        マーカーは改革度、正当度、結婚とあり、資源カウンターは資金、祝福、聖書、信徒、新教徒に5VPカウンターですね。

        プレイヤーコマに協力者コマは4色、最後にサイコロ1つです。


        ゲームの準備は、アクションボードを形の違う2種類に分けて裏向きにしてランダムに交互につなげていき、12枚のボードで六角形をつくり場に置きます。

        イベントカードを序盤、中盤、終盤に分けて、序盤から1枚、中盤から3枚、終盤から2枚を裏向きで表を見ないでランダムに選びます。
        序盤→中盤→終盤のカードになるように重ねて選ばれなかったカードは箱に戻して下さいね。
        出版カード、都市同盟カード、書簡カードは各種カードをしっかりと混ぜて、アクションボードの横に山札として置いて下さい。山札から3枚のカードを引いて、山札の右側に置き場のカードとして下さい。

        プレイヤーボードをランダムに選び、プレイヤーカラーの決定をし、選んだ色のコマやマーカーを受け取って下さい。
        受け取りましたら画像の様にコマやマーカーをプレイヤーボードに配置して下さいね。

        各種カウンターを分けてアクションボード横に置いておき、ジャンケン等でスタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーからサイコロを1個降り出目と同じアクションボードにプレイヤーコマを置いていきます。時計回りにサイコロを振り全員がプレイヤーコマをアクションボードに配置しましたら準備完了ですよ。

        ゲームのほうは、全部で6ラウンド行います。1ラウンドでは3つのフェイズを行います。開始フェイズ→メインフェイズ→終了フェイズです。
        開始フェイズでは、まずはイベントカードを1枚引きましてカードに書かれた効果の処理を行います。カードには「この資源をサイコロの出目のアクションボードに置く。」と指示がありますので、2回サイコロを振り出目と同じアクションボードに資源を置きましょう。


        第1ラウンドでは行いませんが、各カードの入れ替えを行ったりします。
        カードは3枚になるようにして、古いカードは山札の下に送ります。
        各種効果の適用をしたら開始フェイズを終わります。

        メインフェイズになりましたら、スタートプレイヤーから時計回りに順番に手番を行っていきます。
        スタートプレイヤーは、1ラウンド目ははじめに決めたプレイヤーがなり、2ラウンド目以降は前のラウンドの最後に手番をしたプレイヤーがスタートプレイヤーになります。
        手番になりましたら、まずは自分のプレイヤーコマを動かしますがその際に自分の手元に協力者駒がない場合には手番を飛ばされますので気をつけて下さいね。
        全員の手元に協力者駒がなくなり、手番を行えるプレイヤーがいないなら、終了フェイズになりますよ。
        プレイヤーコマの動かし方は、アクションボードを時計回りで1〜6のマスを好きな数を決めて動かすことができます。
        動かさないは選ぶことができません。

        移動しました際に移動先に他プレイヤーコマがあるなら、自分のコマを重ねて上に置いて下さいね。
        自分のプレイヤーコマの上に他プレイヤーコマがあるなら、移動の際は一緒に移動することになりますよ。
        下にある駒は一緒に移動しませんが、下にある駒が動く場合には一緒に移動することになります。

        移動が終わりましたら、移動先のアクションボードに資源がありましたら、そのすべてを獲得できますので、自分のプレイヤーボードに資源を置いて下さいね。
        資源の獲得以外に移動先のアクションボードに自分の協力者駒を置きます。
        協力者駒は1〜2個置き、置かないはできないです。
        アクションボードには1〜3の数字が書かれており、1から順番に置いていきます。



        3の数字のところに協力者駒が置かれたらアクションが発生して、3マス埋まりましたら4個目の協力者駒は置けません。

        アクションは、自分手番以外のプレイヤーがアクションを行うこともあります。
        アクションボードにこのように3個の協力者駒が置かれましたら、そのアクションボードに最多の協力者駒を置いていますプレイヤーがアクションを行って下さい。

        1個ずつ置いたなら3番目に置いたプレイヤーがアクションを行って下さい。

        これだと、だれも置かないってなりそうですがアクションを行えなかった協力者駒を1個置いていましたプレイヤーは「ハレルヤヽ(´▽`)/」と宣言して、祝福1を獲得できますよ。

        アクションには行えるアクションが2つありますので、片方か両方かを行うか両方行わないかを選んで下さいね。
        アクションには、コストが必要なものもありますので気をつけて下さいね。
        アクションにより、カードを獲得したり結婚したりに改革度に革命度にと上がりますよ。

        アクションが終わりましたら、そのアクションボードに置いていました協力者駒はすべて、ボードの内側に置いて「協力済みの協力者」と呼んで下さい。

        終了フェイズになりましたら、行動済みの協力者駒を3個まで戻したり(結婚してたら4個)、アクションボード上にあります協力者駒を任意の数を戻せます。
        カードや人物の各種効果を適用しまたらラウンドを終了します。
        6ラウンド目終了時には、得点計算に入ります前に最終アクションを行います。各プレイヤーは時計回りの順にアクションボードを1つ選びまして、そのアクションを行います。
        この時だけは、協力者駒に関係なくアクションを行えます。アクションは片方でも両方でも行ってよいですが、コストが必要なキチンと支払わなければなりません。
        最終アクションを全員がしましたら得点計算に入りまして資源やカード、正統度等の様々な得点を計算しまして一番VP(勝利点)が高いプレイヤーの勝ちになりますよ。

        3人と4人で1回ずつ遊んでみまして、アクションを行うには協力者コマが3つ配置されないと実行されませんので、一人で3つ配置していくのはなかなか大変です。
        配置やプレイ感は変わりませんので、1人居るだけで全体の点数は上がりやすくなりますね。遊ぶなら4人がいいかなぁ。アクションを実行できなくても計画的な「ハレルヤ」をすることも大事ですね。
        アクションボードやイベントカードがゲームをする度にランダムなので、毎回違うゲーム感を楽しめますね。
        少しキャラクターごとの性能差やイベントでの突然の資材減とあり、少しう〜んなところもありますが遊びはやすいですね。
        ゲームの勝ちパターンとして、カードの購入が勝率高そうな気がしますが、何回か遊んでみたら分かるかな。
        協力や裏切りと楽しめますルターの宗教大改革。よかったら遊んでみて下さいねヽ(´▽`)/



        | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
        サグラダ
        0
          【タイトル】サグラダ
          【プレイ人数】1人〜4人
          【年齢】13歳〜
          【プレイ時間】30分〜45分
          【難易度】★★★☆☆☆☆☆☆☆
          【オススメ度】★★★★★★★★☆☆

          今回紹介しますのは【サグラダ】です。
          プレイヤーは、サグラダファミリアで最も美しいステンドグラスを作ることを目指す、テーマから美しいゲームです。
          ガラスの断片をダイスで表しますので、ゲーム終了時には彩りのよいステンドグラスが出来上がりますよ。
          美しいステンドグラスを作るためにゲームで使用しますのは、窓枠プレイヤーボードにダイス、窓パターン。


          プレイヤーの手助けをします道具カードに、美しさの指針となります公開目標カード、非公開目標カード。恩恵トークンにラウンドトラックです。

          ゲームの準備としましては、各プレイヤーに非公開目標カードを1枚ずつ配ります。他のプレイヤーには見られないように自分だけ確認をしましょう。

          次に窓パターンカードを2枚ずつ配りますまして、窓枠プレイヤーボードを1枚配って下さい。窓パターンカードは裏表になっていますので、4種類のパターンから1種類を選び、使用しないカードは箱に戻して下さい。
          窓パターンカードの右下にあります恩恵トークンの数だけ恩恵トークンを受け取りまして、窓枠プレイヤーボードに窓パターンカードを差し込んで下さいね。
          受け取る恩恵トークンが多くカードほど、難易度が高い窓ですよ。



          プレイヤーの準備が終わりましたら、ラウンドトラックをテーブル中央付近に置きます。
          道具カードと公開目標カードをそれぞれシャッフルして3枚をランダムに表向きに場の中央に置いて、ダイスすべてをダイスバックに入れてジャンケン等でスタートプレイヤーを決めましたらゲーム開始です。

          ゲームは10ラウンド行いまして、各ラウンドではまずはじめにスタートプレイヤーが袋からランダムにプレイヤー人数プラス1個のダイスを引いて、引いたダイスを振ります。
          降りましたダイスは、ダイスを集めてドラフトプールにして下さい。

          スタートプレイヤーから、時計回りに手番を行いまして手番では以下の2つのアクションを片方もしくは両方を行うか、パスをすることができます。

          1つめはドラフトプールからダイスを1つ選びまして、自分の窓に配置する。
          配置する際には、はじめの1つめは、窓の辺か四隅のどこかに配置して下さいね。

          2つめは恩恵トークンを支払いまして、道具カードを使用します。支払いについては誰も使用してない道具カードなら1つ、すでに使用されています道具カードは2つの恩恵トークンを支払うことで使用できますよ。

          ダイス配置は2つめ以降は、すでに置いてありますダイスに隣接して置いていきます。
          ルールとしまして、窓パターンカードの制限(色指定や出目指定)は守りつつ配置します。


          他にもすでに配置してあるダイスの斜めに配置の際には大丈夫ですが、ダイスは縦横と「同じ色」「同じ出目」なら隣接させて配置はできませんので、配置の際には気をつけて下さいね。


          ダイスは時計回りに順番に配置していきますが、最後のプレイヤーが配置しましたら2つめのダイスは最後プレイヤーから逆時計回りに選んで配置していきます。
          全員が2つダイスを選びましたら、ラウンドを終了してスタートプレイヤーは、左隣のプレイヤーに移りますよ。

          余りましたダイスは、ラウンドトラックの現在終了しましたラウンド数のスペースに置いて下さいね。

          10ラウンドが終わりましたらゲームを終了して得点計算に入ります。
          各プレイヤーは、非公開目標カードを公開して自分の窓枠プレイヤーボードに配置してある非公開目標カードに指定されたダイスの色の出目を足して下さい。それが点数になります。

          公開目標カード3枚は、達成しているなら複数回得点を得て下さい。
          使用しなかった恩恵トークン1つにつき1点入ります。
          「非公開目標カード」「公開目標カード」「恩恵トークン」の点数を足して、窓の空きスペース1つにつき1点を失いまして、合計得点が最終得点になりますよ。
          点数が一番高いプレイヤーが、最も美しいステンドグラスを作ることに成功してゲームの勝者になりますよ。


          2人、3人、4人でも準備やプレイの仕方は変わりませんが、2人やと40個、3人やと20個のダイスが袋の中から出てきませんので、欲しいダイスが出てくるとは限りませんし出てきてもさらにそこからダイスロールが待っていますよ。
          得点の伸び方自体は、出目と公開ボーナス、非公開ボーナスとの兼ね合いもあったりしますがプレイのシンプルさとプレイ時間、繰り返し遊びたくなるゲーム内容ですね。配置ミスはたまに起こったりしますが、みんなでよくみて気をつけましょう。
          是非美しいステンドグラスを作ってみて下さいね。
          | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
          第70回賽翁グレート木曜ボードゲーム会
          0
            大阪市北区中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんの木曜ボードゲーム会に参加してきました。今回で第70回目ですね。
            16時ぐらいに着きましたので、久しぶりに
            お店の外観や店内撮影をしたりしながら、温かいほうじ茶にモンブランどら焼きとか頂きながら、ブログ更新していました。




            新しくできたボードゲーム棚もいっぱいになってきましたね。

            テーブルとかカウンターです。


            少し落ち着いたぐらいにお店に届いていました【AZUL】を遊ぶことになりました。今から日本でも販売されると思うので買おうと思っていますのが先に遊べるのは嬉しいことです。
            ゲームは毎ラウンド、石が4つずつ置かれます。どれかひとつのグループから1種類を選びそれをストックする。選ばれなかった石は中央に集まります。そこからも選べますので、たまりますと一気に取れますが、石はストックできます個数と種類が列ごとに決まっていますので、取り方も気をつけないといけませんね。場にあります石が無くなりましたらラウンド終了。ストックにあります列を埋められた石は1つが右側に移動しまして、まわりになにもなければ1点、上下左右で繋がりました数だけの点数も入りますよ。石の移動は上の列からしていきますので、うまく移動できますと点数が積み重なりやすいですね。




            誰かがどこか一列を揃えるとゲーム終了。
            横が埋まってたら2点、縦が埋まったら一列7点、同じ石が5個置けてたら10点とボーナスも大事ですね。

            木曜ボードゲーム会でも1回遊んで2人プレイで2回遊びまして、これは今度は3〜4人で遊びたいし欲しいしで、買いのゲームでした。見た目もよいし、繰り返し遊びやすいのは好きだよ(*´∀`*)



            【BRYNK】
            ゲーム会始まりにはちょうどよいお手軽さ(・ω・)ノ


            【グレートウエスタントレイル】
            初プレイ3人が40分ぐらいの説明を聞いてのゲームスタートヽ(´▽`)/
            20時ぐらいからスタートしたかな。
            いきなりのマイナス12点の12金プラスにするスタートじゃ(*´∀`*)

            牛を買う?おっさんを買う?列車を走らせる?建物建てちゃう?と悩むこともあるけど、俺はおっさんに建物やらで頑張ってみるぜ(*´∀`*)

            はじめは行動の処理やらは、手間取りましたが徐々になれてゲームスピードもアップですヽ(´▽`)/
            通行料金頂くのはよいぞ(*´∀`*)

            おっさんを集めるほど牛を安く買えるようになったり、よい建物建設ができたりにとおっさんは力!!
            一回プレイしてみて、先にあれを技術力アップしたりやら建物とかのコンボに今回はあまり列車を走らせなかったけど、あれもできそうやら楽しくなるゲームでした。
            全体の盤面が見たいのもありますが、終始3人とも立ってたことが多いんじゃないかな。それだけ楽しかったってことです。

            バランスよく点を取るのもよし、尖らせるのもあり戦略色々あるなぁ。
            おっさんはたまに高い相場の時があるから囲えるような財力大事ですね。

            牛はもう少し集めたかったな。収入増やしたくなるから。

            ゲーム結果はこんな感じでした。次はもう少し点数上がるようにするで(・∀・)


            帰る前に【おばけの時計】を初プレイ。
            スイッチを押しまして、鐘が鳴るまでにたくさんのおばけを置けてたら勝ちやけど、針が訳分からん動きしよるから振り落とされる(;・∀・)
            シンプルながらパーティーゲームとして楽しかったですわヽ(´▽`)/



            他には【コードネームディズニー】【シャドウハンターズ】とかも遊ばれていたかな。グレートウエスタントレイルしてたからまわり見れてないや。
            100回まであと30回。皆さんもよかったら参加してみて下さいね。
            | - | 00:00 | comments(0) | - | - |