SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。

よろしくお願いします(*´∀`)

京都
ボードゲーム
ボドゲ
comedyボドゲ棚制覇の道 〜その8〜
0
    9月15日(金) 18時〜21時
    ボードゲーム&カフェcomedyさんに行ってきました(・ω・)ノ
    この日は、2つのボードゲームを遊びました。

    【ポルタ・ニグラ】
    クラマー&キースリングのポルタ・ニグラ。3人で初プレイ。
    レンガを購入したりして、建築士に塔を建設させて得点を稼いでいきます。最後に一番得点の高いプレイヤーが勝ちです。

    ゲームは、内容は同じカードをしっかりとシャフルしてそれぞれ山札にします。
    山札から各自2枚を手札に加えます。自分の手番が来ましたら手札のどちらかのカードを1枚表向きに場に出して、カードの下にありますロウソクの数分だけアクションが行えます。ロウソクトークンを使用したりしたら、追加でアクションが行えたりしますが、カードによってできるアクションは決まっていますのでカードの使う順番も大切です。色はついていませんが、場所によって価値の違いますレンガを購入して、自分のストック置き場に保管しておき、建設のアクションで建設したりして得点を稼いだり、条件を満たせば恩恵があったりします。たまにボーナスカードが貰えたりしますね。建設したら自分のコマを一番上に乗せます。コマがないと建設ができませんので、コマの補充もしないといけませんね。



    中央にありますレンガは6個以下になれば、手番の始めに14個以上になるように補充されたりします。
    補充の指示によっては、欲しいレンガがあまり補充されなかったり先に買われたりしますね(。・ω・。)
    白のレンガは5金と高いですが白としても使用できますし、他の色と一緒に使用できますね。
    はじめは寂しいマップでしたのに塔が建設されていくと楽しくなってきますね。


    ゲーム終盤とかこんな感じですね。

    ゲームのほうは、塔の建設得点とボーナス点、エリアマジョリティと悪くない得点で190点ぐらい取れましたが、1位は230点ぐらい獲得されてましたね(;・∀・)
    2〜4人でも遊べますが、3人でもゲーム終了時がこうなっていますので、3人ぐらいがよいかもしれません。
    欲しいし楽しいゲームでした(*´∀`*)



    【魔女の踊り】
    4人で初プレイ。記憶が必要なすごろく。自分の色の魔女を踊り場から全て出せたら勝ち。普通のすごろくと違うのは、途中から自分の色がわからなくなるのと踏まれたら、7マス後退する。空いてるマスがあるまで後退するからすごいごちゃごちゃしてくるよヽ(´▽`)/

    間違えて違う色の魔女を脱出させちゃうと、その色の魔女がゴール付近までいっちゃうから気をつけないといけない。
    ボクの魔女は他の方が間違えだらけで、ゴール付近までいき気づいたら勝っていた(;゜0゜)
    ほぼ30年前のゲームやけど、楽しめた・・・かな(*^^*)


    この日も2つ遊んだことないボードゲームが楽しめまして嬉かったですヽ(´▽`)/



    【定休日】
    月曜、火曜

    【営業時間】
    水〜金 17時半〜22時半
    土日 15時半〜22時半

    【プレイ料金】
    90分500円
    フリータイム900円
    ともに1ドリンク付き

    【住所】
    京都市右京区山ノ内養老町8-9 2階
    | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
    刈るか(`・ω・´)キリッ 刈られるか(´・ω・`)ショボーン の賽翁サイズ会
    0
      9月16日(土) 13時〜19時
      大阪中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんに行ってきました(・ω・)ノ
      この日は、6人でサイズ会をするためです。集まりましたメンバーはボク以外はすでにプレイ済み。なるほど、うらカモさんがカマじゃなくネギを装備した状態でスタートか・・・。
      ネギでも戦えることを証明してやるぜヽ(´▽`)/

      6人でのプレイ予定でしたが、飛び入り参加もありまして7人でのサイズ会になりましたね。
      拡張ないなら1〜5人プレイになりますね。
      初プレイが2人で、2回目が3人の3回目以上が2人でしたね。
      ボクの使うのはこちらでしたね。

      食べたらコンポーネントが消えたよ(*´∀`*)

      ゲーム自体は、はじめに覚えないといけないことはまぁまぁありますけど、ゲームが始めると基本的には行動は4つの中から選びますが、選らんだ行動は次から選べないですので3択になりますね。
      なんかロボット作れたりするから楽しくなりますね(*´∀`*)

      ワーカーがいたら生産力が上がったりしますし、ワーカーが蹂躙されてぶっ飛ばされたら、ぶっ飛ばしたプレイヤーの民心力が下がるからね。結構、ワーカーがブロックになりますね。

      条件を達成したら、☆マーカーを達成した場所に置いて☆マーカーを6個置いた人がいたら終わる。ゆるやかにゲームが進行していたと思いきや、気づけば一気に条件を満たされたりしますね。

      武力値みたいなのは、パワー20ありましたがボクはまったく戦闘がなくおわり永世中立国として牧場物語していたら7人中4位でした(´;ω;`)

      みんな戦闘していて楽しそうやったなぁ。
      まぁ、戦闘したら武力値が下がりやすいからしないほうがよいみたいやけどね。
      やっと遊べたし、楽しかったからこれは買いですなぁヽ(´▽`)/


      サイズのあとにハリガリを遊んだけど、反応速度が違いすぎて勝てる気がしない(;・∀・)

      ネオスを遊んだりしている、他の卓ではセンチュリースパイスロードのゴーレムエディション、禁断の島とか遊ばれてましたね。今度の木曜ボードゲーム会で遊ばして貰おう(*´∀`*)
      サイズもまた遊びたいので、みんなで鎌を振り回しましょう(*´∀`*)






      | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
      ヌビア 〜ナイルの古代王国〜
      0
        【タイトル】ヌビア 〜ナイルの古代王国〜
        【プレイ人数】1人〜5人
        【年齢】10歳〜
        【プレイ時間】30分〜90分
        【難易度】★★★★☆☆☆☆☆☆
        【オススメ度】★★★★★★★☆☆☆

        今回紹介しますのはCOLON ARCさんの【ヌビア 〜ナイルの古代王国〜】です。
        プレイヤーは1つの王国の王になり、資源をうまく使い建物や人を増やしたりしましょう。ついでにピラミッドも作って国をより良くしていきましょうヽ(´▽`)/
        ゲーム終了時に一番豊かな王国を作ったプレイヤーが勝ちになりますよ。

        では、王国を豊かにするために使うものを紹介しましょう。
        ・建物カード 74枚

        ・貴族カード 16枚

        ・スタート建物カード 20枚(4種類各5枚)
        種類は石切場、伐採所、小麦畑、夜営地の4種類。

        ・ピラミッドカード 18枚

        ・神カード 9枚

        ・兵士トークン 25個 & ゴールドチップ 15枚

        ・補充ボード

        です。

        ゲームの準備としましては、スタートカード建物4種類1枚ずつを1セットとして各プレイヤーに配って下さい。
        こちらは手札になりますので、他のプレイヤーには見られないようにして下さいね。

        次にテーブルの中央に補充ボードを置いて下さい。

        全ての建物をカードをよく混ぜて裏向きにして山札とします。
        プレイヤー人数に応じて、山札からカードを抜いて箱に戻して下さい。
        山札は補充ボードの対応する場所に配置して、山札から3枚引いて補充ボードを囲むように表向きに1枚ずつ置いて下さい。

        兵士トークンとゴールドチップも補充ボードの対応する場所に配置し、こちらはストックといいます。

        ピラミッドカード、貴族カードをプレイヤー人数に応じて準備をして、余りましたカードは箱に戻して下さい。
        ピラミッドカードは、種類別に分けて第一世代だけを表向きにし、残りの第二世代と第三世代のカードは裏向きにして、第一世代カードの横に置いておきましょう。
        貴族カードも種類別にして、表向きに並べておいて下さい。
        神カードをよく混ぜまして、各プレイヤーに1枚ずつランダムに配りまして、余りましたカードは箱に戻して下さい。
        受け取りました神カードは表向きか裏向きさて自分の前に縦向きに置いておいて下さい。

        スタートプレイヤーをジャンケン等で決めてます(最近大きい川を見たならそのプレイヤーがスタートプレイヤー)。
        スタートプレイヤーから時計回りに初期資材を受け取って下さい。

        受け取りましたら、全てのプレイヤーは自分の手札にありますスタート建物カードの中から1枚を選びまして伏せて自分の前に出して下さい。
        全員が伏せましたら一斉に表向きにして自分の前に置いて下さい。以降は、自分のカードを置く場所はプレイエリアになります(・ω・)ノ

        準備ができましたのでゲームのルールを説明します。
        ゲームは3つの世代をします。各世代で建物カードの山札がなくなるかピラミッドカードの山札が補充ボードから無くなりましたら終了します。
        3世代目が終了しましたら得点計算を行いまして、一番得点の高いプレイヤーが勝ちになります。

        ゲームは、手番になりましたら2つのフェイズを行います。
        それぞれのフェイズが終わりましたら手番が次のプレイヤーに移ります。

        1つめは建築フェイズ
        手札から建物をカードを自分のプレイエリアに配置をします。
        建築は手番内でしたら何枚でもすることが可能です。
        建築にはコストが必要だったりしますが、建築をすることで他の建物の効果が発生したりしますので、うまく建築していきましょう(・ω・)ノ
        コストは、お金だったり資材で払うことになります。カードはお金でもあり建物でもあるので、なにを建築するかは計画的にね。

        2つめの補充フェイズでは、4つのアクションから2つ選んで実行します。別々のアクションでもよく、同じアクションを2つ連続でも構いません。
        補充フェイズが終わりましたら、補充ボードの建物カードが3枚になるように山札から補充して下さい。
        建物カードが3枚あるならそのままにしておいて下さいね。

        (1)補充ボードにあります表向きの建物カード3枚から1枚を選んで手札に加える。

        (2) (1)のアクションを行っていたら実行可能。補充ボードにあります表向きの建物カードが2枚以下なら、山札からカードを2枚引いて1枚は手札にして、もう1枚は補充ボードの空いています建物カードスペースに置いてください。

        (3) 兵士トークン1つをストックから受け取れます。

        (4) 補充ボードにあります表向きのピラミッドカード、または貴族カードを1枚取りまして自分の場に即座に配置して下さい。配置の仕方は建物の建設とほとんど変わりませんが一部違います。

        ピラミッドカードと貴族カードは、1段目より下に配置することになります。
        ピラミッドカードと貴族カードは、建設時には効果は発生はせず、貴族カードは1種類につき1枚しか取れませんので気をつけて下さい。
        貴族カードのコストは、ゴールドはお金で代用できない。


        神カードは、自分の手番で使えます。
        神には好きなタイミングで働いて貰いましょう(・ω・)ノ


        順番に手番を行っていき、補充ボードにあります表向きのピラミッドカードか建物カードの山札がなくなりましたら、一度ゲームを中断し世代が終了して『世代交代』処理を行いまして、続きからゲームを再開します。
        得点計算は三世代目が終了するまでしません。
        三世代目が終了したらゲームを終了して、以下の得点を合計する。

        ・ピラミッドカード、貴族カード
        ・建物カード
        ・ゴールドチップ

        以上の合計得点が高いプレイヤーが勝ちになります。

        3人でプレイをしてみまして、はじめは探り探りでしたが、建設の仕方や資材の発生の仕方がハの字に逆ハの字にとキチンと計画的に建設しないとピラミッドがうまくできませんね。
        神カードは使わなくても大丈夫ですが、コストがかからない神もいたりしますので多少の優劣と使いやすさはあるかな。
        カードの効果と資材の発生の仕方が、分かりにくい部分と分かりにくい部分があるけど慣れたら気になるほどではないかなぁって。

        世代終了ごとに氾濫があるので、防ぐために兵士を揃えておいたり建設以外でリスク管理も必要ですね。
        山札ははじめは多いですが、建設していくと捨て札も少なくなっていきますので世代が進むごとにゲームスピードは早くなりますね。
        お互いに邪魔をしたりされたりはあまりされないゲーム性ですので、そこをどう感じるかですかね。
        気になりましたら、遊んでみて下さいヽ(´▽`)/



        | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
        第61回賽翁木曜ボードゲーム会 〜進撃の贈り物編〜
        0
          9月15日(木) 19時〜22時
          大阪中崎町にありますボードゲームカフェー賽翁さんの第61回賽翁木曜ボードゲーム会に参加してきました。

          【ゲシェンク】
          5人でプレイ(・ω・)ノ
          カードは全てマイナス点。チップは1枚につきプラス1点です。
          山札からめくられましたカードに対して、引き取りたくなかったら手元のチップを1枚出す。誰かが引き取るまでこれが続く。引き取る際には、たまってましたチップも引き取ります。

          連番だとカードを重ねてマイナスが減らせたりするので、この場合は他のプレイヤーは引き取りたくないんですよね。

          途中でボクが有利になりそうなカードが出た時に『うらまこさんにイジワルしよ(*´∀`*)』ってされて、カードも重ねてチップが貰えない時がありマイナス30点ぐらいのカード引き取りして終わった(´;ω;`)
          引き取りを一手間違えたらツラいね(。・ω・。)


          【エルドラド】
          4人でエルドラド。初プレイの方もいて、遊びやすいマップで楽しみました。
          ボクは赤の探険コマで2番手プレイヤーでした。

          はじめのマップやし、ジャングルやったかな?緑のカード2〜3を購入しておく。ドロー3枚できるカードと4金使用したら除外されるカード、オールラウンドカードも購入。

          途中で抜かれそうな瞬間があったけど、一手遅れはった時に引き離せて途中でカード3枚&1枚の除外と緑5のカードも購入できて引き離せたかな。

          バリケードもバリバリしてゴールしましたよヽ(´▽`)/
          久しぶりでしたが、また高難度とかでも遊びたいね。初プレイの方も途中で『この流れはマズイのが分かるぞ(;・∀・)』って言われてました。終わってから『これは楽しいから欲しい(*´∀`*)』と言われてました。


          【進撃の巨人】
          調査兵団1人が死亡するか巨人が12人の民間人を食べるか大砲が全部破壊されたら負け。調査兵団はもちろん巨人を駆逐したら勝ち(`・ω・´)キリッ

          ミカサ、エレン、サシャ、リヴァイのパーティーで一人は巨人役の5人プレイでした。

          立体起動装置で飛んだり斬ったり、大砲はやたらダメージ量がある。

          一定ダメージ量を与えて、作戦カードで条件を満たせれば勝ちや。

          巨人も毎ターン攻撃やらしてくるから、ダイスで解決する。全てはダイスが大事。

          巨人に乗ったりして、攻撃したり条件満たせる位置に居ないと駄目やからリスクは負わないといけませんね。

          巨人のダイス目が出ると巨人プレイヤーにダイスを渡して、そのダイスの数によってライフ回復されたり、たくさん食べられたりやらするから危険やったけど回復したらすぐに斬ったり砲撃してボコボコやヽ(´▽`)/
          最後のほうは『あと4人までは大丈夫か(。-∀-)ニヤリ』と確認してから、一か八かのダイスロールで駆逐成功やで(*´∀`*)


          遊びたかったので、タイミングよく遊べて楽しかったや(*^^*)

          少し早いけど、22時ぐらいにはこの日は帰りましたね。
          他にも笑い声の絶えなかった4人カタンにギャンブラー×ギャンブル。宝石の煌きと遊ばれていました。
          木曜ボードゲーム会は、第61回目でうらまこの賽翁さん来店数はこの日で100回目でした。カウンター席でなんか甘いもの食べてる人はうらまこの可能性が高いです。賽翁さんでお会いしましたら、よろしくお願いします。100回の間にたくさんの方と出会い遊べまして嬉しく思います。次の200回までは来年から再来年ぐらいかな。
          いつも、よい雰囲気の賽翁さんにまだ行かれたことない方は是非行ってみて下さいね。マスターの人柄のよさに居心地のよさを感じますよ。
          ボードゲームをたくさん一緒に楽しみましょうヽ(´▽`)/


          | - | 00:00 | comments(0) | - | - |
          ナインタイル
          0
            【タイトル】ナインタイル
            【プレイ人数】2人〜4人
            【年齢】6歳〜
            【プレイ時間】15分
            【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆
            【オススメ度】★★★★★★★★☆☆

            今回紹介しますのは、オインクゲームズさんのナインタイルです。
            10秒ほどのルール説明で、すぐにみんなで楽しめますこちらのゲームは、判断力と記憶力が大事です。
            名前のとおり9枚のタイルを使用して誰よりも早くお題通りにタイルを並べることを競いますよ(・ω・)ノ
            説明の時点でほぼゲームのことは分かられてるかと思いますが詳しく説明しますね。

            ゲームで使用しますのは、お題カード30枚とプレイヤータイルが9枚4セットです。
            プレイヤータイルの四隅にあります同じ数のマークのタイル9枚が1セットですよ。


            ゲームの準備としましては、プレイヤータイルを各プレイヤーに1セットずつ配ります。四隅にありますマークの数に気をつけて受け取って下さいね。
            受け取りましたら、こちらのようにタイルを配置して下さい。タイルの裏表は自由です。
            ※タイルは6種類の模様がありまして、それぞれ3個ずつになっており、同じ組み合わせのものはありませんので、覚えておくとよいでしょう(・ω・)ノ
            お題カードをしっかりとまぜ、裏向きにテーブル中央らへんに置いておきましょう。これで準備が完了です。

            準備が完了しましたらゲームを開始します。ジャンケン等、または一番年齢が高い方がお題カードを1枚めくります。
            めくられましたら、お題カードにあはらます配置図通りにタイルを移動させたりひっくり返したりしましょう。
            お題に関しましては、どの方向から見た配置でも大丈夫ですよ。

            完成しました人は、お題カードの上に手を乗せまして、本当に完成しているかをみんなで確認します。
            完成していましたら、カードを表向きのまま獲得します。



            間違っていましたらカードを裏向きにして獲得します。裏向きのカードを2枚集めたら負けになりますので気をつけて下さい。


            確認が終わりましたら、お題カードを獲得したプレイヤーが、再びお題カードをめくりましていち早く完成を目指しますよ。
            誰かが4枚のカードを獲得したらゲームを終了して、一番獲得したカードが多いプレイヤーが勝ちになりますよ(*´∀`)ノ

            ルールは簡単ですが、大人も子供も気づけばハマって楽しんでいるナインタイル。
            コミュニケーションや知育にもオススメなので、是非遊んでみて下さいね。
            | - | 00:00 | comments(0) | - | - |