SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

うらまこのボドゲあれこれ

京都でボドゲ楽しんでいます、うらまこです(*´∀`)
所持ボドゲやプレイしたボドゲの紹介、ボドゲカフェやボドゲ会の紹介をしていきたいと思います。
毎日0時更新でしたが、2018年12月10日から毎週水曜日、日曜日+αの更新になりました。
よろしくお願いしますヽ(´▽`)/

京都
ボードゲーム
ボドゲ
マーブルすくい
0

    【タイトル】マーブルすくい

    【プレイ人数】2人〜4人

    【年齢】5歳〜

    【プレイ時間】約10分〜15分

    【難易度】★★☆☆☆☆☆☆☆☆

    【オススメ度】★★★★★★☆☆☆☆

    今回紹介しますゲームは【マーブルすくいゲーム】です。

    こちらのゲームは、ケーキをデコレーションするための必要なシュガーボールをスプーンですくい、ボウルに移していきます。

    誰よりも早く指示通りにデコレーションを完成させ、ご褒美をたくさん貰うことを目指します。


    ゲームで使用しますのは、ゲーム盤、スプーン、ボウル、シュガーボール、ケーキカードです。

    シュガーボールは6色あり、スプーンにはくぼんでいる箇所がありますよ。

    ゲームの準備としましては、ゲーム盤を平坦なテーブルの上に置きます。

    ゲーム盤の中にはすべてのシュガーボールを入れます。

    各プレイヤーは、スプーンとボウルに1つずつ受け取りまして、ケーキカードをよく混ぜて裏向きに山札にしましたら準備完了です。

    ゲームの流れとしては、ケーキカードの山札の一番上を全員が見えるようにして、表向きにテーブル中央にめくります。

    めくれましたら、カードにはデコレーションに必要なシュガーボールが描かれていますので、一斉にスプーンですくってボウルに入れます。

    ボウルに必要でない間違った色のシュガーボールを入れてしまうと、ボウルに入れていたボールを全てゲーム盤に戻さないといけません。

    いち早くボールを集めたプレイヤーは「ストップ」と声をかけ、全員スプーンをテーブルに置いて合っているかの確認をして、正確ならご褒美にケーキカードを1枚貰えます。

    次のラウンドに向けて集めたボールをゲーム盤に戻して、第2ラウンドを開始します。


    ゲームは、いち早くご褒美のケーキカードを5枚集めたプレイヤーが最高のケーキ職人になり、ゲームの勝者です。

    | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
    新年はすずめが赤く染まり、comedyではクイズをクラッシュ
    0
      2020年1月1日(水)
      新年は【すずめ雀】からのボードゲーム始まり。お酒を飲みながらで、テンション高くだが打つのは冷静に。
      2人だと8局で終わる軽さで、2回16局楽しむ。1回目は箱にして完勝。
      2回目はいきなりのスーパーレッドをツモられての差がひっくり返せずにで完敗。
      麻雀したことなくても、すぐに遊べるようになる遊びやすさで年末年始に家族でもオススメです。
      夜中にお酒飲みながらのすずめ雀は格別でした。




      2020年1月2日(木) 13時〜19時半
      京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。
      この日は、ふらっと行きましたのでご一緒しました方とこちらのゲームを楽しみました。

      【キャッスルクラッシュ】
      こちらは2人でプレイ。タイトル通り、城をぶっ壊すゲームです。
      城を建設して物理で破壊して得点を獲得する。城には大臣や国王がいるので、こやつらはぶっ飛ばすといい得点になります。

      ぶっ壊し方はシンプルで物理です。

      このぶっ飛ばし方はいい得点です。お手本になります。

      殴り合いのゲームなので、やられたらやり返すぐらいで楽しむゲーム。2〜3年ぶりに遊びましたがやはり楽しい。
      また、いろんなところに持ち込んで遊ぼう(’-’*)♪


      【ねこねこレーシング】(初プレイ)
      こちらは3人でプレイ。マストフォローのトリックテイキングゲームで切り札ありです。
      数字が1〜10まであるカードをプレイヤー人数に応じた色数用意します。今回は3人で遊びましたので3色です。
      カードはしっかりと混ぜて配りきります。手札は数字は分かりませんが、誰がどの色のカードを何枚所持しているかは分かります。

      ゲームの目的としましてはトリックを獲得して、その際に使用したカードに描かれている車のアイコン数だけ車コマを移動させゴールを目指します。
      切り札に関しては色ではなく、各プレイヤーごとに決められた数字となり、マストフォローでその数字をプレイしたら切り札となりますよ。
      フォローができなかった際には、好きなカードをプレイしてトリックを獲得はできないのですが、捨て札にはならずブーストカードとなります。
      トリックを獲得した際に、ブーストカードがあるならブーストカードを使用してさらに車コマを移動させることができます。同じ色のカードなら車のアイコン数で違う色なら1枚1マス移動です。
      フォローできず勝てなくてもブーストに使えるのはいいですね。


      今回は2ラウンド目でブーストを使用しての9マス移動で一気にゴールまで移動して勝たれる方がいました。
      ロングコース、ショートコースとあるのでプレイ人数と時間を考えて遊べるのもいい調整のゲームでした。


      【レベルX】
      3人でプレイ。ダイスを4個振って、1個〜4個を組み合わせて数字に応じたラインをコマが進んでいきXに到着すると、得点チップを獲得できます。
      他プレイヤーがXに到着したら、そのXからはどかないといけませんが、到着されるまではコマがXにいるので、次以降でもその数字にできたらチップを獲得できます。
      どこを狙うかとダイス運の勝負です。

      今回は10と6だけを獲得してゲーム終了条件であるチップの山が3つ無くなるを達成。僅差ですが10点チップの大量獲得が良かった。
      遊びやすいゲームで、ゲーム会等で重宝しています。


      【ザ・マインドエクストリーム】
      3人と4人でプレイ。ボク以外は初プレイでしたので、ブラインドルールには驚かれていました。
      裏向きでプレイしてから「あっ・・・。」とか「早い・・・かも?」やら不安になったのは大概的中してライフを失う。
      いつの日かクリアできるだろうか(;・ω・)



      【SCOUT!(スカウト)】
      4人でプレイ。初プレイが3人で1ラウンド目で感じを掴まれる。


      はじめはバラバラでもスカウトやカードを出していくことにより、こうしておけば上がりやすくなる。

      4ラウンド目は攻める瞬間を間違えて手札が多くて失点になる。
      ダブルアクションの使い方が勝負を分けたラウンドでした。
      4ラウンドぐらいが得点差も逆転狙えていいね。


      【クアックサルバー】
      4人でプレイ。拡張入りだけど、チップの手触りや光沢が違うのは分かる。袋の中に入れて取り出す際には、なにがなにとか覚えてないから案外影響はなかったけどね。


      ゲーム中盤は得点差が離れすぎてネズミの助けを11尻尾分頂いたのに、そのラウンドでもチップは1位になれずでした(^_^;)

      最後の方になんとか盛り返せて、チップの合計数字割る3のボーナス得点で逆転ができた。拡張入りだと最下位が逆転できるようになっているので、諦めないで良かった。チップ効果の組み合わせも色々あるので、拡張入りでまた遊びたいところです。



      【頭脳絶好調】
      6色のキューブがあり、タイルを配置することで隣接した同じ色のタイルの数だけキューブが移動する。
      ゲーム終了時に一番小さい色のキューブの数が最終得点になるので、満遍なくキューブを移動させておかないといけない。

      ボードが共通で、同じ色がたくさん繋がるとキューブも一気に動きますが他プレイヤーにも同じことが言えるので、どこら辺から自分だけが得して追われるようにするかが大切です。

      ゲームタイトルにあるようにキューブが端まで移動したら「頭脳絶好調!!」と宣言して、もう一手番できるのでこちらを駆使するのは頭脳絶好調なボクたちなら容易い。ゲームのほうは、終盤になんとかすべてを10以上にして、他プレイヤーは10は超えなくなったので逃げ切り。
      定期的に遊びたくなるゲームです。


      18時になってからはcomedyクイズ大会がスタート。
      今回はペアになって問題に対して「○○」と「○○」と答える形式でした。
      片方が分かっていてもいけないのが難しいところでしたが、ボードゲームから一般問題、ゲーム、教養にと幅広いジャンルでだいたい40問ぐらい出題されて答えましたね。
      知ってるのに言葉が出てこないとはこのことだと実感したり、ジャンルによっては謎の早さを見せたりにとクイズ大会は楽しかったですね。
      15問ほどペアで答えて優勝だぁ(σ≧▽≦)σ

      ペア戦が終わってからは、個人戦で「ボードゲームのタイトル」に絞ったクイズ大会を遊びまして、問題が実にいいところを突いてくるので、作られた方に感謝の盛り上がりましたクイズの時間でした。
      やはり、○○○○年ドイツゲーム大賞&キッズ大賞、エキスパート大賞とかは覚えておかないとダメだなぁ。
      コンポーネントやゲーム説明から答えられると気持ちがいいよ。
      また機会がありましたら参加したいクイズ大会でした。
      こちらは最下位だったし早押し練習しなきゃ(;_q)


      ご一緒して頂きまして、ありがとうございました。
      今年もcomedyでお会いしましたらよろしくお願いします。
      | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
      2019年のボードゲームあれこれ&2020年あれこれ
      0
        皆さん、明けましておめでとうございます。2019年は、皆さんにとってよい年になりましたでしょうか?
        ボクの方は、ブログをはじめて気づけば3年半になりました。
        いつも、閲覧して頂きまして嬉しく思います。今年も変わらず更新する予定ですのでよろしくお願いします。

        それでは、簡単にですが2019年のプレイ記録やらのボドゲあれこれです。
        1月は、1306さんで開催されたボードゲーム新年会&交流会に参加したり、くさつ会に参加したりにとしていましたね。
        年明け早々のボードゲーム会参加に交流会にと久しぶりにお会いする方にはじめましての方にとたくさんの方と楽しみました。

        2月は、ボードゲーム会にはくさつ会に参加。
        comedyさんでは「ダイスゲーム会」を開催したりしました。

        3月にはゲームマーケット2019大阪がありましたね。
        ギルドさんで開催されました前日交流会に参加したりして2日間ゲームマーケットを楽しんだ感覚でした。

        4月は、comedyさんのボードゲームフリーマーケットに参加。
        delicafeはなさんでは、定食を頂いてからゲームを遊んだりしていました。

        5月は、ゲームマーケット2019春に参加。土日両日ともに参加して、たくさんの方と出会いたくさんのボードゲームを購入しました。月曜日まで東京にいましたので
        kurumariさん、すごろくや高台寺店さん&神保町店さん、書泉さん、リトルケイブ高台寺さん、コロコロ堂さんにはじめて行きましたね。

        6月は、九条湯さんにはじめて行きましたね。銭湯でのボードゲームはいいぞ!!
        ジェリージェリーカフェ心斎橋さんにも初来店して、ジェリカフェが関西に来たんだなぁって。

        7月は、ボードゲームラン京都で各店舗をまわりましたね。
        京都もたくさんボードゲームが遊べるところがあるんですよ(* ̄∇ ̄)ノ

        8月は、藤井寺にありますローベルクランツさんに初来店。ファミーリエさんにも久しぶりに遊びに行けまして、珍しいゲームを遊んだりしました。
        月末には賽翁さんのフリーマーケットに出展したりもしました。

        9月は、スルージ・エイジズを初プレイしてからの月末には再戦となりスルージ月でした。

        10月は、シュプラさんに初来店。金〜日だけ営業されています。
        ボードゲーム会は、久しぶりに川西ボードゲーム会に参加できたかな。いつ参加して楽しいボードゲーム会です。
        インストさんでは平日朝10時半から夕方まで遊んだりとしました。

        11月は、イスペルさん(阿倍野)とカフェプラスさん(東梅田)に初来店。
        やそ会に初参加して、またいろんな方とたくさん遊べました。
        ゲームマーケットには前々日で東京に行き、kurumariさん、リトルケイブさんと遊びに行ってから、喫茶マーブルさんのゲーム会に参加。
        翌日は喫茶あかねさんに行ってからのイエローサブマリンさんの前日ゲーム会に参加してとゲームマーケット前から楽しみました。
        ゲームマーケット当日はあいにくの雨でしたが、来場者も多くて勢いを感じました。はじめましての方や久しぶりにお会いする方にとイベントは楽しいねぇ。

        12月は、ライトアンドギークさんに初来店。開店されてからいろんな方が遊びに行かれているみたいで、店長さんの人柄がボードゲーム好きをお店に引き寄せますね。
        ゲームマーケットで購入したボードゲームをたくさん遊んだ月になりましたね。

        【遊びに行ったボードゲーム店】
        ボードゲームカフェcomedy(京都)
        ゲームショップブリックス(京都)
        ボードゲームカフェブレスピ(京都)
        バードッツ(京都)
        ATTIC(京都)
        イエローサブマリン京都(京都)
        ぼどげかふぇれもん(京都)
        カフェミープル京都(京都)
        シュプラ(京都)
        ライトアンドギーク(京都)
        ボードゲームカフェー賽翁(大阪)
        ジェリージェリーカフェ心斎橋(大阪)
        ボードゲームカフェ&ショップインスト(大阪)
        ローベルクランツ(大阪)
        ファミーリエ(大阪)
        ボードゲームショップギルド(大阪)
        ボードゲームラボDDT(大阪)
        イスペル(大阪)
        ボードゲームスペースカフェプラス(大阪)
        アナログカフェ1306(大阪)
        delicafeはな(兵庫)
        kurumari(東京)
        リトルケイブ高台寺(東京)
        すごろくや高台寺(東京)
        すごろくや神保町(東京)
        コロコロ堂(東京)
        書泉グランデ(東京)
        ごいた喫茶マーブル(東京)
        喫茶あかね(東京)

        【遊びに行ったボードゲーム会&イベント】
        くさつボードゲーム会
        ボードゲーム新年会交流会
        ゲームマーケット2019大阪前日交流会
        ゲームマーケット2019大阪
        comedyフリマ
        ゲームマーケット2019春
        フライデーナイトボードゲーム九条湯
        YAK KYOTO
        京都まちなかボードゲーム会
        賽翁ボードゲームフリマ
        川西ボードゲーム会
        やそ会
        ゲームマーケット2019秋

        【番外編】
        レガシー中華

        年間で
        ボードゲームプレイ回数 1118回
        (プレイ済みボードゲーム 712回)
        (初プレイボードゲーム  406個)
        でした。
        1000回以上もボードゲームを遊んだということは、それだけ一緒に遊んで下さった人達がいるということ。
        毎年振り返って、いろんな場所でいろんな方といろんなボードゲームを遊んだなぁって思い出します。
        いつ行っても落ち着くお店、ドキドキしながらはじめて行って楽しかったお店、遊んだり話したりと気づけば時間は過ぎ行く。
        考え方はそれぞれだと思いますが、一緒にボードゲームを遊んだって時間や楽しさを共有できたりするのが嬉しいので、ボードゲームを好きなのかなぁって思っています。この気持ちは変わらず、これからもボードゲームを遊んでいきたいと思います。

        2020年は、昨年にしたダイスを使うボードゲーム会の開催やトリックテイキングゲーム会を開催できたらいいなぁと考えています。
        いつも通っているお店に行ったり、ボードゲーム会やイベントの参加にと今年もどこかでお会いしましたら、よろしくお願いします。
        皆さんにとってもいい1年でありますように(*´ω`*)
        | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
        年の終わりに夏を感じながら宇宙へ飛び立つ
        0

          12月28日(土) 13時〜19時半

          京都市右京区山ノ内にありますボードゲームカフェcomedyさんに行ってきました。

          この日は待ち合わせをしまして、こちらのゲームを楽しみました。


          【マカショーリカ】

          3人でゆるかわモード、やみかわモードで遊びました。

          ゆるかわモードは、袋の中に小マカロンを全部いれてはじめは3個ずつ袋から取り出して、各エリアに1個ずつ配置していく。

          配置していくうちにマジョリティ争いで決着が着いたエリアのマカロンは、小マカロン→中マカロン、中マカロン→大マカロンになります。

          先に大マカロンを2個作れたプレイヤーが勝ちになります。

          大マカロンを1個も作れずに負けてしまう。

          やみかわモードは、小マカロン3個をあらかじめに手元に置いておくのと袋から取り出すマカロンは1個だけ。

          袋から取り出すか手元から配置するかを選べます。

          (ゆるかわは、袋から取り出すのは条件を満たすと3個→2個→1個になります。)

          11回連続でピンクだけ袋から出なくてみんなで確率の計算をし出したや。

          その分、途中からピンクが出だして勢力を拡大していきましたね。

          積極的に手元にある小マカロンも使いきり、ピンクのプレイヤーが大マカロン2個を配置して勝利。

          確率も味方につけられたようです。


          【アズールサマーパビリオン】(初プレイ)

          アズールシリーズ第三作。

          タイルの獲得方法、タイル配置にと大きなシステム変更はないが、プレイヤー人数に関わらず6ラウンドプレイでラウンド毎にジョーカーになるタイルがある。

          タイルは獲得してからすぐに配置するのではなく、ラウンド終了時にスタートプレイヤーから個人ボードに配置をしていきます。

          配置の仕方は、各色1〜6の数字が描かれたマークがありタイルを配置するには、1ならその色をそのまま配置。

          2以上なら配置するタイル1個と同じ色のタイルをコストとして差分を捨てれば配置できます。その際に、ジョーカーは他の色のコストにすることも可能です。

          配置したら1点ですが、隣接してたらプラス点があります。

          今回配置や配置の支払いで使用しなかったタイルは、4枚までは次のラウンドに持ち越せますので、次のラウンドがジョーカーになるタイルやキープしておきたいタイルを残すようにしたりしました。

          タイルを配置していき、同じ色のタイルで数字が5〜6を埋めるとボーナスで得点ボードにあるタイルを追加で獲得できて配置できたり、他の色同士でもマークを囲えば1〜2枚のタイル獲得もあったりにとタイル獲得&配置のコンボ感もあって、アズール三部作で一番好きかも(*´ω`*)

          ゲーム終了時に各色のタイルで数字1〜4をそれぞれ配置できているボーナスだったり、1色1〜6を埋めているボーナスだったりにとあり、勝ち筋も色々あり好き(さっきから好きずくし)。

          95点ぐらいで100点いかなかったし、次は100点超えたいところ。

          年がら年中、夏を楽しみたいね。


          【dois(ドイス)】(初プレイ)

          スートが4スート、数字が1〜8のカードを使用するトリックテイキングゲーム。

          マストフォローで切り札ありなんだけど、スートと数字がそれぞれバラバラのカードになっている。

          12トリックするんですが、はじめだけは手札からスートと数字カードをプレイする。マストフォローなので、同じスートがあるならもちろんスートはプレイして数字はなんでも大丈夫です。

          同じスートで同じスートなら後出しが勝ちかな。

          ラウンド開始時に何回勝てるかを宣言して、ピッタリなら勝利数×10点。

          ピッタリじゃないなら、差分×10点のマイナス点になります。

          トリックを獲得したプレイヤーは、カードをプレイしていくのですが2トリック目以降は、場にあります自分のカードに重ねてプレイする。それによりスートが変わらなくて、すでにスートでフォローしているなら数字かスートカード(フォローできるなら同じの)をプレイしたりする。

          勝とうと思えば勝ちまくれるし、負け続くこともある。

          スートと数字を分けた不思議なトリックテイキングゲームでした。

          なかなか予想は難しいけど、最後に8勝宣言を見事決められてお見事でした。


          【プロジェクトユニバース】(初プレイ)

          4人でプレイ。ロケットの改良をしたり、ロケットを宇宙に打ち上げてプロジェクトを達成させたりして得点を稼ぐゲーム。

          手番では手札にあるカードをプレイして、そのカードのアクションをしてから、カード背景に描かれている色のアクションスペースから1つを選択して実行する。

          プロジェクトを受け取ったり、燃料や人材を消費してお金に変換したりできます。

          また、ロケットの改良をすることにより宇宙に飛ぶ際のコストを軽減したりロケットに積める燃料等が増やせます。

          ロケットを飛ばすには豆が必要で、宇宙では人材を燃料に宇宙空間を移動できます。

          初期カードは、はじめは4枚だけですが管理職を活用して人材を確保したり、設備投資の際に確保することにより増やせます。

          カードをプレイしても、山札からカードは補充しないので人材確保しないと3回プレイしたら手札は無くなります。

          そうなりましたら会議により山札からカードを補充できます。会議は必ずしも手札が無くなってからじゃなくても大丈夫です。

          しかし、会議は時間がかかるものでマーカーが残業マークまで行くと手番毎に残業代を支払わないとアクションが出来なくなるので残業しないで済むプロジェクトは推奨です。

          全員が帰宅(パス)をしたら1ラウンドを終了して次ラウンドへ。

          ラウンド毎に設備マジョリティによる燃料や資金の獲得や得点の獲得があり、こちらは重要ですよ。

          はじめは複雑かなぁって思いましたが、ルールを聞いて分かりやすいゲーム内容でした。得点パターンも色々あるので、宇宙にガンガン行く人や設備投資重視にと同じ稼ぎ方ができたりと勝ちへの選択が楽しい。

          4人中3人が初プレイで2時間かからんかなぁぐらいやし、2人なら1時間あれば終わりそう。

          また、遊びたくなるタイプの重ゲーでした(σ≧▽≦)σ


          【SCOUT!(スカウト!)】

          4人でプレイ。こちらのゲームが2019年最後に遊んだゲームになりました。

          毎ラウンド、着実にプラス点で終わらせられるようにムチャはせず、スカウトをしながら機会を伺う。

          数字が小さくても枚数こそが力なゲームだから、最後に2〜3枚出しで終われるようにしておけるといいですね。

          4人だと全員がある程度のカードはプレイ出きるので、差はあまり開かないかな。

          ダブルアクションを使ったのか使わされたかにより自分の展開は変わってきます。

          一気に枚数多いカードが出されたらやられたぁってなりますからね。

          なんとかはじめのリードで逃げ切れたので、いい勝負ができたかな。


          この日は、ここまで。

          2019年はcomedyでのボードゲーム納めになりました。

          いつも遊んで下さるお二人には感謝しかありません。ありがとうございます。

          comedyで、お会いしましたらまたよろしくお願いします(’-’*)♪

          | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |
          2019年、九条湯さんでのボドゲダンス
          0

            12月27日(金) 17時〜19時半

            京都市南区東九条にありますレンタルスペース九条湯さんに行ってきました。


            毎週金曜日は、フライデーナイトボードゲーム会をされていますよ。

            この日に持ち込みましたボードゲームは、こちらでした。


            遊びましたゲームはこちらです。

            【ミツバチのダイス】(初プレイ)

            プレイヤーは女王蜂になって働き蜂に指示を出し、巣を作らせたり花蜜を運んだりさせ先に蜜を5つ完成させたら勝ちになります。

            ゲームの流れとしましては、ダイスを蜂としまして全員が振ります。

            次に順番にダイスがなくなるまでアクションスペースに配置していきます。

            ダイスがなくなりましたら、アクションスペースの処理を端から順番に行っていきます。

            巣の獲得や卵の獲得、花蜜の採取、巣を蜂蜜にしたりとします。

            卵を孵化させることで働き蜂を増やすことも可能です。1〜2ラウンド目は花蜜採取はすることなく働き蜂を増やしました。

            それからは一気に花蜜採取に蜂蜜にしたりとして、他の方が5つ蜂蜜を作るまでに5つできたぁ。

            ダイスを配置するフェイズは分かりやすいけど、例外的な処理が複数あってそこらへんの確認で時間がかかった印象のゲームでした。


            【ザ・マインドエクストリーム】

            4人でプレイ。

            数字が1〜50になったのと白と赤に分かれたことにより、数字の間隔がなくなったからカードを出していく瞬間の緊張感がたまらないね。

            ブラインドルールは、全員が同時にカードを出そうとしたりして「どうぞ、どうぞ。」状態になったりもする。

            最後はレベル6で力尽きましたが、ダブルブラインドのルールは好評でしたね。

            エクストリーム中毒者が増えてきています。


            【三匹のパレード】

            自分で分かりにくい猫と犬の見分け方はアイコンだと説明しておきながら、自分だけは見分けをミスるってどういうことだってばよ。

            キチンと静かに大騒ぎにとしたパレードに対応したり、審査を有利にするようにしたりにとされたりしてパレードの終わりはあっという間でした。


            ボクの2019年最後のフライデーナイトボード会はここまで。

            ご一緒して頂きましてありがとうございました。

            2020年もご一緒しましたら、よろしくお願いします(’-’*)♪

            | ボードゲーム | 00:00 | comments(0) | - | - |